メニュー

Rate this page:

Thanks for rating this page!

We are always striving to improve our documentation quality, and your feedback is valuable to us. How could this documentation serve you better?

Twilio Channels

公開ベータ

Twilio Channels are currently available as a Public Beta product. Some features are not yet implemented and others may be changed before the product is declared as Generally Available.

公開ベータ製品は、Twilioでのサポート対象外となります。

Channels is the collection of third-party integrations that let you send and receive messages on multiple channels with the Twilio APIs you already use. Using Channels with Twilio makes it easy to reach your customers on new platforms, such as Facebook Messenger, LINE, WhatsApp, and more.

Channel は Twilio Marketplace からご利用いただけます。リストの中から認証済みのチャネルを選び、ワンクリックでインストールするだけです。インストールすると、Twilio APIを介して他のコミュニケーションプラットフォームとメッセージのやりとりができるようになります。

サポート対象製品

Twilio Channels は現在、Programmable SMS と Notify に対応しています。ここをクリックして、各Channelをインストールするか、各Channelのデベロッパープレビューを要求してください。

Channels in Public Beta:
Facebook Messenger
LINE
WhatsApp

デベロッパープレビュー中のChannel:
RCS

サービス利用規約

Channels are provided and supported by Channel providers in the Twilio Marketplace. As a part of the Channel installation process, you will be required to accept the Channel provider’s Terms of Service. Note that the Channel is provided under the Partner’s Terms of Service & Privacy policy. Channel-specific documentation can be found inside the Console under the Channel's catalog page.

Channelのセットアップと設定

Channelのインストール

Channelを始めるのは簡単です。利用可能なChannelは、管理画面のChannelカタログにリストされています。利用を始めるには、Channelをクリックしてインストールします。すると、1つのChannelインスタンスが作られ、固有の識別子を使って設定し、Twilio製品と連携できるようになります。

WhatsApp Beta

To get started with the Twilio API for WhatsApp, see the API docs here.

Channelプロバイダの認証と設定

Channelを介してメッセージの送受信を行うためには、対向側の各アプリ側でアカウントをセットアップしなければなりません。ご自身の代わりにTwilioがメッセージの送受信を代行できるよう認証した上、各アプリへTwilio API経由でアクセスできるよう設定します。

Channelを有効にしたら、そのChannelインスタンスを各Channelプロバイダに認証させます。Chanelインスタンスは同時に、そのChannel内で各Channelが指定するエンドポイント(例: Facebookページ)にリンクされます。どのような方式を取るかはChannelごとに異なります。管理画面から各Channelのドキュメントを参照してください。

Channelが認証されたら、Twilio APIから動かせるよう設定します。

設定パラメータ 概要
Channel address 対向のChannelエンドポイントに対する固有の識別子。Channel address は channel-provider:identifier の形を取ります。例えば、Facebook Channel の Channel address は messenger:<page id> です。これはユーザーが編集できません。
Callback URL メッセージが届くたびにTwilioがPOSTを投げる先のURL。Twilioが送ってくるリクエストの形式はSMS受信のTwiMLリクエストと同じです。絶対パスURLで指定する場合は、有効なホスト名が含まれていなければなりません(アンダーバーは利用不可)
Callback Method Callback URL を送るメソッドの指定。GET or POST.
Fallback URL Callback URLの先からエラーが返った場合に、TwilioがPOSTを送る先のURL。
Fallback Method Fallback URL を送るメソッドの指定。GET or POST.
Status Callback URL A URL where Twilio will POST each time your outbound message status changes to one of the following: failed, sent. Twilio will POST the standard TwiML request parameters as well as standard Status parameters : MessageStatus and ErrorCode.
Non-relative URLs must contain a valid hostname (underscores are not allowed).
StatusCallbackMethod Status Callback を送るメソッドの指定。GET or POST.

