Level up your Twilio API skills in TwilioQuest, an educational game for Mac, Windows, and Linux. Download Now

メニュー

Expand
Rate this page:

Thanks for rating this page!

We are always striving to improve our documentation quality, and your feedback is valuable to us. How could this documentation serve you better?

Programmable Voice クイックスタート for Java

Ready to start sending and receiving phone calls with Twilio Programmable Voice using Java?

This Programmable Voice Quickstart for Java will teach you how to do this using the Twilio Java helper library for our REST API.

このクイックスタートでは、下記のことを学んでいきます:

  1. Twilioにサインアップして、音声通話機能を持ったはじめてのTwilio電話番号を入手する
  2. 通話の発着信を行えるように開発環境をセットアップする
  3. Twilioではじめての音声通話を発信しましょう!
  4. 通話を着信させ、テキストtoスピーチを使用して発信者にメッセージを読み上げる応答を返す

ビデオを見ながらの入門がお好みですか? YouTube上のJava Videoクイックスタートビデオ(英語)をご覧ください。

Show me how it's done!

すでにTwilioアカウントと音声通話機能を持ったTwilio電話番号をお持ちなら、すでに準備万端です! どうぞ次のステップまで読み飛ばしてください。

Before you can make a phone call from Java, you'll need to sign up for a Twilio account or sign into your existing account and purchase a voice-capable phone number.

If you don't currently own a Twilio phone number with voice functionality, you'll need to purchase one. After navigating to the Buy a Number page, check the "Voice" box and click "Search."

音声通話機能対応の電話番号を検索する

すると、利用可能な電話番号と、その機能の一覧が表示されます。 お好みに合った番号が見つかったら「購入」をクリックすると、それがアカウントに追加されます。

Twilioから音声通話機能付きの電話番号を購入する

これでTwilioアカウントと、プログラム可能な電話番号の用意ができたので、コードを書き始める事ができます! さらに物事を簡単にするため、Java環境をセットアップして、それからJavaアプリケーション用のTwilioの公式ヘルパーライブラリーをダウンロードします。

バッチリです! セットアップ方法を教えてください。

すでにJavaの開発環境のセットアップがすべて済んでおり、Twilio Javaヘルパーライブラリーがクラスパスに構成されていますか? その場合はどうぞ次の2つの節を読み飛ばして、Twilioを使用した最初の通話の発信までお進みください!

最初の音声通話を発信するためには、Java Standard Edition (SE) Development Kit (JDK) がインストールされている必要があります。 JDKがインストールされているかどうか分からない場合は、下記のコマンドを実行してどのバージョンをお使いかご確認ください:

javac -version

下記の出力のようになります:

javac 1.8.0_92

Twilio SDKにはSE 7以降が必要です。 これはバージョン番号「1.7」以上として、あるいは上記のコマンドを実行時に表示されます。

If you have an older version of Java or no JDK at all, you'll need to install the JDK before going any further. Follow the directions for installing the Java SE Development Kit for your platform (Windows, Mac, Linux) from the Java SE Download Page.

スタンドアローンのTwilio Javaヘルパーライブラリーをダウンロードする

Javaのセットアップがすべて完了して先に進む準備ができましたか? お見事!

Next, download the standalone Twilio Java Helper Library. With that library, you'll have Java classes that help you call out to Twilio API's using Java, along with all the other dependencies you'll need to get going. When you download the jar file, download the one with a name similar to twilio-7.x-jar-with-dependencies.jar.

Maven、Gradle、または別のビルドツールを使用したいですか?

With Maven, place the following within your <dependencies> tag in your pom.xml file:

<dependency>
  <groupId>com.twilio.sdk</groupId>
  <artifactId>twilio</artifactId>
  <version>7.17.0</version>
</dependency>

With Gradle, paste the next line inside the dependencies block of your build.gradle file:

compile group: "com.twilio.sdk", name: "twilio", version: "7.17.+"

Java IDEを使用してアプリケーションをビルドしている場合は依存関係に対してgroup id、artifact id、およびversion numberを指定できます。

Regardless of the package manager you are using, remember to specify the latest version of the Twilio Java Helper Library - find the latest version number on the Twilio Java Helper Library page.

このTwilio JavaヘルパーライブラリーはAndroidアプリケーションでの使用を想定しているものではありません! サーバー、コマンドラインアプリケーション、およびこれらと同種のプロジェクトにこのライブラリーを使用してください。 TwilioのアカウントSIDと認証トークンがエンドユーザーの手に渡ることは、お使いのTwilioアカウントをセキュリティー上のリスクに晒すことにつながります。

If you want to make or receive phone calls from a mobile application (Android or iOS), you should use the Twilio Programmable Voice SDK. Check out that page for directions on how to get started!

