SMS API: テキストを送受信、そして返信する

TwilioのSMS APIを使用すると、開発者のアプリケーションに双方向のテキストメッセージング機能を簡単に追加できます。 アポイントリマインダー、テキストメッセージの会話の捕捉、そしてSMSマーケティング機能であれ、あるいは誰も耳にしたことのないような新しいものであれ、Twilioでは役立つチュートリアル、サンプルアプリケーション、完全なリファレンスドキュメントをご用意しています。

メッセージを送信したりエンドユーザーからの着信テキストメッセージに返信したりすることで、アプリケーションはエンドユーザーが望むインタラクティブ性を提供できます。 いずれの方法でもガイド、手順、そしてその他のドキュメントや記事、また高次のユースケースを集めました。

TwilioとSMSについての追加情報をご希望ですか? Programmable SMS概要をご参照ください。  

テキストメッセージを送受信、また返信する

6種類の一般的なWebプログラミング言語については、アプリケーションからSMSの送受信機能を統合するにはTwilioのヘルパーライブラリーを使用するのがもっとも簡単な方法です。 これらの言語用のクイックスタートで、わずか数分でチカチカと点滅するカーソルから電話の着信 (またはテキストの返信) までを手引きします。

SMS APIでSMSを送信する

SMS APIを使用すると、HTTPリクエストを送信できるあらゆるプログラミング言語でSMSを送信できます。 下記のコードサンプルの大半は一方通行のSMS (送信) を取り上げていますが、開発者のアプリケーションでエンドポイントを公開すれば、TwilioからのWebhookを使用してメッセージを受信 (そしてそれに返信) することができます。

使用したい言語が見つかりませんか? Twilioのcurlコードのスニペットの慣習に倣うと、API呼び出しをお使いのプログラミング言語向けに「翻訳」できるでしょう。

コードサンプルを読み込んでいます...
Language
レスポンス形式:
  • JSON
形式:
  • JSON
  • XML
curl -X POST https://api.twilio.com/2010-04-01/Accounts/ACXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX/Messages.json \
--data-urlencode "Body=This is the ship that made the Kessel Run in fourteen parsecs?" \
--data-urlencode "From=+15017122661" \
--data-urlencode "To=+15558675310" \
-u ACXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX:your_auth_token
{
  "account_sid": "ACXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX",
  "api_version": "2010-04-01",
  "body": "This is the ship that made the Kessel Run in fourteen parsecs?",
  "date_created": "Thu, 30 Jul 2015 20:12:31 +0000",
  "date_sent": "Thu, 30 Jul 2015 20:12:33 +0000",
  "date_updated": "Thu, 30 Jul 2015 20:12:33 +0000",
  "direction": "outbound-api",
  "error_code": null,
  "error_message": null,
  "from": "+15017122661",
  "messaging_service_sid": "MGXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX",
  "num_media": "0",
  "num_segments": "1",
  "price": "-0.00750",
  "price_unit": "USD",
  "sid": "MMXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX",
  "status": "sent",
  "subresource_uris": {
    "media": "/2010-04-01/Accounts/ACXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX/Messages/SMXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX/Media.json"
  },
  "to": "+15558675310",
  "uri": "/2010-04-01/Accounts/ACXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX/Messages/SMXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX.json"
}
<?xml version='1.0' encoding='UTF-8'?>
<TwilioResponse>
<Message>
  <Sid>MMc781610ec0b3400c9e0cab8e757da937</Sid>
  <DateCreated>Mon, 19 Oct 2015 07:09:09 +0000</DateCreated>
  <DateUpdated>Mon, 19 Oct 2015 07:09:09 +0000</DateUpdated>
  <DateSent/>
  <AccountSid>ACXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX</AccountSid>
  <To>+15558675310</To>
  <From>+15017122661</From>
  <Body>This is the ship that made the Kessel Run in fourteen parsecs?</Body>
  <Status>queued</Status>
  <NumSegments>1</NumSegments>
  <NumMedia>0</NumMedia>
  <Direction>outbound-api</Direction>
  <ApiVersion>2010-04-01</ApiVersion>
  <Price/>
  <PriceUnit>USD</PriceUnit>
  <ErrorCode/>
  <ErrorMessage/>
  <Uri>/2010-04-01/Accounts/ACXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX/Messages/MMf1150fe5baf04104a39c3f311a053e4e.xml</Uri>
  <SubresourceUris/>
</Message>
</TwilioResponse>
プログラマブルSMS APIを使用してSMSを送信する

コマンドラインからSMSまたはMMSを送信する

お使いのシェルから直接SMS APIをお試しになりたいですか? POSIX準拠のOS、cURL、およびコマンドラインをお使いの場合についてご案内します。 TwilioのAPIリファレンスドキュメントにはcURLコマンドが含まれており、またいくつかのシェル向けに特別に執筆されたガイドを提供しています。

Twilio SMS APIの高度な応用

Many applications built on our SMS API go beyond simply sending or receiving SMS. Whether you'd like to add appointment reminders, ETA notifications, lead alerts, automated surveys, text message marketing, or something else to your application we have short tutorials and sample applications for you to try.

