メニュー

Rate this page:

Thanks for rating this page!

We are always striving to improve our documentation quality, and your feedback is valuable to us. How could this documentation serve you better?

Twilio SMS Python クイックスタート

With just a few lines of code, your Python application can send and receive text messages with Twilio Programmable SMS.

This Python SMS Quickstart will teach you how to do this using our Communications REST API, the Twilio Python helper library, and Python’s Flask microframework to ease development. Prefer to use Django? Check out this blog post.

このクイックスタートでは、下記のことを学んでいきます:

  1. Twilioにサインアップして、SMS機能を持ったはじめてのTwilio電話番号を入手する
  2. メッセージを送受信できるように開発環境をセットアップする
  3. 最初のSMSを送信する
  4. テキストメッセージを受信する
  5. 受信メッセージに対してSMSで返信する

Prefer to get started by watching a video? Check out our Python SMS Quickstart video on Youtube.

Show me how it's done!

すでにTwilioアカウントとSMS機能を持ったTwilio電話番号をお持ちなら、すでに準備万端です! どうぞ次のステップまで読み飛ばしてください。

PythonからSMSを送信できるようになる前に、まずTwilioアカウントにサインアップするか、すでにお持ちのアカウントにサインインして、SMS機能を持った電話番号を購入します。

You can sign up for a free Twilio trial account here.

  • When you sign up, you'll be asked to verify your personal phone number. This helps Twilio verify your identity and also allows you to send test messages to your phone from your Twilio account while in trial mode.
  • Once you verify your number, you'll be asked to create a project. For the sake of this tutorial, you can click on the "Learn and Explore" template. Give your project a name, or just click "skip remaining steps" to continue with the default.
  • Once you get through the project creation flow, you'll arrive at your project dashboard in the Twilio Console. This is where you'll be able to access your Account SID, authentication token, find a Twilio phone number, and more.

If you don't currently own a Twilio phone number with SMS functionality, you'll need to purchase one. After navigating to the Buy a Number page, check the "SMS" box and click "Search."

SMS対応Twilio電話番号を購入する

すると、利用可能な電話番号と、その機能の一覧が表示されます。 お好みに合った番号が見つかったら「購入」をクリックすると、それがアカウントに追加されます。

SMS機能対応の電話番号を選択します。

これでTwilioアカウントと、プログラム可能な電話番号の用意ができたので、コードを書き始める事ができます! さらに物事を簡単にするため、続いてPythonアプリケーション用のTwilio公式ヘルパーをインストールします。

バッチリです! セットアップ方法を教えてください。

すでに他のPythonクイックスタートを終えていて、PythonおよびTwilio Pythonヘルパーライブラリーがインストールされている場合は、このステップを読み飛ばしてすぐに最初のテキストメッセージを送信できます。

To send your first SMS, you’ll need to have Python and the Twilio Python helper library installed.

Pythonをインストールする

あなたがMacやLinuxマシン上にある場合、あなたはおそらくすでにPythonがインストールされています。 ターミナルを開いて下記のコマンドを入力することでこれを確認できます:

python --version

下記のように表示されます:

$ python --version
Python 3.4  # Python 2.7+ is okay too

Windows users can follow this excellent tutorial for installing Python on Windows, or follow the instructions from Python's documentation.

TwilioのPython SDKではPython 2およびPython 3の双方に対応しています。 このクイックスタートはいずれのバージョンでも進められますが、Python 2のみと互換性のある特定のライブラリーがプロジェクトで必要な場合を除き、Twilioを使用する今後のプロジェクトにはPython 3のご使用を推奨します。

Twilio Pythonヘルパーライブラリをインストールする

The easiest way to install the library is using pip, a package manager for Python that makes it easier to install the libraries you need. Simply run this in the terminal:

pip install twilio

If you get a pip: command not found error, you can also use easy_install by running this in your terminal:

easy_install twilio

If you'd prefer a manual installation, you can download the source code (ZIP) for twilio-python and then install the library by running:

python setup.py install

twilio-pythonライブラリが含まれるフォルダ中で実行します。

All set! Let's send a text message.

