メニュー

Expand
Rate this page:

Thanks for rating this page!

We are always striving to improve our documentation quality, and your feedback is valuable to us. How could this documentation serve you better?

TaskRouter.js: TaskRouterをブラウザーベースのアプリケーションに統合する

The following documentation is for the v1 of the JS SDK. To learn more about the SDK being used in Twilio Flex, head over to the TaskRouter.js documentation on Github.

TaskRouterの JSライブラリーでは、シンプルなJS APIでTaskRouterの全REST APIを使用できます。 TaskRouterは下記の3つの型のオブジェクトの初期化をサポートします:

WorkerはWebsocket接続を使用して、TaskRouterにWorker ReservationとTaskの詳細のリアルタイム通知を受信するようにします。 Reservationに対する通知の受信に先立って、WorkerはReservationを承諾または拒否できます。 加えて、WorkerはEnqueue TwiML動詞を使用してQueueに入れられた通話をQueueから外すことができます。 Workerはコンタクトセンターエージェントのデスクトップアプリケーションの構築、Workerの在席状況のCRMシステムへの追加、社内のサポートデスクアプリケーションにおけるTaskRouterの活用といったことにに使用できます。

WorkspaceとTaskQueueを使うことで、統計の管理パネルを構築し、Worker、Task、TaskQueueを表示できます。

REST API全体がJS SDKで公開されているため、これらのエンティティーはそのプロパティーや、そのサブリソースのプロパティーを変更できます。 たとえば、Workerはその現在のActivity、属性、および分かりやすい名前 (friendly name) を変更できます。 Workspaceは指定されたTaskQueueを取得し、そのTargetWorkersを更新できます。 またWorkspaceはその統計を、あるTaskQueueについて取得できます。

TaskRouterクイックスタートを利用したり、TaskRouter JS Worker APIドキュメントで確認しながら、WorkerでTaskRouter.jsを使ってみてください。

Rate this page:

ヘルプが必要ですか?

誰しもが一度は考える「コーディングって難しい」。そんな時は、お問い合わせフォームから質問してください。 または、Stack Overflow でTwilioタグのついた情報から欲しいものを探してみましょう。