APIを超えて規模拡大および移行する

Twilio has a number of products and messaging features which help you scale your application or assist you in building out more advanced functionality. Masking people in an SMS conversation, geo-matching SMS reply numbers, sending 2FA codes, and even building SMS communication flows in a visual editor are all possible.

  • Twilio Studio - ドラッグ&ドロップエディターでSMSおよびMMSコミュニケーションを構築する
  • Twilio Proxy - テキストメッセージング、音声通話、および他のチャンネル向けの匿名コミュニケーション
  • Twilio Copilot - 地理的所在地に電話番号をマッチさせる、複数の電話番号に渡って送信メッセージを分散させる、など
  • Twilio Verify - ensure that a user has a device in their presence with APIs for sending and validating tokens via SMS and voice
  • Twilio Authy - add two-factor authentication or passwordless login with one time passwords or push authentication

SMS APIの統合に役立てる

Twilio's SMS API is a flexible building block which can take you from sending your first text message all the way to sending and receiving millions (or more!) SMS and MMS. While we hope this page gives a good overview of what you can do with the API, we're only just scratching the surface: see, for example, our shortcode capabilities and our debugging tools.

SMS APIの統合についてヘルプが必要な場合、あるいはベストプラクティスについてお知りになりたい場合は、お気軽にお問い合わせください。 このページの安慶とからフィードバックをお送りいただくこともできますし、株式会社KDDIウェブコミュニケーションズの営業およびサポート窓口までお気軽にお問い合わせください。

TwilioのAPIで皆さんが構築するものを目にするのが待ちきれません。 そしてまた、開発者の皆さんのビジョンを実現するお手伝いすることがこの上ない喜びです。

 

ヘルプが必要ですか?

誰しもが一度は考える「コーディングって難しい」。そんな時は、お問い合わせフォームから質問してください。 または、Stack Overflow でTwilioタグのついた情報から欲しいものを探してみましょう。

コードサンプルを読み込んでいます...
レスポンス形式:
  • JSON
形式:
  • JSON
  • XML
curl -X POST https://api.twilio.com/2010-04-01/Accounts/ACXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX/Messages.json \
--data-urlencode "Body=This is the ship that made the Kessel Run in fourteen parsecs?" \
--data-urlencode "From=+15017122661" \
--data-urlencode "To=+15558675310" \
-u ACXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX:your_auth_token
{
  "account_sid": "ACXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX",
  "api_version": "2010-04-01",
  "body": "This is the ship that made the Kessel Run in fourteen parsecs?",
  "date_created": "Thu, 30 Jul 2015 20:12:31 +0000",
  "date_sent": "Thu, 30 Jul 2015 20:12:33 +0000",
  "date_updated": "Thu, 30 Jul 2015 20:12:33 +0000",
  "direction": "outbound-api",
  "error_code": null,
  "error_message": null,
  "from": "+15017122661",
  "messaging_service_sid": "MGXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX",
  "num_media": "0",
  "num_segments": "1",
  "price": "-0.00750",
  "price_unit": "USD",
  "sid": "MMXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX",
  "status": "sent",
  "subresource_uris": {
    "media": "/2010-04-01/Accounts/ACXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX/Messages/SMXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX/Media.json"
  },
  "to": "+15558675310",
  "uri": "/2010-04-01/Accounts/ACXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX/Messages/SMXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX.json"
}
<?xml version='1.0' encoding='UTF-8'?>
<TwilioResponse>
<Message>
  <Sid>MMc781610ec0b3400c9e0cab8e757da937</Sid>
  <DateCreated>Mon, 19 Oct 2015 07:09:09 +0000</DateCreated>
  <DateUpdated>Mon, 19 Oct 2015 07:09:09 +0000</DateUpdated>
  <DateSent/>
  <AccountSid>ACXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX</AccountSid>
  <To>+15558675310</To>
  <From>+15017122661</From>
  <Body>This is the ship that made the Kessel Run in fourteen parsecs?</Body>
  <Status>queued</Status>
  <NumSegments>1</NumSegments>
  <NumMedia>0</NumMedia>
  <Direction>outbound-api</Direction>
  <ApiVersion>2010-04-01</ApiVersion>
  <Price/>
  <PriceUnit>USD</PriceUnit>
  <ErrorCode/>
  <ErrorMessage/>
  <Uri>/2010-04-01/Accounts/ACXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX/Messages/MMf1150fe5baf04104a39c3f311a053e4e.xml</Uri>
  <SubresourceUris/>
</Message>
</TwilioResponse>