PythonでSMSを送信する

これでNode.jsとTwilio Pythonライブラリーがインストールできたので、今しがた購入したTwilio電話番号から、1回のAPIリクエストでSMSを送信できます。 send_sms.pyという名前のファイルを作成して開き、下記のコードサンプルを入力またはペースとします。

        
        
        
        
        このコードはMessageリソースの新規リソースを作成し、MessageリソースURIにHTTP POST リクエストを送信します。

        Twilioを使用してSMSを送信する

        このコードはMessageリソースの新規リソースを作成し、MessageリソースURIにHTTP POST リクエストを送信します。

        メッセージの送信前に、このファイルを少々編集する必要があります:

        プレースホルダーのクレデンシャル値を置き換える

        Swap the placeholder values for account_sid and auth_token with your personal Twilio credentials. Go to https://www.twilio.com/console and log in. On this page, you’ll find your unique Account SID and Auth Token, which you’ll need any time you send messages through the Twilio Client like this. You can reveal your auth token by clicking on the 'view' link:

        Reveal your Auth Token in the Twilio Console

        send_sms.pyを開き、account_sidおよびauth_tokenに対応する値をご使用のアカウントの一意な値に置き換えます。

        ご注意ください: 初めのうちは認証情報をハードコーディングしても構いませんが、本番環境にデプロイするにあたっては、環境変数を使用してこれらが漏洩しないようにしてください。 追加情報については、環境変数の設定方法を参照してください。

        from 電話番号を置き換える

        Remember that SMS-enabled phone number you bought just a few minutes ago? Go ahead and replace the existing from_ number with that one, making sure to use E.164 formatting:

        [+][country code][phone number including area code]

        to 電話番号を置き換える

        Replace the to phone number with your mobile phone number. This can be any phone number that can receive text messages, but it’s a good idea to test with your own phone so you can see the magic happen! As above, you should use E.164 formatting for this value.

        トライアルアカウントをご使用の場合、Twilioで検証済みの電話番号に送信先が制限されます。電話番号はTwilioコンソール内の検証済み発信者番号にて検証できます。 

        When you send an SMS from your free trial phone number, it will always begin with "Sent from a Twilio trial account." We remove this message after you upgrade.

        変更を保存し、ターミナルからこのスクリプトを実行します:

        python send_sms.py
        

        一丁上がり! ほどなくして、Twilio電話番号から携帯電話にSMSが受信されるはずです。

        米国かカナダに顧客がいますか? もう1行コードを追加すれば、そのお客様にMMSも送信可能です。 方法を確認するには、MMS送信のガイドを参照してください。

        メッセージを受信しました! 次は?

        Flaskをインストールし開発環境をセットアップする

        In order to receive and reply to incoming SMS messages, we'll need to create a very lightweight web application that can accept incoming requests. We'll use Flask for this Quickstart, but if you prefer to use Django, you can find instructions in this blog post.

        WindowsでFlaskをセットアップする手順については、こちらの便利なガイドをご参照ください。

        PipとVirtualenvをインストールする

        Flaskをインストールして開発環境をセットアップするには2つのツールが必要になります。 FlaskをインストールするためのPipと、本プロジェクト用の一意なサンドボックスを作成するためのvirtualenvです。 すでにこれらのツールがインストールされている場合は、このセクションを読み飛ばしてください。

        PipはPython 3.4以降に添付されているため、最新版のPythonを使用している場合は新規で何もインストールする必要はありません。 旧バージョンを使用している場合でも心配ご無用です。 pipはvirtualenvに含まれています。 では、virtualenvをインストールしましょう!

