メニュー

Rate this page:

Thanks for rating this page!

We are always striving to improve our documentation quality, and your feedback is valuable to us. How could this documentation serve you better?

TaskRouter Python クイックスタート

概要

TaskRouterはタスクを人に割り当て処理を行うシステムです。

一例として、マルチチャンネルセールスおよび技術サポートシステムを構築する場合を想像してください。担当者は独自のスキルを持ち、それぞれの担当場所を拠点とし、それぞれのスケジュールで働きます。担当者の動的な対応可否状況を監視し、通話でも E-mail でもツイートでも着信があると、その着信を転送するのに最適な担当者を決定する必要があります。

このタイプのシステムは、構築や大規模運用が難しく、複合状態のデータを頻繁に管理、照会、更新する必要があります。

TaskRouterは、こうした複雑さの重荷に耐え、インフラストラクチャーの整備に時間をかけず、優れた顧客経験の提供に時間をかけることができます。

このクイックスタートチュートリアルでは、4 つの部分からなる簡易版のシナリオ例を構築していきます。このチュートリアルは最初から最後まで行うことを前提として最適化されています。

以下のように簡易化します。

  • ワークフォースのシミュレーションに使う担当者は 2 人にします。
  • コミュニケーションチャンネルは音声通話だけにします。
  • TaskRouterのすべての機能について説明するわけではありません。 このため、適宜リファレンスドキュメントを参照してください。

前提条件

  • 稼働中の Python サーバー
  • Python サーバーをローカルに実行している場合(この例のような)は、Twilio のサーバーがコードを操作できるよう、ngrok などのツールが必要になります。

規約

  • コードおよびコマンドは以下で記述されます。 fixed width
  • コードサンプルを使う場合は、{波かっこ} がないかチェックしてください。波かっこがある場合は、自分のTaskRouterアカウントに値を書き換える必要があります。
  • 補足情報は blockquote で囲まれます。

「パート1: TaskRouterワークスペースをセットアップする」へ »

ヘルプが必要ですか?

We all do sometimes; code is hard. Get help now from our support team, or lean on the wisdom of the crowd browsing the Twilio tag on Stack Overflow.