メニュー

Expand
Rate this page:

Thanks for rating this page!

We are always striving to improve our documentation quality, and your feedback is valuable to us. How could this documentation serve you better?

Voice Insights SDK Events Reference

Voice Insights enables you to see key events that occur in the lifecycle of a Twilio Client call. The event log provides events on any state change transitions that occur during a call, warnings seen on deteriorating network quality or audio equipment malfunction, and the events raised when the feedback submitted by the end user. Event log also contains errors seen on connection failures. Connection errors occur when the Twilio SDK fails to connect with Twilio servers. These failures can occur because of severe network degradation or due to a firewall.

イベント・リファレンスでは通話のライフサイクルについて把握できるようにするための各イベントについて触れています。

警告イベント

下記のイベントはVoice Insightsシステムに記録され、twilio.js ライブラリー内で warning イベントとして発生します。

ネットワークの警告

The following events are raised when Twilio SDKs detect deteriorating network conditions. These events belong to the network-quality-warning-raised group.

#warning イベントをリスニングすることで、これらのイベントに対するハンドラーを実装でき、エンドユーザーが問題に気づけるように視覚的なインジケーターを表示できます。

EventName イベントレベル 発生条件 概要
high-rtt Warning 最新の5サンプル中3サンプルについて、ラウンド・トリップ・タイム(RTT = Round Trip Time)が400ミリ秒を上回った場合 ラウンド・トリップ・タイム(RTT = Round Trip Time)はネットワーク中のレイテンシー(遅延)の目安です。 高レイテンシーは耳で聴こえるくらいの遅延となって現れます。
low-mos Warning 最新の5サンプル中3サンプルについて、平均オピニオン評点 (MOS = Mean Opinion Score) が3.5を下回った場合 平均オピニオン評点 (MOS = Mean Opinion Score) は通話品質に影響する全般的なネットワーク状態の目安です。
high-jitter Warning 最新の5サンプル中3サンプルについて、ジッターが30ミリ病を上回った場合 ジッターはエンドポイントに到達するパケットにおける揺らぎの目安です。 高ジッターは雑音や途切れなどといった通話におけるオーディオ品質の問題となって現れます。
high-packet-loss Warning 最新の5サンプル中3サンプルについて、1%を上回るパケットロスが発生した場合 パケットロスは、送信されたもののエンドポイント側で受信されなかったパケットのパーセンテージとして表されます。 高パケットロスは、音声の途切れや通話の切断となって現れます。

When Twilio SDKs detect that network conditions are back to normal, these warnings are cleared. The warning-cleared events belong to the network-quality-warning-cleared group.

EventName イベントレベル 発生条件
high-rtt info 最新の5サンプル中3サンプルについて、ラウンド・トリップ・タイム(RTT = Round Trip Time)が400ミリ秒を下回った場合
low-mos info 最新の5サンプル中3サンプルについて、平均オピニオン評点 (MOS = Mean Opinion Score) が3.5を上回った場合
high-jitter info 最新の5サンプル中3サンプルについて、ジッターが30ミリ病を下回った場合
high-packet-loss info 最新の5サンプル中3サンプルについて、パケットロスが1%を下回った場合

音量イベント

The following events are raised whenever Twilio SDKs detect that the audio level has stayed constant for an unexpected duration. As the participants interact on the call, audio levels vary. Although these events could indicate a problem, constant audio levels could occur when one of the participants has muted their microphone using a hardware mute.

これらのイベントの発生がかなりの時間続いた場合、ユーザーのマイクが誤ってミュートされていないか確認を促す用途に、この機能は役に立つかもしれません。

#warning イベントをリスニングすることで、これらのイベントに対するハンドラーを実装でき、エンドユーザーが問題に気づけるように視覚的なインジケーターを表示できます。

下記の警告イベントは audio-level-warning-raised グループに属します。 これらはイベント・エミッターを通じて、SDKによってもエミットされます。

EventName イベントレベル 発生条件
constant-audio-input-level Warning オーディオ入力レベルが20秒間変化しなかった場合

これらの警告レベルのイベントは音量変化によって解除されます。 これらは audio-level-warning-cleared グループに属します。

EventName イベントレベル 発生条件
constant-audio-input-level info Raised when audio input level starts varying again after a warning was raised

その他のイベント

The following events are logged to the Voice Insights system, but are not raised as warning events in the Twilio SDKs.