        Python 2.4をお使いの場合は、ターミナルから下記のコマンドを実行します:

        easy_install virtualenv
        

        Python 2.5〜2.7をお使いの場合は、ターミナルから下記のこアンドを実行し、バージョン番号を指定してください:

        easy_install-2.7 virtualenv
        

        対応するバージョンをお持ちの場合、2.7の部分を2.5または2.6に置き換えてください。

        virtualenvをPython 3.4以降にインストールするには:

        # If you get 'permission denied' errors try running "sudo python" instead of "python"
        pip install virtualenv
        

        本手順でエラーが発生した場合は、デバッグのコツをご参照ください。

        仮想環境を作成およびアクティブにする

        virtualenvのインストールが済んだら、ターミナルを使用して本クイックスタートのディレクトリーに移動して仮想環境を作成します:

        cd Documents/my_sms_quickstart_folder
        virtualenv --no-site-packages .
        

        ここで仮想環境をアクティブにします:

        source bin/activate
        

        ターミナルに目を移すとvirtualenvが実行中であることを確認できます: 上位フォルダーの名前が確認できルはずです。 下記のように表示されているかと思います:

        (sms_quickstart)USER:~ user$
        

        仮想環境を現在の既定以外のPythonバージョンを指すようにしたい場合や、virtualenvについてもっと知りたい場合は、以下を参照してください - this thorough guideについて参照

        依存関係をインストールする

        さて、Flaskのインストールの準備ができました。 requirements.txtという名前のファイルを作成し、その中に下記の行を追加します:

        Flask>=0.12
        twilio~=6.0.0
        

        続いて、ターミナルでpipを使用してこれらのパッケージを両方ともインストールします:

        bin/pip install -r requirements.txt
        

        はじめからテストをする

        まず、virtualenvがアクティブなことを確認します:

        cd Documents/my_sms_quickstart_folder
        source bin/activate     # On Windows, use .\bin\activate.bat
        

        続いて、run.pyという名前のファイルを作成して開き、下記の行を追加します:

        from flask import Flask
        app = Flask(__name__)
        
        @app.route("/sms")
        def hello():
            return "Hello World!"
        
        if __name__ == "__main__":
            app.run(debug=True)
        

        さぁ、実行してみましょう。 ターミナルで下記を入力します:

        python run.py
        

        下記のように表示されるはずです:

        * Running on http://127.0.0.1:5000/
        

        Navigate to http://localhost:5000/sms in your browser. You should see a "Hello World!" message. You’re ready to create your first Twilio messaging app!

        問題が発生したか旧バージョンのPython (3.4未満) でのセットアップ手順をお知りになりたい場合は、ローカルのPython開発環境のセットアップの完全なガイドを参照してください。

        I'm set up. Show me how to let Twilio reach my application!

        TwilioからFlaskアプリケーションに通信できるようにする

        ここまでで、メッセージを受信する小規模なFlaskアプリケーションを構築しました。 これが動作するには、アプリケーションがTwilioからアクセスできるようにしておくことが必要です。

        ほとんどのTwilioのサービスはWebhookを使用して皆さんのアプリケーションと通信を行います。たとえばTwilioがSMSを受信すると、メッセージの処理方法の指示を得ようと、皆さんのアプリケーションのURLにアクセスを行います。

        ご自身の開発環境でFlaskアプリケーションに取り組む際、アプリケーションは同一のコンピューター上の他のプログラム以外からアクセスできないため、Twilioと通信することができません。 アプリケーションをインターネット経由でアクセスできるようにして、この問題を解決することが必要です。

        While there are a lot of ways to do this, like deploying your application to Heroku or AWS, you'll probably want a less laborious way to test your Twilio application. For a lightweight way to make your app available on the internet, we recommend a tool called Ngrok. Once started, Ngrok provides a unique URL on the ngrok.io domain which forwards incoming requests to your local development environment.

        仕組みは以下のとおりです:

        Twilioがローカルサーバーにアクセスできるようにするために、ngrokがどのように役に立つのか

        まだNgrokを使用していない場合はダウンロードページにアクセスし、お使いのオペレーティングシステム用の適切なバイナリーをダウンロードしてください。 ダウンロードが済んだらパッケージを展開します。

        MacまたはLinuxをお使いの場合は、以上で作業はおしまいです。 Windowsをお使いの場合は、Windows上でngrokをインストールおよび構成するガイドに従ってください。 いくつかの素晴らしいヒントや裏技を含むngrokの追加情報については、こちらの詳しいブログ投稿(英語)をご参照ください。

        ダウンロードが済んだら、先の手順で作成したHello Worldアプリケーションを起動します。

        python run.py
        

        Your local application must be running locally for Ngrok to do its magic.

