メニュー

Expand
ページを評価:

TwiML™ Voice: <Conference>

The <Dial> verb's <Conference> noun allows you to connect to a conference room. Much like how the <Number> noun allows you to connect to another phone number, the <Conference> noun allows you to connect to a named conference room and talk with the other callers who have also connected to that room. Conference is commonly used as a container for calls when implementing hold, transfer, and barge.

Twilioは、世界規模に分散された低遅延な電話会議システムを提供しています。 電話会議は大多数の参加者にもっとも近い地域でホストされ、最大の参加者キャパシティーは250人です。 通常の音声通話の分単位の料金に加え、参加者単位、分単位の料金も適用されます。 Conferenceの料金体系についてさらに詳しく

カスタマイズが可能な機能

自由にルームの名前をつけることができます。この名前はアカウント内でのみ有効です。これは、あなたのアカウント経由で room1234 に入室する発信者は全員同じカンファレンスルームに入室することになりますが、別のアカウント経由で接続している発信者はそこには入室できないことを意味します。

コンプライアンス上の理由から、電話番号、メールアドレス、または個人名やその他の機密情報のような個人データ(個人識別情報とも呼ばれます)をカンファレンスの命名に使用しないでください。

デフォルトでは、Twilioカンファレンスルームはあなたのニーズに合わせてルームを 有効・無効 にすることができます。

  • カンファレンスは 2名以上の参加が無ければ始まりません。
  • 待機中は、カスタマイズ可能な音楽を再生します。
  • 参加者が入室したり退出したりする時に、通知音を出して他の参加者に知らせます。
  • イベントを構成してアプリケーションに対して電話会議の状態変化を知らせるアラートを発することができます。
  • Receive a webhook when a participant speaks or stops speaking

これらの機能は、ユーザーのニーズに合わせて設定したり、無効化したりできます。

名詞の属性

この名詞<Conference>は振る舞いを変更する属性をサポートします。

属性名 許容値 初期値
muted true, false false
beep true, false, onEnter, onExit true
startConferenceOnEnter true, false true
endConferenceOnExit true, false false
participantLabel a label for the conference participant なし
jitterBufferSize small, medium, large, off large
waitUrl TwiML の URL、空文字列 デフォルトの Twilio 保留音
waitMethod GET または POST POST
maxParticipants 250以下の正の整数です 250
record do-not-record もしくは record-from-start do-not-record
region us1, ie1, de1, sg1, br1, au1, jp1 なし
trim trim-silence (無音部分を削除する) もしくはdo-not-trim trim-silence
coach 通話SIDです none
statusCallbackEvent start end join leave mute hold speaker なし
statusCallback 相対または絶対 URL なし
statusCallbackMethod GET, POST POST
recordingStatusCallback 相対または絶対 URL なし
recordingStatusCallbackMethod GET, POST POST
recordingStatusCallbackEvent in-progress, completed, absent completed
eventCallbackUrl 相対または絶対 URL なし

muted

muted属性は参加者がカンファレンスで話すことができるかを指定します。trueに設定された場合、参加者はカンファレンスで音声を聞くことだけができます。デフォルトはfalseです。

To change a conference participant's muted attribute during a call use to the Conference Participant API.

beep

beep属性は参加者がカンファレンスに参加、退出した際に通知音を出すか否かを設定できます。デフォルトはtrueです。

動作
true デフォルト設定。参加者が参加、退出した歳、ビープ音を再生します。
false 参加者が参加、退出した際のビープ音を無効にします。
onEnter 参加者がカンファレンスに参加した時のみビープ音を再生します。参加者が退出したした時はビープ音を再生しません。
onExit 参加者がカンファレンスを退出した時のみビープ音を再生します。参加者が参加した時はビープ音を再生しません。

startConferenceOnEnter

参加者がいて、まだカンファレンスが始まっていない場合、カンファレンスのスタートを伝える属性です。デフォルトはtrueです。設定値がfalseで且つ参加者がいるがカンファレンスが始まっていない場合、参加者はミュートになり、バックグランドミュージックが流れます。startConferenceOnEnterがtrueである特定の参加者が参加するまで続きます。司会者が存在するカンファレンスで便利です。

endConferenceOnExit

trueに設定されている場合、該当の参加者が退出するとカンファレンスは終了し、他の参加者全員が強制的に退出させられます。デフォルトはfalseです。2つのコールをブリッジし、片方が切断してもTwiMLを実行し続ける場合、且つ司会者がいるカンファレンスを作る場合に便利です。

participantLabel

A unique label for the participant which will be added into the conference as a result of executing the TwiML. The label provided here can be used subsequently to read or update participant attributes using the Twilio REST API. The participantLabel must be unique across all participants in the conference, and there is a max limit of 128 characters.