All set! Let's make a phone call!

Javaで通話を発信する

これでJDKとTwilio Javaヘルパーライブラリーがインストールできたので、今しがた購入したTwilio電話番号から、1回のAPIリクエストで通話を発信できます。 MakePhoneCall.javaという名前の新規ファイルを作成して開き、下記のコードサンプルを打ち込むかペーストします。

        
        
        
        

        通話の発信ができるようになる前に、このファイルを少々編集する必要があります:

        プレースホルダーのクレデンシャル値を置き換える

        Swap the placeholder values for ACCOUNT_SID and AUTH_TOKEN with your personal Twilio credentials. Go to https://www.twilio.com/console and log in. On this page, you’ll find your unique Account SID and Auth Token, which you’ll need any time you make phone calls with the Twilio Java Helper Library. You can reveal your auth token by clicking on the eyeball icon:

        MakePhoneCall.javaを開き、ACCOUNT_SIDおよびAUTH_TOKENに対応する値をご使用のアカウントの一意な値に置き換えます。

        ご注意ください: 初めのうちは認証情報をハードコーディングしても構いませんが、本番環境にデプロイするにあたっては、環境変数を使用してこれらが漏洩しないようにしてください。 追加情報については、環境変数の設定方法を参照してください。

        「From」電話番号を置き換える

        数分前に購入した、音声通話機能対応の電話番号を覚えていますか? どうぞ、既存のfrom番号をご自身の番号に置き換えてください。 また、E.164形式が使用されていることも確認します。

        [+][country code][phone number including area code]

        「To」電話番号を置き換える

        Replace the to phone number with your phone number. This can be any phone number, but it’s a good idea to test with your own phone so you can see the magic happen! As above, you should use E.164 formatting for this value.

        変更を保存し、ターミナルからこのJavaクラスを実行します:

        javac -cp twilio-7.17.6-jar-with-dependencies.jar MakePhoneCall.java 
        

        コマンドラインからクラスをコンパイルするには、依存関係を伴ってこのTwilio jarをインクルードすることが必要です。 IntelliJ IDEA、Netbeans、あるいはEclipseといったような統合開発環境をお使いの場合、他の依存関係と同様にTwilio jarをご自身のクラスパスまたはプロジェクトライブラリーに単に追加することができます。 またMavenやGradleのようなビルドツールも使用可能で、Twilioのヘルパーライブラリーを依存関係として記述するだけでJavaアプリケーションをビルド、実行できます。

        Javaクラスのビルドが完了したら、これを実行することが必要です。 macOSまたはLinux上でコマンドラインから実行している場合は、下記のようなコマンドになります:

        java -cp .:twilio-7.17.6-jar-with-dependencies.jar MakePhoneCall
        

        Windowsでの対応するコマンドは以下のとおりです:

        java -cp .;twilio-7.17.6-jar-with-dependencies.jar MakePhoneCall
        

        相違点としては、コマンドラインでのJavaクラスパスの区切り記号はWindowsではセミコロンであり、macOSまたはLinuxではコロンであるという点が挙げられます。

        これで以上です! ほどなくして、Twilio電話番号から携帯電話に通話が着信するはずです。

        トライアルアカウントをご使用の場合、Twilioで検証済みの電話番号に発信先が制限されます。 電話番号はTwilioコンソール内の検証済み発信者番号にて検証できます。 

        通話を発信しました。 どうやって着信させるのですか?

        着信通話を受けて応答する

        When your Twilio number receives an incoming phone call, Twilio will send an HTTP request to a server you control. This callback mechanism is known as a webhook. When Twilio sends your application a request, it expects a response in the TwiML XML format telling it how to respond to the message.

        Spark Webアプリケーションフレームワークを使用して、Javaでこれをビルドする方法を見ていきましょう。 Sparkは軽量なWebアプリケーションフレームワークであり、ビッグデータソフトウェアのApache Sparkとは全く異なるものです。

        Spark requires its own library, separate from the Twilio Java helper library, which you can install using the directions on the Download Spark Java page. You'll find directions for using Spark with Maven, Gradle, or as a standalone download. Spark does not come with a logging implementation, but it does work with the Simple Logging Facade 4 Java (SLF4J), which you can also include in your Java classpath.

