You are viewing the Japanese site, but your language preference is set to English. Switch to English site →

Menu

Expand
このページを評価:

Functions

Twilio Functionsは、本番レベルのイベント駆動型Twilioアプリケーションを、短時間で作成することを支援するサーバーレス環境です。ビジネスの規模に応じて拡張できます。

主な機能

  • デフォルトでのセキュリティ対応 - 初めからTwilioリクエストだけがコードを実行できるようにします
  • サーバーレス - 運用上の負荷を軽減し、インフラストラクチャの保守を不要にします
  • 自動拡張 - アプリケーションごとの要件に合わせ、自動的に容量を追加します
  • Twilioとネイティブ連携 - TwilioコンソールのファーストクラスメンバーとしてFunctionsを使用します(事前に初期設定済みのTwilio RESTヘルパーライブラリーが組み込まれています)
  • 使いやすさ - Node 14対応の環境で作業できます

効果

Functions overview diagram

Twilio Functionsを利用すると、TwiMLやHTTPベースの応答を処理するためにホスティングサービスを見つけることや、サーバーを立ち上げる必要がなくなります。Functionsにより、Webインフラストラクチャを保守、拡張する必要もなくなります。Twilioにより、すべてがシームレスに管理され、ユースケースに応じて拡張されます。

一般的なユースケースとしては、音声通話の操作、モバイルSDKのトークン処理、受信したSMSのようなイベントに対するTwilio REST APIの呼び出しなどがあります。

サーバーレスでTwilio Functionsの使用を開始する

Twilio FunctionsとAssets Editorでは、Functions(関数)、Assets(アセット)、Dependencies(依存関係)、Environment Variables(環境変数)、Debugging(デバッグ情報)を同一ウィンドウにまとめて表示できます。Assetsをアップロードし作成できます。すべてのFunctionsにアクセスし、複数のタブで同時に編集できます。

Functions Console UI

Twilio FunctionsとAssetsを使用したアプリケーション開発用に、コードサンプルをまとめました。

次のステップ

ここまで、Functionsを使用してできることの概要について説明しました。次は、それがどのように機能するかを理解することが重要です。リクエストが関数に送信される仕組みは特に重要です。

そうしたことを省略し、関数からのメリットと利便性を、自由に直接得たいと望まれることは理解できます。

このページを評価:

サポートが必要ですか?

コーディングに関するご質問、ご不明点等ございましたら、お問い合わせからご連絡いただくか、TwilioのStack Overflow Collectiveにアクセスいただくか、Stack OverflowサイトでTwilioタグを検索してください。

        
        
        

        フィードバックいただき、ありがとうございました。

        フィードバックいただいた理由を選択してください。その他、ご意見をいただければ、今後のドキュメントの改善に役立てさせていただきます。

        フィードバックを送信中...
        🎉 フィードバックいただき、ありがとうございました。
        何らかの問題が発生しました。もう一度試してください。

        フィードバックいただき、ありがとうございました。

        Twilioを紹介して$10ゲットしてください。次の3ステップです。

        ステップ1

        リンクの取得

        無料の個人用紹介リンクをこちらから取得してください

        ステップ2

        $10受け取るには

        あなたの顧客がサインアップし、リンクからアップグレードすると、プレゼントします

        ステップ3

        $10ゲット

        1,250通の無料SMS
        または、1,000分の無料音声通話
        または、12,000チャット
        そのほか