        Then open a new terminal tab or window and start Ngrok with this command:

        ./ngrok http 5000
        

        ローカルサーバーが異なるポート番号で実行されている場合は、5000を正しいポート番号に置き換えてください。

        下記のような出力がご覧いただけるでしょう。

        ngrokサーバーのターミナル出力

        Copy your public URL from this output and paste it into your browser, appending our /sms route to the ngrok URL. You should see your Flask application's "Hello, World!" message.

        サーバーは外部からアクセスできるようになりました。 メッセージの受信方法を教えてください!

        Flaskでメッセージの受信と返信を行う

        Twilio電話番号にSMSの受信があった場合、Twilioは皆さんのサーバーにHTTPリクエストを送信して、次に何を行うべきことの指示を問い合わせます。 リクエストを受信したら、TwilioにSMSで返信したり、音声通話を発信したり、データベースにSMSの詳細を保存したり、あるいはまったく別の何かをトリガーしたり……すべては皆さん次第です!

        For this Quickstart, we’ll have our Flask app reply to incoming SMS messages with a thank you to the sender. Open up run.py again and update the code to look like this code sample:

              
              
              
              
              電話番号にメッセージが着信すると、TwilioはあなたのサーバーにHTTPリクエストを送信します。 このコードは(TwiMLを使って)テキストメッセージにどうサーバーが返信すべきかを表しています。

              Twilio SMSを使用して受信メッセージに返信する

              電話番号にメッセージが着信すると、TwilioはあなたのサーバーにHTTPリクエストを送信します。 このコードは(TwiMLを使って)テキストメッセージにどうサーバーが返信すべきかを表しています。

              このファイルを保存し、アプリケーションを下記のコマンドで再起動します

              python run.py
              

              Double-check that Ngrok is still running on your localhost port. Now Twilio will be able to find your application - but first, we need to tell Twilio where to look.

              WebhookのURLを設定する

              Twilioにどこを参照して良いか知らせるため、メッセージの受信時にTwilio電話番号にWebhook URLを呼び出すよう構成することが必要です。

              1. jp.twilio.comにログインし、Console上の電話番号ページに移動します
              2. SMS機能対応の電話番号をクリックします。
              3. メッセージの送受信セクションを見つけます。 「構成内容」は、既定である「Webhook/TwiML」のままでかまいません。
              4. In the “A MESSAGE COMES IN” section, select "Webhook" and paste in the URL you want to use. Make sure to add the /sms route to the end of your ngrok URL here:

              SMS Webhookを構成する

              変更点を保存すれば、準備万端です!

              アプリケーションをテストする

              さぁ、お楽しみタイムです。 新しいFlaskアプリケーションをテストしましょう! localhostとNgrokサーバーが起動し実行されている必要があります。

              お使いの携帯電話からTwilio電話番号にテキストメッセージを送信します(日本から米国のTwilio番号にSMSを送信すると高額な送信量が携帯キャリアーによって課されるため、じゅうぶんご注意ください)。 ngrokコンソールでHTTPリクエストが確認できるはずです。 Flaskアプリケーションはテキストメッセージを処理して、SMSとして返信されてきます。

              It worked! All done - what's next?

              関連トピック

              これで、Pythonを使用したSMSとMMSのテキストメッセージ送受信の基本が身についたので、下記のリソースがお役にたつかもしれません。

              皆さまが何を開発されるのか、目にするのが待ちきれません!

              ヘルプが必要ですか?

              We all do sometimes; code is hard. Get help now from our support team, or lean on the wisdom of the crowd browsing the Twilio tag on Stack Overflow.