メニュー

Expand
Rate this page:

Thanks for rating this page!

We are always striving to improve our documentation quality, and your feedback is valuable to us. How could this documentation serve you better?

TaskRouter ワークスペースをセットアップする: ワークフローを追加、設定する

With your Workspace open in the TaskRouter console, click 'Workflows' then 'Create Workflow'. Name the new Workflow 'Incoming Customer Care Requests'.

タスクをTaskRouterに追加するたびに、ワークフローと関連付けます。 ワークフローは、それぞれの着信タスクの属性を確認し、適切なタスクキューに追加します。 また、タイムアウトおよびタスクキュー間のエスカレーションも制御します。ただし、このコンセプトについては、このクイックスタートチュートリアルでは取り上げません。

For now, in the Assignment Callback URL field, enter http://example.org as a placeholder. In Part 2, we will set up a server to handle Task assignment callbacks and we'll replace this value with the address of our new server.

New Workflow Details

パート 2 での作業を楽にするため、「Task Reservation Timeout」を大きな値(1200 秒など)に設定してください。予約を手動で受諾しますが、途中でタイムアウトになるとイライラします。

パート 3 では、電話の発信者が希望する言語をキャッチし、その情報に基づいて最適なワーカーにルーティングします。そのためには、発信者の言語選択を示すタスク属性が必要になります。タスク属性には好きな名前を付けることができますが、「selected_language」のような名前にすることをお勧めします。

ワークフローに 2 つのルーティング設定フィルターを追加します。これにより、「selected_language」の値に基づき、以前に作成したタスクキューに新しいタスクがルーティングされます。

ルーティング設定 #1

最初のルーティング設定では、発信者がスペイン語を選択したタスクをターゲットにします。着信タスクが「Customer Care Requests - Spanish」タスクキューに追加されます。

ルーティング設定式: selected_language == "es"

Details - Filter for Spanish Language

ルーティング設定 #2

「Add a filter」リンクを使い、2 番目のワークフローフィルターを追加します。

ルーティング設定式: selected_language == "en"

Details - Filter for English Language

デフォルトのタスクキューを「None」に設定してから、ワークフローを保存します。

Default Queue == "None"

これでセットアップは終わりです! ただし、ワークスペースにタスクを追加する前に、アクティビティーの役割を理解しておく必要があります。

次:アクティビティーについて理解する »

Rate this page:

ヘルプが必要ですか?

誰しもが一度は考える「コーディングって難しい」。そんな時は、お問い合わせフォームから質問してください。 または、Stack Overflow でTwilioタグのついた情報から欲しいものを探してみましょう。