ICE-Connection-State イベント

下記のイベントはice-connection-state グループに属します。 これらは下記で説明されている標準の RTCPeerConnection.iceConnection 状態となります。ICEイベントについてのさらなる詳細については、こちらをご参照ください。

EventName イベントレベル 概要
checking debug ICEエージェントに1つ以上のリモート候補が与えられ、互換性の一致を見つけようとローカルおよびリモート候補の組を相互に確認していますが、まだ組が見つかっていません。 候補の収集が依然として進行中である可能性があります。
connected debug ローカルおよびリモートの候補に使用できるペアリングが接続のすべてのコンポーネントにおいて見つかり、接続が確立されました。 収集は依然として進行中の可能性があり、またICEエージェントは依然として使用できるより良い他の接続の候補を探している可能性があります。
closed debug このRTCPeerConnection用のICEエージェントはシャットダウンし、もうリクエストを処理することができません。
completed debug ICEエージェントは候補の収集を終え、すべての組み合わせについてチェックを行い、すべてのコンポーネントにおいて接続が見つかりました。
disconnected debug RTCPeerConnectionの最低1つのコンポーネントについて、まだ接続が成功していないことを示します。 これは failed よりもより緩いテストで、信頼性の低いネットワーク、あるいは一時的なネットワークの切断時のそれのように断続的にトリガーされ、また自然に復帰することがあります。 問題が解決すると、接続は connected 状態に戻ることがあります。
failed ERROR ICE候補がすべての候補の組み合わせで確認され、接続のすべてのコンポーネントにおいて互換性のある一致の検索に失敗しました。 これはしかし、ICEエージェントがいくつかのコンポーネントについては互換性のある接続を見つけた可能性があります。

シグナリング状態イベント

下記のイベントは signaling-state グループに属します。 これらは、下記で述べるような標準の RTCPeerConnection.signalingState イベントです。

EventName イベントレベル 概要
stable debug 進行中のオファーの交換がなく、応答は進行中です。 RTCPeerConnectionオブジェクトが新しく、localDescriptionおよびremoteDescriptionがnullの可能性があります; これはネゴシエーションが完了し、接続が確立されたことを意味する可能性もあります。 
closed debug コネクションが閉じられました。
have-remote-offer debug リモート・ピアがオファーを作成し、シグナリング・サーバーを使用してRTCPeerConnection.setRemoteDescription()を呼ぶことでリモート・デスクリプションとしてオファーを設定したローカル・ピアに対してそれを送り届けます。
have-local-offer debug ローカル・ピアはRTCPeerConnection.setLocalDescription()を呼び、オファー(通常はRTCPeerConnection.createOffer()を呼ぶことで作成されます)を表すSDPを渡すと、そのオファーの適用が成功します。

シグナリング・イベントについての詳細は、こちらでご確認ください。

接続イベント

下記のイベントは connection グループに属します。 これらは接続状態を示すキー・イベントのログです。

EventName イベントレベル 概要
disconnected-by-local info The connection was disconnected by the local participant.
incoming info Twilioクライアントは着信接続を受信しました。
accepted-by-local info クライアントAppによって接続が受理されました。
accepted-by-remote info 接続が、電話の着信したリモートの参加者で受理されました。
disconnected-by-remote info リモートの参加者が切断しました。
ignored-by-local info 着信接続がクライアントによって無視されました。
unmuted info 接続がミュート解除されました。
muted info 接続がミュートされました。
rejected-by-local info 着信接続がローカルの参加者によって拒否されました。
error ERROR 接続エラーが発生しました。 低品質なネットワーク接続やセットアップのミスがエラーの原因となった可能性があります。

ユーザー・メディア・イベント

下記のイベントは get-user-media グループに属します。 これらのイベントは、twilio.jsがユーザーのオーディオ・マイクにアクセスできたかどうかを示しています。

EventName イベントレベル 概要
succeeded info Twilioクライアントはユーザーのメディア・デバイスに正常にアクセスできました。 これは、接続を確立するための特権です。
failed ERROR Twilioクライアントはユーザーのメディア・デバイスのアクセスに失敗しました。 このイベントは、ユーザーのデバイス上のその他のエラーによってマイクがアクセスできなかった場合に記録されます。
denied ERROR ユーザーがマイク/スピーカーへのアクセス許可を拒否し、結果接続を確立できませんでした。

フィードバック・イベント

Twilio.jsは postFeedback APIを通じて、ユーザーに個々の通話についての品質評価をしてもらうことができます。 フィードバックが送信されると、Voice Insightsダッシュボードから結果を視覚化、分析できるようになります。

フィードバック・イベントは 右記のグループに属します: feedback

EventName イベントレベル 概要
received info このイベントはpostFeedbackAPIを使用してTwilioにフィードバックを投稿した際に記録されます。 イベントにはユーザーによってつけられた事象名 (issue-name) および 品質スコア (quality-score) を含みます。
received-none info このイベントはパラメーターを伴わずにpostFeedback APIを呼び出した場合に記録されます。 このイベントは、ユーザーにフィードバックを促したもののユーザーによってフィードバックの送信が辞退された場合に使用されます。
Rate this page:

ヘルプが必要ですか?

誰しもが一度は考える「コーディングって難しい」。そんな時は、お問い合わせフォームから質問してください。 または、Stack Overflow でTwilioタグのついた情報から欲しいものを探してみましょう。