Level up your Twilio API skills in TwilioQuest, an educational game for Mac, Windows, and Linux. Download Now

メニュー

Expand
Rate this page:

Thanks for rating this page!

We are always striving to improve our documentation quality, and your feedback is valuable to us. How could this documentation serve you better?

TwiML™ Voice: <Pause>

<Pause> 動詞を使うと、指定した秒数、無音で待機します。<Pause> が TwiML 文書の最初の動詞である場合、Twilio は指定された秒数待機した後、通話に応答します。

動詞の属性

<Pause> 動詞は次の属性をサポートします。これらを使って動作を変更します。

属性名 許容値 初期値
length 0 より大きい整数 1 秒

length

length 属性には、Twilio が無音で待機する時間を秒で指定します。

ネスティングルール

<Pause> の中には、動詞をネストできません。ただし、次の動詞の中に <Pause> をネストできます。

サンプル

例 1: ポーズを入れる

この例では、<Pause> を使って 2 つの <Say> 動詞の間にポーズを入れています。

        
        
        
        

        例 2: 応答の間をあける

        この例では、<Pause> を使って、Twilio の応答を 5 秒間遅らせています。

              
              
              
              
              Rate this page:

              ヘルプが必要ですか?

              誰しもが一度は考える「コーディングって難しい」。そんな時は、お問い合わせフォームから質問してください。 または、Stack Overflow でTwilioタグのついた情報から欲しいものを探してみましょう。