Android SDK

TwilioのProgrammable Voice SDKには、ブラウザーベースのWebアプリケーションおよびネイティブのモバイル・アプリケーション用のクライアント側のSDKが含まれています。

システム要件

サポートするデバイスとエミュレーター

Programmable Voice Android SDKは armeabi-v7aarm64-v8ax86、およびx86_64の各アーキテクチャー、またこれらのアーキテクチャーのエミュレーター・イメージをサポートしています。

サポートするAPIレベル

本SDKは、Android API Level 16 (Jelly Bean) 以降をサポートしています。

開発者ツール

関連するクイックスタート・プロジェクトをビルドするには、APIレベル24向けのSDKプラットフォームのインストールされたAndroid Studio、およびサポートされるライブラリーが必要になります。

SDKのインストール

最新のProgrammable Voice Android SDKをインストールするには、以下の構成を build.gradle ファイルに追加してください:

allprojects {
  repositories {
     jcenter()
  }
}

dependencies {
  // The Voice SDK resides on jCenter
  compile 'com.twilio:voice-android:2.0.1'
}

マイクの許可を有効にする

Android API レベル 23 以降を対象にするためには、使用しているアプリケーションがマイクへアクセスするためのランタイムパーミッションを確実にリクエストする必要があります。そのためには、次の 2 つの手順を実行します。

まず、Android マニフェストファイルに以下を追加します。

 <uses-permission android:name="android.permission.RECORD_AUDIO"/>

次に、アプリケーションコードでマイクパーミッションをリクエストします。

ActivityCompat.requestPermissions(this,
    new String[]{Manifest.permission.RECORD_AUDIO}, MIC_PERMISSION_REQUEST_CODE);
}

詳細については、公式の Android ドキュメントを参照してください。

ProGuard例外のセットアップ

proguard-project.txt ファイルに以下の行を追加します。

# Twilio Programmable Voice
-keep class com.twilio.** { *; }

これで、Programmable VoiceライブラリーがProGuardによって削除されないことが保証されます。

ヘルプが必要ですか?

誰しもが一度は考える「コーディングって難しい」。そんな時は、お問い合わせフォームから質問してください。 または、Stack Overflow でTwilioタグのついた情報から欲しいものを探してみましょう。