メニュー

Expand
Rate this page:

Thanks for rating this page!

We are always striving to improve our documentation quality, and your feedback is valuable to us. How could this documentation serve you better?

Twilio SMS Python クイックスタート

With just a few lines of code, your Python application can send and receive text messages with Twilio Programmable SMS.

This Python SMS Quickstart will teach you how to do this using our Communications REST API, the Twilio Python helper library, and Python’s Flask microframework to ease development. Prefer to use Django? Check out this blog post.

このクイックスタートでは、下記のことを学んでいきます:

  1. Twilioにサインアップして、SMS機能を持ったはじめてのTwilio電話番号を入手する
  2. メッセージを送受信できるように開発環境をセットアップする
  3. 最初のSMSを送信する
  4. テキストメッセージを受信する
  5. 受信メッセージに対してSMSで返信する

Prefer to get started by watching a video? Check out our Python SMS Quickstart video on Youtube.

Show me how it's done!

Already have a Twilio account? Go ahead and skip this section.

You can sign up for a free Twilio trial account here.

  • When you sign up, you'll be asked to verify your personal phone number. This helps Twilio verify your identity and also allows you to send test messages to your phone from your Twilio account while in trial mode.
  • Once you verify your number, you'll be asked to create a project. For the sake of this tutorial, you can click on the "Learn and Explore" template. Give your project a name, or just click "skip remaining steps" to continue with the default.
  • Once you get through the project creation flow, you'll arrive at your project dashboard in the Twilio Console. This is where you'll be able to access your Account SID an authentication token, find a Twilio phone number, and more.
I've got an account! What's next?

Install the Twilio CLI

We'll need to use the Twilio CLI (command line interface) for a few tasks, so let's install that next.

One of the easiest ways to install the CLI on Mac OS X is to use Homebrew. If you don't already have it installed, visit the Homebrew site for installation instructions and then return here.

Once Homebrew is installed, simply run the following command to install the CLI:

brew tap twilio/brew && brew install twilio

Updating

If you already installed the CLI with brew and want to upgrade to the latest version, run:

brew upgrade twilio

Before we can install, we need to make sure you have Node.js installed (version 8 or above). To see if you have node installed, try running this command:

node -v

If your system reports v8.0.0 or above, you can skip the next step.

Installing Node.js on Windows

Using the Windows Installer (.msi) is the recommended way to install Node.js on Windows. You can download the installer from the Node.js download page.

Installing Twilio CLI

The CLI is installed with npm (Node Package Manager), which comes with Node.js. To install the CLI run the following command:

npm install twilio-cli -g

Note the -g option is what installs the command globally so you can run it from anywhere in your system.

Updating

If you already installed the CLI with npm and want to upgrade to the latest version, run:

npm install twilio-cli@latest -g

Before we can install, we need to make sure you have Node.js installed (version 8 or above). Even if you already installed Node yourself, the CLI works best when you install it using nvm. Here's how to get nvm installed on most Linux systems:

curl -o- https://raw.githubusercontent.com/nvm-sh/nvm/v0.34.0/install.sh | bash

Please visit the nvm installation instructions for additional options and troubleshooting steps. Once you have nvm installed, run the following to install and use the most recent LTS release of Node.js:

nvm install --lts
nvm use <insert version reported from above>

Installing other Twilio CLI prerequisites for Linux

Depending on your distribution, you will need to run one of the following commands:

  • Debian/Ubuntu: sudo apt-get install libsecret-1-dev
  • Red Hat-based: sudo yum install libsecret-devel
  • Arch Linux: sudo pacman -S libsecret

Installing Twilio CLI

The CLI is installed with npm (Node Package Manager), which comes with Node.js. To install the CLI run the following command:

npm install twilio-cli -g

Note the -g option is what installs the command globally so you can run it from anywhere in your system.

Updating

If you already installed the CLI with npm and want to upgrade to the latest version, run:

npm install twilio-cli@latest -g

Run twilio login to get the Twilio CLI connected to your account. Visit https://www.twilio.com/console, and you’ll find your unique Account SID and Auth Token to provide to the CLI.

認証トークンは、目玉アイコンをクリックすると表示されます:

認証トークンを表示する

Now to get a phone number...

Get a phone number

If you don't currently own a Twilio phone number with SMS functionality, you'll need to purchase one. With the CLI, run:

twilio phone-numbers:buy:local --country-code US --sms-enabled

Replace US with your ISO-3166-1 country code if you would like a phone number in another country. If you aren't finding any SMS enabled numbers, try looking for a mobile number instead of a local number: twilio phone-numbers:buy:mobile --country-code DE --sms-enabled

Select a phone number to add it to your account.

Next, we need to install Python and the Twilio Python Helper Library.