If a participant with the same label already exists in the conference, 16025 error notification will be reported, and visible on Twilio Console. The call will not be added into the conference and instead continue to the next TwiML verb.

jitterBufferSize

The jitterBufferSize attribute lets you set the jitter buffer behavior for a conference participant. Twilio Conference uses a jitter buffer to smooth out irregularity in media packet arrival times when mixing audio for conference participants. This buffer results in fewer audio artifacts, but introduces a fixed delay for the audio of each participant.

Setting the jitterBufferSize value to small will create a 20ms buffer that results in average latency of ~150ms - ~200ms on a stream with max jitter of ~20ms.

Setting the value to medium will create a 40ms buffer that results in average latency of ~200ms - ~360ms on a stream with max jitter of ~20ms.

The large setting, which is the default jitter buffer behavior, will create a 60ms buffer that results in average latency between ~300ms - ~1000ms on a stream with max jitter of ~20ms.

Spikes of extremely high jitter can result in the maximum latency exceeding the average latency by as much as 50%.

The off setting completely disables the buffer and packets with relatively low jitter ( <=20ms) will be completely dropped, but Twilio will add no extra latency when mixing.

The buffer value is a particpant-level setting, the value for participant A does not apply to participant B.

waitUrl

The waitUrl attribute lets you specify a URL for music that plays before the conference has started. The URL may be an MP3, a WAV or a TwiML document that uses <Play> or <Say> for content. This defaults to a selection of Creative Commons licensed background music, but you can replace it with your own music and messages. If the waitUrl responds with TwiML, Twilio will only process <Play>, <Say>, and <Redirect> verbs. <Record>, <Dial>, and <Gather> verbs are not allowed. If you do not wish anything to play while waiting for the conference to start, specify the empty string (set waitUrl to '').

If no waitUrl is specified, Twilio will use its own HoldMusic Twimlet that reads a public AWS S3 Bucket for audio files. The default waitUrl is: http://twimlets.com/holdmusic?Bucket=com.twilio.music.classical

この URL は、クリエイティブ コモンズ のクラシック音楽を格納した S3 バケット com.twilio.music.classical を示しています。 次のリストの S3 バケットが用意されています。いろいろなジャンルの音楽から選べます。

waitMethod

This attribute indicates which HTTP method to use when requesting waitUrl. It defaults to 'POST'. Be sure to use 'GET' if you are directly requesting static audio files such as WAV or MP3 files so that Twilio properly caches the files.

maxParticipants

この属性は、名前のついた電話会議室に許容したい最大参加者数を表します。 最大参加者数は250です。

record

The record attribute lets you record an entire <Conference>. When set to record-from-start, the recording begins when the first two participants are bridged. The hold music is never recorded. If a recordingStatusCallback URL is given, Twilio will make a request to the specified URL with recording details when the recording is available to access.

region

The region attribute specifies the region where Twilio should mix the conference. Specifying a value for region overrides Twilio's automatic region selection logic and should only be used if you are confident you understand where your conferences should be mixed. Twilio sets the region parameter from the first participant that specifies the parameter and will ignore the parameter from subsequent participants.

trim

The trim attribute lets you specify whether to trim leading and trailing silence from your audio files. trim defaults to trim-silence, which removes any silence at the beginning or end of your recording. This may cause the duration of the recording to be slightly less than the duration of the call.

coach

Coach accepts a call SID of a call that is currently connected to an in-progress conference. Specifying a call SID that does not exist or is no longer connected to the conference will result in the call failing to the action URL and throwing a 13240 error.

statusCallbackEvent

The statusCallbackEvent attribute allows you to specify which conference state changes should generate a Webhook to the URL specified in the statusCallback attribute. The available values are start, end, join, leave, mute, hold, and speaker. To specify multiple values separate them with a space. Events are set by the first Participant to join the conference, subsequent statusCallbackEvents will be ignored. If you specify conference events you can see a log of the events fired for a given conference in the conference logs in the console.

イベント 概要
start The conference has begun and audio is being mixed between all participants. This occurs when there are at least two participants in the conference, and at least one of the participants has startConferenceOnEnter="true".
end 最後の参加者がカンファレンスから退出したか、または endConferenceOnExit="true" の参加者がカンファレンスから退出しました。
join 参加者がカンファレンスに参加しました。
leave 参加者がカンファレンスから退出しました。
mute 参加者がミュートまたはミュート解除されています。
Hold 参加者が保留、または保留解除しました。
speaker 参加者が話し始め(または終わり)ました

statusCallback

The statusCallback attribute takes a URL as an argument. Conference events specified in the statusCallbackEvent parameter will be sent to this URL.

