Level up your Twilio API skills in TwilioQuest, an educational game for Mac, Windows, and Linux. Download Now

メニュー

Expand
Rate this page:

Thanks for rating this page!

We are always striving to improve our documentation quality, and your feedback is valuable to us. How could this documentation serve you better?

Androidクイックスタート

This Quickstart demonstrates how to send Push Notifications to an Android application using Notify and Twilio Functions.

注意
本ガイドではFCM (Firebase Cloud Messaging)を使用して、Androidにプッシュ通知を送信します。 このクイックスタート用にFCM通知を構成する(まだ構成していない場合)には、このガイドに従ってください。

コンソールでは、Notifyサービスを作成します。 SIDを書き留めておいてください! 後ほどコードを記述する際に使用します。

Notify SMSクイックスタート - Notifyサービスインスタンスのセットアップ

アカウント情報の収集


Twilioアカウントから必要な情報をすべて取得することが必要です。 以下が必要になります

設定値 概要
サービスインスタンスSID アプリケーションのすべてのデータが保存されスコープ範囲にあるServiceインスタンスです。 Console上で作成できます。

また、Twilioでプッシュクレデンシャルを作成し、Notifyサービスでそれを構成することも必要です。 こちらでクレデンシャルをアップロードできます。 まだお持ちでない場合は、このガイドに従って作成してください。

注意AppをFirebaseコンソールで登録する際、パッケージ名としてcom.twilio.notify.quickstartが設定されていることを確認し、アプリケーションのパッケージ名をAndroidクイックスタートAppと一致させてください。

Set up Twilio Functions


When using the Notify service, you'll need to be able to register devices to receive notifications, and then send notifications to those devices. To get you going quickly, you can use Twilio Functions.

Functions is Twilio's serverless code execution environment that lets you write Node.js code that can respond to Twilio webhooks or to regular HTTP POST or GET requests.

You can also always write your own server code using any of Twilio's supported server side languages (Node.js, Python, Ruby, C#, Java, or PHP) - check out how to register bindings or how to send a notification in those languages.

The sample mobile app is already set up to communicate with Twilio Functions to register a device for notifications. You just need to create two Functions in your account from a template, and then specify the URL for one of those Twilio Functions in the source code to the app.

To get started with this, create a new Twilio Function on the Twilio Console's Manage Functions page. Choose the Twilio Notify Quickstart template from the list of templates.

Twilio Notify Quickstart Function Template

After choosing the Twilio Notify Quickstart template, you'll be asked for one piece of configuration information - the Notification Service instance SID that you created at the beginning of this quickstart.

TwilioNotifyQuickstartFunctionsConfiguration.png

After entering that SID as the value, and clicking create, you will see two new Twilio Functions on your Functions page.

The first function is Register Binding - available at the /register-binding path. The quickstart mobile app sends an identity and the device token that it gets from the Firebase Cloud Messaging service to this function to create a binding. Notify uses these bindings to map the device that someone is using to their identity when you send a notification.

The second function is Send Notification - this is available at the /send-notification path. The mobile app does not use this function - instead you can use it to send notifications to yourself on the quickstart app.

If you select either function, you can see the Node.js source code, if you are curious to see how these are implemented.

Lastly, copy the URL for the register binding function - you will need that for the Android app. Each account has a different subdomain for Twilio Functions - for instance, yours might be something like this:

https://sturdy-concrete-1234.twil.io

Now that you have the Twilio Functions created, it's time to set up the Android app!

Twilio NotifyサンプルAndroid Appのセットアップ


続いて必要になるもの:
  • Step 1: Twilio NotifyサンプルAndroidアプリケーションを入手する
  • Step 2: まだ行っていない場合、Androidプッシュ通知を構成する
  • Step 3: Twilio NotifyサンプルAndroidアプリケーションを実行する

手早く済ませるため、Androidサンプルアプリケーションを、Javaで記述されたスタンドアロンのAndroid Studioプロジェクトとして提供しています。

このアプリケーションは Gradle オートメーションシステムで構築されており、GitHub から入手できます。

Android Studio を開き、プロジェクトの build.gradle ファイルをダブルクリックして、プロジェクトをインポートします。

まだの場合は、このガイドに従ってTwilio NotifyサンプルAndroid App用にAndroidプッシュ通知を構成します。

注意
サンプルアプリケーションには、下記の値を使用します:
  • アプリケーション名 Notify Quickstart
  • Androidパッケージ名: com.twilio.notify.quickstart

Next, go to Firebase Console to generate a 'google-services.json' file for your app.

プロジェクトを開きます

Firebase Notifyクイックスタート

「設定」にアクセスします

Firebase Notifyクイックスタート設定

Download google-services.json file and save it to the /app folder. This file configures your app to receive notifications via FCM.

Firebaseはgoogle-service.jsonをダウンロードします

プロジェクトをコンパイルすると、gradleの依存関係を自動的にビルドします。

Next, in the notifyapi/TwilioFunctionsAPI.java file on this line: private final static String BASE_SERVER_URL = "YOUR_TWILIO_FUNCTIONS_URL"; replace the string with the address of your server.

Notify Functions URL for Android



Create a Binding for Firebase Cloud Messaging (FCM)


つづいて、ユーザーのアイデンティティとAppの実行されているデバイスとの間にバインディングを作成する必要があります。 ユーザーのアイデンティティーはGUIDのような任意の一意な識別子を選べます。 アイデンティティーとバインディングについては、BaindingリソースリファレンスAPIで詳しく触れられています。

App内では選択したアイデティティーを入力し、Create Bindingボタンをクリックします。

Notify Android クイックスタート - バインディングを作成するサンプルモバイルApp

このアクションは、アプリケーションで実行されている特定のデバイス上のユーザーを一意に識別するバインディングを作成します。

アイデンティティーに個人を識別できる情報を使用しないでください
Notifyはアイデンティティーをユーザーの一意な識別子として使用します。 この属性を処理するシステムは直接的な識別情報ではないことを前提としているため、識別情報(個人の名前、自宅住所、メールアドレス、電話番号などの個人識別情報、またはPII (=Personally Identifiable Information) をアイデンティティーとして直接使用しないでください。

これでBindingが得られました。 すでにプッシュ通知をデバイスまたはエミュレーターで動作するAndroid Appに送信する準備ができました。

プッシュ通知をAppに送信する


To send a notification, you can use the Twilio Notify Quickstart (Send Notification) Twilio Function you just created.

You can either send an HTTP GET or an HTTP POST request to the function. Typically, you would send a POST request to the function from your application (as you are performing an action, not retrieving information). If you don't have an easy way to POST a request (like Postman or curl), using GET is fine for testing your quickstart app.

For instance, you might make a request like:

https://sturdy-concrete-1657.twil.io/send-notification?identity=user1&body;=Hello

Use the identity you used in the app. Because you registered a binding with Twilio, the server will send your device the 'Hello' message as a notification.

できましたね!ここからはあなたがご自身のアプリを作る番です。

関連トピック


Notifyで可能なことはさらにたくさんあります。 通知の送信に、他のクイックスタートもお試しください。

またはハウツー記事もご覧ください:

Rate this page:

ヘルプが必要ですか?

誰しもが一度は考える「コーディングって難しい」。そんな時は、お問い合わせフォームから質問してください。 または、Stack Overflow でTwilioタグのついた情報から欲しいものを探してみましょう。