メニュー

Expand
ページを評価:

Calls per Second (CPS) — Trunking Termination

概要

Trunking Termination Calls per Second (CPS) refers to how many new SIP Trunking call setups are allowed in a second for Trunking Termination (outgoing traffic from your communications infrastructure to the PSTN). Twilio, by default, provides the ability for you to place 1 CPS per Trunk per Region (see limits). Optionally, you may increase your CPS settings per Region for a monthly fee (see pricing).

In order to receive increased CPS, your traffic profile shall comply with the following guidelines:

  • Average call duration must be greater than 30 seconds
  • No more than 10% of your calls should have a call duration of less than or equal to 12 seconds
  • ASR (Answer-Seizure rate) must be greater than 70%

トランキングターミネーションのCPSオプション

SIP Trunkingには2つのターミネーションCPSの引き上げオプションがあります:

トランク単位のCPS

It is possible to make changes to your Calls Per Second (CPS), settings on each individual trunk. Your CPS value can be changed via the Console to a number between 1 and 15.

It is recommended that you provision a trunk for each region with the specific CPS required.

Increasing CPS values may occur anytime during the month, and you’ll be shown prorated charges. Changes will happen immediately upon acknowledgement.

Decreasing CPS values can only be made for the 1st day of the month. It is possible to schedule this change in advance.

If you would like to change your CPS value greater than 15, please reach out to our sales team.

マスターアカウントのCPS

Provision your Master Account with the CPS you require for each Region. Pay per Master Account, per Region. The Master CPS settings are a pooled resource used by any Trunk in the given account or corresponding sub-accounts. We give you the ability to also enforce Trunk level CPS settings in Console, when Master Account CPS is enabled and allow you to over provision CPS at the Trunk level, and you'll only be billed for the Master Account CPS settings.

マスターCPSは、CPSの引き上げが必要な複数のサブアカウントに渡っていくつかのトランクがあるが、これらの各トランクにでどの程度の規模が必要か不明な場合に最適です。

どのような場合に通話が許可または拒否されるかの決定には、下記の2つの「チェックポイント」があります。

(1) 各トランク上での実際の通話 vs トランクのCPS制限: あるリージョンにおける特定のトランクに対するCPS設定を超える通話をそのトランクで行いますか?

  • Yes トランクCPS設定に基づいて通話が拒否され始めます
  • No 2番目 のルールを参照してください

(2) 全トランクに渡る実際の通話の合計 vs マスターアカウントCPS制限: あるリージョンにおける全てのトランクに渡る実際の通話の総数がマスターCPS設定を超えますか?

  • Yes マスターCPS設定に基づいて通話が拒否され始めます
  • No すべての通話が許可されます

マスターアカウントCPSの例

この仕組みの例です:

マスターアカウントCPS設定:

*北米 - オレゴン (US2): 25 CPS

トランク1 トランク2 トランク3 合計
供給済み 20 CPS 25 CPS 30 CPS 全トランクに渡って75CPS供給済み (供給過多)
実際の通話 30 CPS 24 CPS 30 CPS 全トランクに渡って84の実際の発信通話の試行あり
Rule 1 - Trunk Limits 通話数は20 CPSに制限 全24 CPS許可 全30 CPS許可 トランクのCPS設定に基づいて74の実際のCPSが許可
Rule 2 - Master account Limits CPSは25に制限され、どのトランクについても拒否される可能性があります

デバッガアラート

CPS制限に達すると、TwilioはDebugger Alert recordを記録し、デバッガーアラートはトランク単位、あるいはマスターアカウントCPS単位のどちらの制限に抵触したか知らせてくれます。

下記のデバッガーアラートがあります:

これはCPS設定を引き上げる必要があるかどうかを判断するのに大変便利な場合があります。 アラートトリガーを構成し、アラートエラーコードの希望に基づいてトリガーできます。 オプションで、対応するWebhookまたはメール通知を送信できます。

If you would like to modify your Master Account or increase more than 15 CPS for Trunk Level or decrease Trunk Level CPS, please contact sales here.

ページを評価:

ヘルプが必要ですか?

We all do sometimes; code is hard. Get help now from our support team, or lean on the wisdom of the crowd by visiting Twilio's Community Forums or browsing the Twilio tag on Stack Overflow.

        
        
        

        フィードバックくださりありがとうございます!

        We are always striving to improve our documentation quality, and your feedback is valuable to us. How could this documentation serve you better?

        Sending your feedback...
        🎉 Thank you for your feedback!
        Something went wrong. Please try again.

        Thanks for your feedback!

        Refer us and get $10 in 3 simple steps!

        ステップ1

        Get link

        Get a free personal referral link here

        ステップ2:

        Give $10

        Your user signs up and upgrade using link

        ステップ3

        Get $10

        1,250 free SMSes
        OR 1,000 free voice mins
        OR 12,000 chats
        OR more