メニュー

Expand
Rate this page:

Thanks for rating this page!

We are always striving to improve our documentation quality, and your feedback is valuable to us. How could this documentation serve you better?

Setting up a Local Python Dev Environment

Our quickstarts are designed to get you working with Twilio in record time. To make things more efficient, we have used the same Python ingredients time and time again so you only need to go through environmental setup one time.

TwilioはPythonのクイックスタートを完​​了するには、以下のツールがインストールされている必要があります。

  • Python
  • Flask
  • twilio-python ライブラリ
  • ngrok or some other way to expose a URL for webhooks.

Pythonをインストールする

あなたがMacやLinuxマシン上にある場合、あなたはおそらくすでにPythonがインストールされています。Windowsユーザーは下記の手順でインストールできます。より詳細なインストール手順はPython公式使途をご覧ください。

Flask と twilio-pythonをインストールする

FlaskはPythonで書かれた非常にシンプルなウェブサーバーです。Flaskをチュートリアルで使います。インストールを進めるするために2つのツールをインストールするします。pipvirtualenvです

Pythonパッケージの概要

数式のライブラリであるnumpyやMySQL接続ライブラリであるMySQL-pythonのようなサードパーティPythonライブラリはパッケージマネージャーによってインストールされ、パッケージにホストされます。 。Pythonに同梱されているパッケージマネージャーはeasy_installと呼ばれています。しかしながら多くのPython開発者はpipと呼ばれるパッケージマネージャーを好んで使います。なぜでしょうか?

pip はたったひとつのコマンドで新しいPythonのライブラリをインストールできるパッケージマネージャーです。virtualenvはPythonパッケージに特別なSandboxを作成するツールで、すべてのツールの正しいバージョンを正確に確認します。さらに、 virtualenvはあなたのPythonパッケージを誰かアップデートした場合は、誤ってアプリを破壊しないよう確認します。

インストール方法 pip

pipvirtualenvと一緒にインストールされます。インストールされている正しいPythonのバージョンにあわせてpipvirtualenvをインストールします。ターミナルで下記のコマンドを実行します。

python --version

下記のような表示が出るはずです。

python --version
Python 2.6.1

下記にvirtualenvのインストール方法が記載されています。

Python 2.4にvirtualenvをインストールする

下記のコマンドを実行します。

easy_install virtualenv

Python 2.5-2.7にvirtualenvをインストールする

Pythonのバージョンが2.5, 2.6, 2.7 の場合、easy_installをPythonバージョン番号をつけて実行します。

easy_install-2.7 virtualenv

バージョン番号 2.7 の部分を2.5, 2.6 に置き換えてください。

Python 3.4以降でvirtualenvをインストールする

Python 3.4以降のインストールに含まれるpipを使用してvirtualenvをインストールできます。

# If you get 'permission denied' errors, try running "sudo python" instead of "python"
pip install virtualenv

エラーデバック

もし下記のエラーが表示された場合

-bash: easy_install-2.5: command not found

Pythonがインストールされているか確認します、もしくは$PATHeasy_installが含まれるフォルダーを追加します。

もし下記のようなエラーが表示された場合:

Installing pip script to /usr/local/bin
error: /usr/local/bin/pip: Permission denied

adminユーザーとして下記のスクリプトを実行します。

sudo easy_install-2.6 virtualenv

仮想環境を作成およびアクティブにする

virtualenvがインストールされたら、チュートリアルに使うディレクトリ移動し、仮想環境を作ります。

cd Documents/my_tutorial_folder
virtualenv --no-site-packages .

仮想環境が作られました。

source bin/activate

Please Note: You will need to activate your environment before every session with your Python server.

今開いてるフォルダーがリストされるのでvirtualenvが動作していることがわかります。

(quickstart)USER:~ user$

依存関係をインストールする

Flask とtwilio-python ライブラリをインストールします。requirements.txtを開き、下記の行を追加します。

requirements.txt
Flask>=0.12
twilio~=6.0.0

ターミナルでpipを使いこれらのパッケージをインストールします。

bin/pip install -r requirements.txt

はじめからテストをする

はじめに、virtualenvが動作しているか確認する。

cd Documents/my_tutorial_folder
source bin/activate     # On Windows, use .\bin\activate.bat

run.py というファイルを開き、次のコードを追加します

run.py
from flask import Flask
app = Flask(__name__)

@app.route("/")
def hello():
    return "Hello World!"

if __name__ == "__main__":
    app.run(debug=True)

動かしてみましょう。ターミナルで下記をタイプします。

python run.py
* Running on http://127.0.0.1:5000/ 

http://localhost:5000をブラウザに入力します。Hello World メッセージが表示されます。

おめでとうございます。TwilioとPythonを始める準備ができました。コーディングを始めましょう!

Rate this page:

ヘルプが必要ですか?

誰しもが一度は考える「コーディングって難しい」。そんな時は、お問い合わせフォームから質問してください。 または、Stack Overflow でTwilioタグのついた情報から欲しいものを探してみましょう。