バッチリです! セットアップ方法を教えてください。

すでに他のPythonクイックスタートを終えていて、PythonおよびTwilio Pythonヘルパーライブラリーがインストールされている場合は、このステップを読み飛ばしてすぐに最初のテキストメッセージを送信できます。

To send your first SMS, you’ll need to have Python and the Twilio Python helper library installed.

Pythonをインストールする

あなたがMacやLinuxマシン上にある場合、あなたはおそらくすでにPythonがインストールされています。 ターミナルを開いて下記のコマンドを入力することでこれを確認できます:

python --version

下記のように表示されます:

$ python --version
Python 3.4  # Python 2.7+ is okay too

Windows users can follow this excellent tutorial for installing Python on Windows, or follow the instructions from Python's documentation.

Twilio’s Python server-side SDK supports both Python 2 and Python 3. You can use either version for this quickstart, but we recommend using Python 3 for future projects with Twilio unless there are specific libraries your project needs which are only compatible with Python 2.

Install the Twilio Python Server-side SDK

The easiest way to install the library is using pip, a package manager for Python that makes it easier to install the libraries you need. Simply run this in the terminal:

pip install twilio

If you get a pip: command not found error, you can also use easy_install by running this in your terminal:

easy_install twilio

If you'd prefer a manual installation, you can download the source code (ZIP) for twilio-python and then install the library by running:

python setup.py install

in the folder containing the twilio-python server-side SDK library code.

All set! Let's send a text message.

PythonでSMSを送信する

これでNode.jsとTwilio Pythonライブラリーがインストールできたので、今しがた購入したTwilio電話番号から、1回のAPIリクエストでSMSを送信できます。 send_sms.pyという名前のファイルを作成して開き、下記のコードサンプルを入力またはペースとします。

        
        
        
        
        このコードはMessageリソースの新規リソースを作成し、MessageリソースURIにHTTP POST リクエストを送信します。

        Twilioを使用してSMSを送信する

        このコードはMessageリソースの新規リソースを作成し、MessageリソースURIにHTTP POST リクエストを送信します。

        メッセージの送信前に、このファイルを少々編集する必要があります:

        プレースホルダーのクレデンシャル値を置き換える

        Swap the placeholder values for account_sid and auth_token with your personal Twilio credentials. Go to https://www.twilio.com/console and log in. On this page, you’ll find your unique Account SID and Auth Token, which you’ll need any time you send messages through the Twilio Client like this. You can reveal your auth token by clicking on the 'view' link:

        Reveal your Auth Token in the Twilio Console

        send_sms.pyを開き、account_sidおよびauth_tokenに対応する値をご使用のアカウントの一意な値に置き換えます。

        ご注意ください: 初めのうちは認証情報をハードコーディングしても構いませんが、本番環境にデプロイするにあたっては、環境変数を使用してこれらが漏洩しないようにしてください。 追加情報については、環境変数の設定方法を参照してください。

        from 電話番号を置き換える

        Remember that SMS-enabled phone number you bought just a few minutes ago? Go ahead and replace the existing from_ number with that one, making sure to use E.164 formatting:

        [+][country code][phone number including area code]

        to 電話番号を置き換える

        Replace the to phone number with your mobile phone number. This can be any phone number that can receive text messages, but it’s a good idea to test with your own phone so you can see the magic happen! As above, you should use E.164 formatting for this value.

        トライアルアカウントをご使用の場合、Twilioで検証済みの電話番号に送信先が制限されます。電話番号はTwilioコンソール内の検証済み発信者番号にて検証できます。 

        When you send an SMS from your free trial phone number, it will always begin with "Sent from a Twilio trial account." We remove this message after you upgrade.

        変更を保存し、ターミナルからこのスクリプトを実行します:

        python send_sms.py
        

        一丁上がり! ほどなくして、Twilio電話番号から携帯電話にSMSが受信されるはずです。

        米国かカナダに顧客がいますか? もう1行コードを追加すれば、そのお客様にMMSも送信可能です。 方法を確認するには、MMS送信のガイドを参照してください。

        メッセージを受信しました! 次は?

        Receive and reply to inbound SMS messages with Python

        Twilio電話番号にSMSの受信があった場合、Twilioは皆さんのサーバーにHTTPリクエストを送信して、次に何を行うべきことの指示を問い合わせます。 このクイックスタートではSMS返信の送信方法についてのメモを添えて、送信者に対して返信を行います。

        In order to receive and reply to incoming SMS messages, we'll need to create a very lightweight web application that can accept incoming requests. We'll use Flask for this Quickstart, but if you prefer to use Django, you can find instructions in this blog post.

        WindowsでFlaskをセットアップする手順については、こちらの便利なガイドをご参照ください。

        PipとVirtualenvをインストールする

        Flaskをインストールして開発環境をセットアップするには2つのツールが必要になります。 FlaskをインストールするためのPipと、本プロジェクト用の一意なサンドボックスを作成するためのvirtualenvです。 すでにこれらのツールがインストールされている場合は、このセクションを読み飛ばしてください。

        PipはPython 3.4以降に添付されているため、最新版のPythonを使用している場合は新規で何もインストールする必要はありません。 旧バージョンを使用している場合でも心配ご無用です。 pipはvirtualenvに含まれています。 では、virtualenvをインストールしましょう!