Channel で複数のインスタンスを作る

1つのChannel に対して複数のインスタンスを作ることができます。これにより、みなさんのアプリケーションが異なる複数のChannelのエンドポイントへ接続できるようになります。例えば以下は、Facebook Channelを使ってそれぞれのFacebookページの連携を作り、各Facebookページからのメッセージが送受信できるようにしたものです。

Channel を利用する

Channel経由でメッセージを送受信するには、Twilio API製品群を利用できます。必要なのは、Channel をインストールしたときに設定した Channel address を参照することです。

Channel を設定したら、どのTwilio製品でChannelを使うか、各プロダクトの「Use In」チェックボックスを選択します。

Channel Addresses

Channel は、各Channel を固有に識別するためのアドレスを持ちます。下表は、Twilio APIを使うとき各Channelがどのようにユーザーを識別するかまとめたものです。エンドポイントとアドレスについての詳細は、管理画面の Channel より、各Channelのドキュメントを参照してください。

Channel エンドユーザーに見えるChannel endpoint Channel endpoint address Channel user address 注釈
Facebook Messenger Facebook Page messenger:{page-id} messenger:{messenger id} または messenger:{e164 formatted phone number} Messanger ID と Facebook ID は別物です。FacebookページとMessangerユーザーの間で固有になる識別子です。この値は、Facebookメッセンジャーユーザーがメッセージを送信して初めて取得できます。
電話番号経由でメッセンジャーユーザーをアドレスするには、Facebook側でこの機能を有効化してある必要があります。
RCS Business Identity rcs:{channel-install-sid} rcs:{e164 formatted phone number}
LINE Business Identity line:{line-channel-id} line:{line-channel-id} line-channel-id は userName とは別物です。外部サービス側でユーザーを一意に識別するのに必要です。

WhatsApp Beta

See the table below for the addressing scheme for WhatsApp:

Channel エンドユーザーに見えるChannel endpoint Channel endpoint address Channel user address 注釈
WhatsApp Business phone number whatsapp:{e164 formatted phone number} whatsapp:{user's e164 formatted phone number} See here to get started with WhatsApp..

Programmable SMS

Programmable SMS で Channel を使うには「Use In: Programmable SMS Inbound」のチェックボックスをONにします。

メッセージの送信

Programmable SMS APIを使ったChannelによるメッセージの送信についての詳細は、ドキュメント REST API: SMS/MMSの送信または REST API: メッセージを参照してください。

以下は、Programmable SMS を使ってFacebookメッセンジャーへメッセージを送信する例です:

curl -X "POST" \
--data-urlencode 'To=messenger:{Messenger User ID}' \
--data-urlencode 'From=messenger:{Facebook Page ID}' \
--data-urlencode 'Body=Would you like to play a game?' \
-u {Account Sid}:{Auth Token} \
https://api.twilio.com/2010-04-01/Accounts/{AccountSID}/Messages.json

メッセージの受信

Programmable SMSをサポートするChannel でメッセージを受信するには、Channel をインストールしてから設定セクション内の Callback URL を指定します。このURLで、SMS受信TwiMLのコールバックと同じ形式のコールバックを受け取ります。

メッセージのオプトイン・オプトアプト・ユーザー側の選択

SMSアプリケーションでユーザーのオプトインが課されるように、OTTプラットフォームでは自身のユーザーのオプトイン管理が必須となります。ご自身のアプリケーションのユーザーが、各Channel からメッセージによるコンタクトを行うことを明確に承諾できるような仕組みを用意しなければなりません。例えば、「テキストメッセージを送る行為」についてオプトインしていた場合でも、これが同時に「メッセンジャー経由でその人にコンタクトを取る行為」を許可したことにはなりません。

同様に、各プラットフォームは、そのユーザーへオプトアウトする意思を尊重する形を取らなければなりません。各プラットフォームごとにそれぞれのオプトアウト手法を持ちますが、Twilioはこれを可能な限り標準化します。例えば、ユーザーがオプトアウトするためにSMS経由で STOP を送る、ないしは、OTTチャネルの中でこのアプリケーションをブロックするといったものです。ユーザーがあるコミュニケーションチャネルからオプトアウトする場合、必ずしも、全てのチャネルからオプトアウトしなければならない、というわけではないのです。これらのオプトアウト方式は、各チャネル固有に設けることができます。

Rate this page:

ヘルプが必要ですか?

We all do sometimes; code is hard. Get help now from our support team, or lean on the wisdom of the crowd browsing the Twilio tag on Stack Overflow.