        上記でTwilioを使用し通話を発信した時点で、ここの解説のようにコマンドライン上ですべての依存関係のセットアップが済んでいることでしょう。 しかしJavaの統合開発環境 (IDE=Integrated Development Environment) を使用するとセットアップ全過程が少しだけ、より簡単になります。 ここではJetBrainsからダウンロード可能な、IntelliJ IDEAの無料のCommunity Editionを使用します。 IntelliJ IDEAで直接JARファイルをダウンロード、使用できるほか、MavenやGradleのような依存関係マネージャーを使用することもできます。 今回のアプリケーションのビルドには、IntelliJ IDEAをGradleと組み合わせて使用することにします。

        IntelliJ IDEAおよびGradleを使用してWebアプリケーションを作成する

        IntelliJ IDEA Community Editionをまだダウンロード、インストールしていない場合は、どうぞ行なってください! 初回にIDEAを実行すると、下記のような画面が表示されます:

        IDEAを開始する

        Choose 'Create New Project,' and the new New Project wizard will start:

        IntelliJ IDEAでのNew Gradle Project

        ダイアログボックスの左側で、 (Javaではなく) Gradleを選択すると、IntelliJ IDEAは依存関係の管理にGradleを使用するようプロジェクトをセットアップします。 ここでは代わりにMavenを選択することもできます。 手順はほぼ同じです。

        Gradleの選択後、IntelliJ IDEAにプロジェクトSDK (Java 8以降、すなわちバージョン1.8以上が必要です) があることを確認し、Nextをクリックします。

        IntelliJ IDEAでのVoiceクイックスタートプロジェクトの名前づけ

        ウィザードの次の画面では、group idartifact id、そしてversion numberが尋ねられます。 group idには、com.yourcompany.voice といったようなリバースドメイン名が使用できます。 またartifact idには、voice-quickstart-app のようなプロジェクト名を使用してください。 version は 1.0-SNAPSHOTのままで構いません。これらのフィールドの入力が済んだら、Nextをクリックします。

        Gradle設定

        Gradle設定画面では、既定値のままでNextをクリックします。

        IntelliJ IDEA プロジェクトの場所

        最後に、クイックスタートWebアプリケーションに使用するプロジェクト名とプロジェクトディレクトリーを確認します。 こちらも同様に、既定値のままで問題ありません。 Finishをクリックすると、新規のIntelliJプロジェクトが表示されます。 IntelliJ IDEAをインストールしたばかりの場合は、IDEはGradleをダウンロードし、セットアップとインストールがいくつか行われます。

        Voiceクイックスタートのセットアップ中のGradle Sync

        これでプロジェクト設定がすべて完了しました。 残る手順はあと少しです! 依存関係としてTwilio JavaヘルパーライブラリーとSpark Java Webアプリケーションフレームワークが必要になります。 またSparkからのステータスメッセージを表示できるようにするためのログ記録の実装も必要です。 これらをGradleを使用して、IntelliJによって作成されたbuild.gradleファイルに追加できます。 さぁ、サイドバーでbuild.gradleを探しクリックして開いてください。

              
              
              
              

              build.gradleに依存関係を追加する

              build.gradleファイルのdependenciesグループに下記の行を追加することが必要です:

              compile group: "com.twilio.sdk", name: "twilio", version: "7.17.+"
              compile group: "com.sparkjava", name: "spark-core", version: "2.7.1"
              compile group: "org.slf4j", name: "slf4j-simple", version: "1.7.21"

              これらの3つの依存関係で、Gradleは適切なライブラリーをダウンロードし、ビルドと実行を行うためにクラスパスに追加します。

              これでひととおり作業が完了したので、これからコーディングを少し行いましょう!

              Respond to an incoming phone call

              We'll need to start by creating a Java class in our project. In IntelliJ IDEA, select the java folder under src and main. Next, open the File menu at the top of the screen. Choose the New submenu, and then Java Class.

              小さいポップアップウィンドウが表示され、新規クラスを作成できます。 クラスに VoiceApp という名前をつけます。 大文字と小文字の区別は重要です。 これらがコードサンプルと一致している必要があるためです。

              新規VoiceAppクラスを作成する

              VoiceApp.javaソースコードファイルが確認できるはずです。 コードサンプルからこのソースコードファイルにコードサンプルからコードをコピー&ペーストを使用します。

              このJavaコードは「/hello」への受信HTTP GETリクエストをリッスンし、「Hello Web,」という内容でレスポンスを返し、また「/」への受信HTTP POSTリクエストもリッスンし、TwiMLマークアップでレスポンスを返します。

                    
                    
                    
                    

                    コードの準備が整ったら、左側のプロジェクトアウトラインからVoiceAppクラスを右クリックできるので、Run 'VoiceApp.main()' メニュー項目を選択します。