The statusCallback URL is set by the first Participant to join the conference, subsequent setting of the statusCallback will be ignored.

The parameters contained in the events requests are detailed below.

statusCallbackMethod

上述の URL へリクエストを送信する際に、Twilio が使用する HTTP のメソッドです。初期値は POST です。

リクエストパラメーター

Twilio は statusCallback URL に、このリクエストと共に下記のパラメーターを渡します。

パラメーター 送信時
ConferenceSid CFe08c870b500f6e44a9ad184defd1f391 送信時:すべて
FriendlyName MyConf 参加時、退出時、開始時、終了時、消音時、保留時に呼び出されます
AccountSid AC25e16e9a716a4a8617a7c83f58e30482 送信時:すべて
SequenceNumber 1 送信時:すべて
Timestamp Thu, 1 Jun 2017 20:48:32 +0000 送信時:すべて
StatusCallbackEvent conference-end
conference-start
participant-leave
participant-join
participant-mute
participant-unmute
participant-hold
participant-unhold
participant-speech-start
participant-speech-stop
参加時、退出時、開始時、終了時、消音時、保留時に呼び出されます
CallSid CA25e16e9a716a4a1786a7c83f58e30482 参加時、退出時、開始時、終了時、消音時、保留時に呼び出されます
muted true, false 参加時、退出時、開始時、終了時、消音時、保留時に呼び出されます
Hold true, false 参加時、退出時、開始時、終了時、消音時、保留時に呼び出されます
endConferenceOnExit true, false 以下の際に送信されます:
参加 退出 ミュート スピーカー
startConferenceOnEnter true, false 以下の際に送信されます:
参加 退出 ミュート スピーカー
CallSidEndingConference Call SID of the participant who ended the conference (if applicable) Sent on: end
ParticipantLabelEndingConference Label of the participant who ended the conference (if applicable) Sent on: end
ReasonConferenceEnded conference-ended-via-api
last-participant-kicked
last-participant-left
participant-with-end-conference-on-exit-kicked
participant-with-end-conference-on-exit-left
Sent on: end
reason A message indicating why the conference ended Sent on: end
EventName* conference-record-end 送信時: conference-record-end
RecordingUrl* https://api.twilio.com/2010-04-01/Accounts/AC123/Recordings/RE234 送信時: conference-record-end
Duration* 6 送信時: conference-record-end
RecordingFileSize* 90786 送信時: conference-record-end

* All conference-record-end parameters above have been deprecated in favor of recordingStatusCallback, which is the preferred approach to receive recording related information. Providing a recordingStatusCallback will result in no conference-record-end callbacks.

recordingStatusCallback

The recordingStatusCallback attribute takes a relative or absolute URL as an argument.

If a conference recording was requested via the record attribute and a recordingStatusCallback URL is given, Twilio will make a GET or POST request to the specified URL when the recording is available to access.

リクエストパラメーター

Twilio は recordingStatusCallback URL に、このリクエストと共に下記のパラメーターを渡します。

パラメーター 概要
AccountSid この録音の属するアカウントの一意な識別子です。
ConferenceSid 録音の関連づけられた電話会議の一意な識別子です。
RecordingSid この録音のユニークな識別子です。
RecordingUrl 録音された音声の URL。
RecordingStatus The status of the recording. Possible values are: in-progress, completed,absent.
RecordingDuration この録音の長さ(秒)です。
RecordingChannels 最終的な録音ファイルのチャンネル数を示す整数です。 電話会議の録音では、1 チャンネルのみがサポートされます。
RecordingStartTime The timestamp of when the recording started.
RecordingSource The initiation method used to create this recording. Conference is returned for Conference recordings.

recordingStatusCallbackMethod

This attribute indicates which HTTP method to use when requesting recordingStatusCallback. It defaults to 'POST'.

recordingStatusCallbackEvent

This attribute allows you to specify which recording status changes should generate a webhook to the URL specified in the recordingStatusCallback attribute. The available values are in-progress, completed, absent. To specify multiple values separate them with a space. Default is completed.

