メニュー

Rate this page:

Thanks for rating this page!

We are always striving to improve our documentation quality, and your feedback is valuable to us. How could this documentation serve you better?

TwiML™ Voice: <Reject>

<Reject> 動詞は、ユーザーの Twilio 番号への着信通話を拒否します。料金は課金されません。受けたくない通話をブロックする時に使えます。

TwiML 文書の最初の動詞が <Reject> である場合、Twilio は通話に応答しません。この動詞の reason 属性に従い、busy または no-answer ステータスで通話を終了します。<Reject> の後に続く動詞は、すべて不達となります。

Twilio に着信を拒否させるには、レスポンスの最初の動詞として必ず <Reject> を使用しなければなりませんので、注意してください。 それ以外のすべてのレスポンスでは、Twilio は通話に応答し、アカウントに料金が課金されます。

動詞の属性

<Reject> 動詞は次の属性をサポートします。これらを使って動作を変更します。

属性名 許容値 初期値
reason rejected, busy rejected

reason

reason 属性は rejected または busy のいずれかの値を取ります。 通話を拒否する時に再生するメッセージを Twilio に指示します。 busy を選択すると、発信者に向けてビジー音を再生します。rejected を選択すると、標準の「現在使われておりません」応答メッセージを再生します。 この属性の値が設定されていない場合、初期値は rejected です。

ネスティングルール

<Reject> の中には、動詞をネストできません。また、すべての動詞の中に <Reject> をネストできません。

注釈

<Reject> は、(非推奨の) Twilio Sandbox 番号宛の通話には正常に動作しません。 Twilio は 必ず通話に応答して pin を要求するため、着信を拒否できません。

サンプル

例 1: 標準の「現在使われておりません」メッセージを再生して着信を拒否する

        
        
        
        
              
              
              
              
              Rate this page:

              ヘルプが必要ですか?

              We all do sometimes; code is hard. Get help now from our support team, or lean on the wisdom of the crowd browsing the Twilio tag on Stack Overflow.