        Python 2.4をお使いの場合は、ターミナルから下記のコマンドを実行します:

        easy_install virtualenv
        

        Python 2.5〜2.7をお使いの場合は、ターミナルから下記のこアンドを実行し、バージョン番号を指定してください:

        easy_install-2.7 virtualenv
        

        対応するバージョンをお持ちの場合、2.7の部分を2.5または2.6に置き換えてください。

        virtualenvをPython 3.4以降にインストールするには:

        # If you get 'permission denied' errors try running "sudo python" instead of "python"
        pip install virtualenv
        

        本手順でエラーが発生した場合は、デバッグのコツをご参照ください。

        仮想環境を作成およびアクティブにする

        virtualenvのインストールが済んだら、ターミナルを使用して本クイックスタートのディレクトリーに移動して仮想環境を作成します:

        cd Documents/my_sms_quickstart_folder
        virtualenv --no-site-packages .
        

        ここで仮想環境をアクティブにします:

        source bin/activate     # On Windows, use .\Scripts\activate.bat
        

        ターミナルに目を移すとvirtualenvが実行中であることを確認できます: 上位フォルダーの名前が確認できルはずです。 下記のように表示されているかと思います:

        (sms_quickstart)USER:~ user$
        

        仮想環境を現在の既定以外のPythonバージョンを指すようにしたい場合や、virtualenvについてもっと知りたい場合は、以下を参照してください - this thorough guideについて参照

        依存関係をインストールする

        さて、Flaskのインストールの準備ができました。 requirements.txtという名前のファイルを作成し、その中に下記の行を追加します:

        Flask>=0.12
        twilio~=6.0.0
        

        続いて、ターミナルでpipを使用してこれらのパッケージを両方ともインストールします:

        bin/pip install -r requirements.txt
        

        はじめからテストをする

        まず、virtualenvがアクティブなことを確認します:

        cd Documents/my_sms_quickstart_folder
        source bin/activate     # On Windows, use .\Scripts\activate.bat
        

        Then, create and open a file called run.py and add the code from this example:

              
              
              
              
              電話番号にメッセージが着信すると、TwilioはあなたのサーバーにHTTPリクエストを送信します。 このコードは(TwiMLを使って)テキストメッセージにどうサーバーが返信すべきかを表しています。

              Twilio SMSを使用して受信メッセージに返信する

              電話番号にメッセージが着信すると、TwilioはあなたのサーバーにHTTPリクエストを送信します。 このコードは(TwiMLを使って)テキストメッセージにどうサーバーが返信すべきかを表しています。

              さぁ、実行してみましょう。 ターミナルで下記を入力します:

              python run.py
              

              下記のように表示されるはずです:

              * Running on http://127.0.0.1:5000/
              

              Navigate to http://localhost:5000/sms in your browser. You should see an "Ahoy!" message. You’re ready to create your first Twilio messaging app!

              問題が発生したか旧バージョンのPython (3.4未満) でのセットアップ手順をお知りになりたい場合は、ローカルのPython開発環境のセットアップの完全なガイドを参照してください。

              I'm set up. Show me how to let Twilio reach my application!

              WebhookのURLを設定する

              Now, you need to configure your Twilio phone number to call your webhook URL whenever a new message comes in. Just run this CLI command, replacing the phone number with your Twilio phone number:

              twilio phone-numbers:update "+15017122661" --sms-url="http://localhost:5000/sms"
              

              The CLI will start an ngrok tunnel (so Twilio can reach your development machine) and wait patiently for incoming text messages!

              SMSを送信しアプリケーションをテストする

              これですべての設定が完了したので、いよいよテストしてみましょう。

              お使いの携帯電話からTwilio電話番号にテキストメッセージを送信します(日本から米国のTwilio番号にSMSを送信すると高額な送信量が携帯キャリアーによって課されるため、じゅうぶんご注意ください)。 ほどなくして、いくつかのことが起こるのを目撃することになるでしょう -

              1. Your Flask app will note a new connection
              2. TwilioはレスポンスをSMSとして転送します!
              It worked! All done - what's next?

              関連トピック

              これで、Pythonを使用したSMSとMMSのテキストメッセージ送受信の基本が身についたので、下記のリソースがお役にたつかもしれません。

              皆さまが何を開発されるのか、目にするのが待ちきれません!

              Rate this page:

              ヘルプが必要ですか?

              誰しもが一度は考える「コーディングって難しい」。そんな時は、お問い合わせフォームから質問してください。 または、Stack Overflow でTwilioタグのついた情報から欲しいものを探してみましょう。