既定でのステータス変更イベントは以下の通りです:

パラメーター 概要
in-progress 録音が開始されました
completed 録音が完了しアクセス可能です
absent The recording is absent and not accessible

To pause or resume conference recordings, see the Recording API Docs.

eventCallbackUrl

このパラメーターは recordingStatusCallbackに取って代わられ、廃止予定となりました。

'eventCallbackUrl' 属性は引数にURLをとります。 電話会議が終了すると、TwilioはstatusCallbackの conference-record-end イベント・パラメーターを伴うPOSTリクエストをこのURLに発行します。

サンプル

例 1: カンファレンスをする

この TwiML を実行する最初の発信者が Room 1234 という名前のカンファレンス ルームに入室すると、デフォルトの保留音が聞こえてきます。 次の発信者がこの TwiML を実行すると、2 人の発信者が同じカンファレンス ルームに入室し、カンファレンスが始まります。 保留音は終了し、通知音が鳴り、すべての参加者が会話できる状態になります。

        
        
        
        

        例 2: モデレーターがいるカンファレンス

        まず、カンファレンスがまだ始まらないように指定して、参加者をカンファレンス ルームに入室させます。

              
              
              
              

              参加者は保留音を聞きながら待機します。 カンファレンスを主催する「モデレーター」が電話をかけてきたらカンファレンスが始まるように指定します。

                    
                    
                    
                    

                    また、このモデレーターには endConferenceOnExit='true' が指定されているので、モデレーターが電話を切ると、カンファレンスが終了し、参加者の <Dial> は終了します。

                    例 3:イベント付きカンファレンスに参加する

                    このプログラム・コードでは、参加者の電話会議への入退室、消音、保留、および電話会議の開始と終了にイベントが呼び出される電話会議に接続します。

                          
                          
                          
                          

                          例 4:ミュートでカンファレンスに参加する

                          このコードでは、マイクをミュートにして、カンファレンスに参加できます。この参加者は、ミュートにされていない参加者の会話を聞くことはできますが、自分の発言は他の参加者には聞こえません。muted 属性は、REST API でリアルタイムに有効化または無効化できます。

                                
                                
                                
                                

                                例 5:通話をブリッジする

                                単に 2 つの通話をブリッジしたいだけ、という場合があります。 このような最小限のカンファレンスでは、バックグラウンド音楽も通知音も再生せず、参加者は入室後すぐに会話を始めて、どちらかの参加者が電話を切るとカンファレンスがただちに終了します。 Dial をするように、既存の 2 つの通話をブリッジするケースなどで役立ちます。

                                      
                                      
                                      
                                      
                                            
                                            
                                            
                                            

                                            このコードでは、最初の発信者は待合室に入り、バックグラウンド音楽を聞きます。 担当者やオペレーターを待っている間、発信者を保留中にするのと同じです。

                                            オペレーターや担当者の準備ができると、彼らの通話は次のコードを実行します。

                                                  
                                                  
                                                  
                                                  

                                                  このコードで、オペレーターが保留していた人とつながります。 カンファレンスは 2 人が入室すると始まるので、最初の人が聞いていた保留音は終わり、2 人は会話を始めます。 beep='false' が設定されているため、担当者が電話に出た時の通知音は、発信者には聞こえません。このケースではその方が適切でしょう。 オペレーターが電話を切ると、endConferenceOnExit でカンファレンスが終了します。

                                                  例 7: Dial の属性との組み合わせ

                                                  Conference は Dial の要素なので、すべての Dial の属性は Conference と組み合わせて使えます (ただし、callerId と timeout には影響しません)。 timeLimit を設定し、これを超えるとカンファレンスから退出させることができます。 hangupOnStar を有効にし、* キーを押すとカンファレンスを退出するように設定できます。 action を指定すると、カンファレンス ルームを退出した時に Twilio が action へリクエストを送信し、ユーザーのウェブ サーバーが新しい TwiML レスポンスで応答して、通話を継続させることができます。

                                                        
                                                        
                                                        
                                                        

                                                        例 8:カンファレンスを録音する

                                                        このコードは、最初の2人の参加者が接続されたときに開始される電話会議の完全な録音を可能にし、電話会議の録音がアクセス可能になったら recordingStatusCallback を送信します。

                                                              
                                                              
                                                              
                                                              
                                                              ページを評価:

                                                              ヘルプが必要ですか?

                                                              誰しもが一度は考える「コーディングって難しい」。そんな時は、お問い合わせフォームから質問してください。 または、Stack Overflow でTwilioタグのついた情報から欲しいものを探してみましょう。

                                                                    
                                                                    
                                                                    

                                                                    フィードバックくださりありがとうございます!

                                                                    We are always striving to improve our documentation quality, and your feedback is valuable to us. How could this documentation serve you better?

                                                                    Sending your feedback...
                                                                    🎉 Thank you for your feedback!
                                                                    Something went wrong. Please try again.

                                                                    Thanks for your feedback!

                                                                    Refer us and get $10 in 3 simple steps!

                                                                    ステップ1

                                                                    Get link

                                                                    Get a free personal referral link here

                                                                    ステップ2:

                                                                    Give $10

                                                                    Your user signs up and upgrade using link

                                                                    ステップ3

                                                                    Get $10

                                                                    1,250 free SMSes
                                                                    OR 1,000 free voice mins
                                                                    OR 12,000 chats
                                                                    OR more