メニュー

Rate this page:

Thanks for rating this page!

We are always striving to improve our documentation quality, and your feedback is valuable to us. How could this documentation serve you better?

TwiML™ Voice: <Play>

<Play> 動詞は、発信者に向けて音声ファイルを再生します。 Twilio はユーザーが指定した URL からファイルをダウンロードします。

動詞の属性

<Play> 動詞は次の属性をサポートします。これらを使って動作を変更します。

属性名 許容値 初期値
loop 0 以上の整数 1
digits 0以上の整数もしくは w デフォルトで再生しません

loop

'loop'属性は、音声ファイルを何度再生するか決定します。デフォルトの設定は1度です。'0'に設定をすると<Play>は通話を切断するまでループし続けます。

次のように使います。

Loading Code Sample...
      
      
      
      

      digits

      ‘digits’ 属性は通話中にDTMFトーン(プッシュ音)送出を行います。

      例えばIVRシステムのテスト時、この機能を使用してメニューオプションの選択を自動的に行うことができます。

      wを含めるとDTMFトーン間に0.5sの一時停止を挿入します。 たとえば、1w2は2番目のDTMFトーンの再生前に0.5秒の一時停止を行うようTwilioに指示します。 1秒の一時停止を含めるには、wwとしてください。

      電話を掛け、内線に接続するためにDTMFトーンを送出するとき、sendDigits属性を使用する必要があります。

      名詞

      TwiML 動詞の名詞とは、動詞の中にネストされた、それ自身が動詞ではないものを指します。動詞が動作を行う対象です。 <Play> の名詞は、次の通りです。

      名詞 概要
      plain text Twilio が発信者に向けて再生する音声ファイルの URL です。

      <Play> で取得する音声ファイルについて、Twilio では次の音声 MIME タイプをサポートしています。

      MIME type 概要
      audio/mpeg MP3 オーディオ
      audio/wav wav フォーマット
      audio/wave wav フォーマット
      audio/x-wav wav フォーマット
      audio/aiff AIFF フォーマット
      audio/x-aifc AIFF フォーマット
      audio/x-aiff AIFF フォーマット
      audio/x-gsm GSM フォーマット
      audio/gsm GSM フォーマット
      audio/ulaw μ-law フォーマット

      ネスティングルール

      <Play> の中に任意の動詞を入れ子にできます。 <Gather> 動詞の中に <Play>を入れ子にできますがひとつ例外があります - <Gather> の中でDTMFトーン ("digits") を再生することはできません。

      サンプル

      例 1: 再生する

      この TwiML 文書では、cowbell.mp3 ファイルをダウンロードし、発信者に向けて 1 回再生します。

      Loading Code Sample...
          
          
          
          

          例 2: digitを使う

          IVRメニューが正常に動作するか確認しています。最初に押す必要な番号の長さ、メニューで何番を押せば進めるかを知っている前提です。ポーズを入れるには 'w' を入れます。'w' は0.5秒間の待ちを発生させます。使用しているシステムのタイミングに合わせて'w' を挿入し調整できます。

          Loading Code Sample...
              
              
              
              

              ヒントとテクニック

              • Twilioは再生が行われるとオーディオファイルのキャッシュを試みます。一番最初のアクセス時はサーバーからのデータダウンロードに時間がかかるため、再生までに時間がかかります。Twilioはダウンロードが終了してから再生を開始します。
              • HTTPヘッダーが許可している(EtagおよびLast-Modifiedヘッダー経由)場合、Twilioはファイルのキャッシュを行います。Cache-Control: no-cacheを伴ったレスポンスを行うと、Twilioはファイルが変更されたかどうかを常に確認するようになり、ご使用のWebサーバーが新しいバージョンのファイルでレスポンスするか、それとも403 Not Modifiedを返してTwilioにキャッシュされたバージョンを使用させることができます。
              • 電話網で再生されるオーディオは、電話網で使用できるフォーマットにトランスコードされます。 ユーザーが用意したファイルの音質にかかわらず、このトランスコードが行われます。 電話番号が高ビットレートの音声をサポートしていないために、音質が低下する場合があります。
              • 128kbps の mp3 ファイルなど、高ビットレートやロスの多いエンコード形式のファイルは、トランスコードに時間がかかり、 8kbps のロスレス フォーマットのファイルよりも低音質になる場合があります。 これは、ロスの多い圧縮フォーマットからの変換や、高ビットレートから低ビットレートへの変換の処理で、必然的に劣化が生じるためです。
              • <Play>再生時間が40分より長いファイルの再生は通話を切断します。 40分以上のファイルを<Play>(再生)する必要がある場合は、より小さい部位への分割を検討してください。

              ヘルプが必要ですか?

              We all do sometimes; code is hard. Get help now from our support team, or lean on the wisdom of the crowd browsing the Twilio tag on Stack Overflow.

              Loading Code Sample...