                    Java Spark Webアプリケーションサーバーはポート4567でリッスンを開始ます。

                    http://localhost:4567/helloにアクセスして、サーバーが動作していることを確認してみましょう。 ブラウザーに「Hello Web」と表示されるはずです。

                    覚えておきたい重要事項: コードの変更を行いサーバーを再度実行したい場合、赤い停止ボタンで現在実行中のアプリケーションを停止させることが必要です。 同時に1つのアプリケーションのみがポート4567を使用できるため、旧バージョンが依然実行中の状態でJavaアプリケーションを実行すると、新しいアプリケーションはすぐに終了します。

                    アプリケーションはインターネット上からアクセスできる必要があります。 色々な方法でこれを実現できますが、ngrokと呼ばれる、外部からアクセス可能なURLを提供するツールを推奨します。 皆さんのアプリケーションが通話を着信できるように、次にそのセットアップ方法をご紹介します。

                    Let's set up my app to receive phone calls.

                    ngrokを使用してTwilioがJavaアプリケーションと通信できるようにする

                    ここまでで、通話を着信させる小規模なJava Webアプリケーションを構築しました。 これが動作するには、アプリケーションがTwilioからアクセスできるようにしておくことが必要です。

                    ほとんどのTwilioのサービスはWebhookを使用して皆さんのアプリケーションと通信を行います。 たとえばTwilioに通話が着信すると、皆さんのアプリケーションのURLにリクエストをし、メッセージの処理方法の指示を取得しにいきます。

                    ご自身の開発環境でJava Webアプリケーションに取り組む際、アプリケーションは同一のコンピューター上の他のプログラム以外からアクセスできないため、Twilioと通信することができません。 アプリケーションをインターネット経由でアクセスできるようにして、この問題を解決することが必要です。

                    While there are a lot of ways to do this, like deploying your application to Heroku or AWS, you'll probably want a less laborious way to test your Twilio application. For a lightweight way to make your app available on the internet, we recommend a tool called ngrok. Ngrok listens on the same port that your local web server is running on and provides a unique URL on the ngrok.io domain, forwarding incoming requests to your local development environment. It works something like this:

                    Twilioがローカルサーバーにアクセスできるようにするために、ngrokがどのように役に立つのか

                    まだ行なっていない場合は、ngrokをインストールします。 ご使用のオペレーティングシステムに対応したバージョンのngrokであること、ngrokコマンドがパスの通ったディレクトリーに配置されていることを確認します。 MacまたはLinuxをお使いの場合は、以上で作業はおしまいです。 Windowsをお使いの場合は、Windows上でngrokをインストールおよび構成するガイドに従ってください。 いくつかの素晴らしいヒントや裏技を含むngrokの追加情報については、こちらの詳しいブログ投稿(英語)をご参照ください。

                    下記のコマンドは、ngrokを使用してport 4567をインターネット上に公開します。下記のコマンドをコマンドプロンプトで入力します:

                    ngrok http 4567
                    

                    下記のような出力がご覧いただけるでしょう:

                    ngrokのターミナル出力

                    これで、外部からアクセスできるURLを用意できました。

                    WebhookのURLを設定する

                    Now, you must take that public URL and configure this as a webhook for one of your phone numbers in the console. Go back to the console, select your phone number, change "A CALL COMES IN" to Webhook, and then put in the external URL to your service, such as "https://069a61b7.ngrok.io/", as shown above.

                    Webhook用にngrokのURLを指定する場所

                    変更点を保存すれば、準備万端です!

                    アプリケーションをテストする

                    Make sure you are running your 'ngrok' command on the command line, and running your web application from IntelliJ IDEA. If you restarted ngrok, you will have to update your webhook in the console to use the right url.

                    上記の両方のサーバーの実行により、いよいよお楽しみの準備が整いました。 新しいJava Webアプリケーションをテストしましょう!

                    Call the Twilio phone number you configured with this webhook. You should see an HTTP POST request with a 200 OK in your ngrok console. Your Java web application will reply back to Twilio with your TwiML response, and you'll hear your message being read to you!

                    It worked! All done - what's next?

                    関連トピック

                    Now you know the basics of making and responding to phone calls with Java.

                    This app only used the <Say> TwiML verb to read a message to the caller using text to speech. With different TwiML verbs, you can create other powerful constructs and call flows. Try a few, such as <Record>, <Gather>, and <Conference>.

                    以下のページをご覧いただき、さらに理解を深めてください:

                    楽しいプログラミングを!

                    Rate this page:

                    ヘルプが必要ですか?

                    誰しもが一度は考える「コーディングって難しい」。そんな時は、お問い合わせフォームから質問してください。 または、Stack Overflow でTwilioタグのついた情報から欲しいものを探してみましょう。