TaskRouter: REST APIリファレンス

TaskRouterのREST APIを使用して、サーバー側アプリケーションからTaskRouterのリソースを操作できます。

ベースURL

このドキュメントで参照するTaskRouter URLはすべて、ベースとして https://taskrouter.twilio.com を使用しています。

Twilio の REST API はすべて、HTTPS 上で動作します。データのプライバシー保護のため、暗号化されない HTTP はサポートされません。

サブリソース

TaskRouter REST APIは、次のサブリソースを公開しています。これらのリソースおよび共通のTaskRouter開発Taskについて、この後で説明します。

  • Workspaceは、TaskRouterオブジェクトのコンテナーです。 Task、Worker、Workflow、およびQueueはすべて、Workspace内に存在します。 各アカウントが、複数のWorkspaceを持つことができます。
  • Workerは、Taskを処理するエンティティーです。コールセンターのエージェント、サポートチームのサポートスタッフなどが該当します。
  • Activityは、Workerが実行している作業、およびWorkerが新しいTask割り当てを受諾可能かどうかを示します。 TaskRouterには既定で一連のActivityが用意されていますが、より詳細なレポートが必要な場合はカスタムActivityを追加できます。
  • TaskQueueは、WorkerにTaskを割り当てて、Task割り当てに関する統計を収集します。TaskQueueリソースを通じて、Queueを管理できます。
  • Workflowは、Taskを適切なQueueにルーティングして、各Taskの優先度付けとエスカレーションのルールを設定します。 Workflowリソースを通じて、Workflowを作成、更新、および構成する方法を学習します。
  • Taskは、システムが管理する個々の作業単位です。 TaskRouterで、Taskリソースを通じて、Taskを追加、削除、および更新します。
  • Statisticsは、TaskRouter環境におけるWorkerとTaskQueueのパフォーマンスに関するリアルタイムと履歴の情報を提供します。
  • Eventは、特定のWorkspaceで発生する変更に関するActivityのフィードを提供します。

ヘルプが必要ですか?

誰しもが一度は考える「コーディングって難しい」。そんな時は、お問い合わせフォームから質問してください。 または、Stack Overflow でTwilioタグのついた情報から欲しいものを探してみましょう。