メニュー

Rate this page:

Thanks for rating this page!

We are always striving to improve our documentation quality, and your feedback is valuable to us. How could this documentation serve you better?

2.x Changelog

2.0.7 (September 7, 2018)

バグ修正

  • [CLIENT-5086] Fixed an issue where registration and unregistration success and failure events were not recorded in Twilio backend.

2.0.6 (August 15, 2018)

Enhancements - The libboringssl.a library is now separated and shipped alongside the static library libTwilioVoice.a. Add -lboringssl in the Other Linker Flags to link the SDK properly.

バグ修正

  • [CLIENT-4971] The call delegate call:didDisconnectWithError: of the caller should be called with nil error instead of call:didFailToConnectWithError: when the TVOCallInvite is rejected with answerOnBridge enabled.

2.0.5 (August 3, 2018)

バグ修正

  • [CLIENT-4611] Fixed an issue where early hangup did not disconnect the call if answerOnBridge is enabled.

2.0.4 (2018年3月26日)

バグ修正

  • [CLIENT-4426] AppleのResponding to Interruptionsガイドで推奨されているように、SDKが AVAudioSessionInterruptionOptionShouldResume フラグを無視し、割り込み終了時に自動的に通話のオーディオを復帰させるようにしました。

2.0.3 (2018年3月13日)

バグ修正

  • [CLIENT-4336] オーディオ割り込み後に通話のオーディオが復帰しない不具合が修正されました。 (voice-quickstart-swift #116)

2.0.2 (2018年2月27日)

改善点

  • API の変更:
    • TwilioVoice.h がアンブレラヘッダーとなり、すべてのSDKヘッダーが含まれるようになりました。

2.0.1 (2018年1月12日)

バグ修正

  • [CLIENT-4268] リリースビルドでデバッグアサーションが削除されました。 #94
  • [CLIENT-4285] TwilioVoice.audioEnabledYES に設定されている場合、リトライによりオーディオデバイスを最大5回有効になります。

2.0.0 (2017年12月15日)


2.0.0-beta22 (2017年12月13日)

改善点

  • API の変更:
    • TwilioVoice.startAudio() および TwilioVoice.stopAudio() は削除され、TwilioVoice.audioEnabled という名前の新規プロパティーに取って代わられました。 このプロパティーは通話に開始に先立つオーディオデバイスをアクティブ化をオンまたはオフにする、または通話がすでに進行中の間にオーディオデバイスを停止または開始するためのメカニズムを開発者に提供します。 CallTwilioVoice.audioEnabledNO に設定することで、オーディオデバイスをアクティブ化せずに接続できるようになり、TwilioVoice.audioEnabledYES に設定することで Call のライフサイクル中に有効にできるようになりました。 既定値は YES です。 APIの変更はCallKitとの完全な互換性を保証するため、また Call 中に開発者がオーディオデバイスをオフにする必要の可能性のあるその他のユースケースをサポートするため行われました。 またこれらの変更により TVOCall オブジェクト内の hold の内部実装が向上し、発信側とのオーディオの流れが依然として止まっている間における hold の呼び出しによってオーディオデバイスがオフにならないようになりました。
    • TVOCall.delegate が読み取り専用 (readonly) にマークされました。
    • TwilioVoice.configureAVAudioSession() は、AVAudioSession に下記の設定を適用します。 これを呼び出すことで、TwilioVoice.configureAVAudioSession() メソッドの呼び出し時に先立ってコンフィギュレーションが構成されるのではなく、通話への接続中に AVAudioSession が変更されないようになります。 これにより、CallCallKit APIに準拠することが保証されます。
    NSError *error = nil;
    [[AVAudioSession sharedInstance] setCategory:AVAudioSessionCategoryPlayAndRecord
                                            mode:AVAudioSessionModeVoiceChat
                                         options:AVAudioSessionCategoryOptionAllowBluetooth | AVAudioSessionCategoryOptionAllowBluetoothA2DP
                                           error:&error];

2.0.0-beta212017年11月29日

改善点

  • API の変更:
    • TVOCall に新規メソッド hold が追加されました。 オーディオセッションの割り込みやCallKitインテグレーション用にこのメソッドを使用します。  追加のサンプルについては、クイックスタートを参照してください。
    • TVOCall.uuid が readonly かつ nonnull になりました。
    • TVOCall TVOCallInvite.acceptWithDelegate: から作成された際、UUIDを継承します。
    • NSUUID 引数を受け取る TwilioVoice.call() の亜種が追加されました。
    • TVOCallInviteTVONotificationDelegate 経由で発動されるタイミングではなく、 TVOCallInvite が承諾または拒否されるまで、SDKがシグナリングとメディアリソースの作成を引き延ばすようになりました。
    • 返却される TwilioVoice.call() および TVOCallInvite.acceptWithDelegate()TVOCall オブジェクトが nonnull になりました。

2.0.0-beta20 (2017年11月9日)

バグ修正

  • [CLIENT-3765] ネットワークハンドオーバーが発生し、その状態が依然として TVOCallStateConnecting の場合、 TVOCall がスタックする不具合が修正されました。
  • [CLIENT-4101] 通話の切断時、特にネットワークが切断された状態でにおける通話の発信を試みた場合にクラッシュする可能性があった不具合を修正しました。
  • [CLIENT-4150] TVOCall - to および uuid で更新されたNullability記法が nullable になりました。#79

2.0.0-beta19 (2017年10月24日)

改善点

  • API の変更:
    • call:didFailToConnectWithError: および call:didDisconnectWithError:TVOCallDelegate プロトコルが導入され、オリジナルの callDidDisconnect: および call:didFailWithError: メソッドが置き換えられました。 追加の詳細については TVOCallDelegate.h を参照してください。
    • TwilioVoice から sharedInstance メソッドが削除されました。
    • TwilioVoice から publishMetricsEnabled プロパティーが削除されました。 既定で通話品質データコレクションが有効になりました。

バグ修正

  • [CLIENT-3966] [TwilioVoice setModule:logLevel:] の呼び出し後のPJSIPモジュールのログレベルが更新されない不具合が修正されました。
  • [CLIENT-4102] [TwilioVoice startAudio] または [TwilioVoice stopAudio] の呼び出し時のクラッシュが修正されました。

2.0.0-beta18 (2017年10月11日)

バグ修正

  • [CLIENT-4092] TwilioVoice.framework バンドルに意図せず含まれていた inject_credentials.sh が削除されました。

2.0.0-beta17 (2017年10月9日)

改善点

  • API の変更:
    • callInviteCanceled: メソッドが削除され、Call-invite および Call-canceled イベントが callInviteReceived: 経由で受信されるようになりました。
    • 有効な accessToken 、または delegate 引数を欠いた [TwilioVoice call:params:delegate] 呼び出しには、NSInvalidArgumentException が発動します。 delegate プロパティーが明示的に nonnull としてマークされました。
    • Voice SDKでTwilioに接続される通話で特定のデータセンターを使用するよう選択できるようになりました。 TwilioVoiceregion プロパティーを使用して、モバイルクライアントに対して最良のロケーションを選択します。 この機能の詳細についてはリージョンで説明されています。
    • 取りうるエラーコードとsつ名については、TVOError.h ヘッダーを参照してください。

バグ修正

  • [CLIENT-4064] [TwilioVoice registerWithAccessToken:deviceToken:completion:] または [TwilioVoice call:params:delegate:] の呼び出し時に アクセストークンに voice が含まれていないと、 Invalid Grants (20106) エラーコードが返されます。
  • [CLIENT-3967] まだ TVOCallStateConnecting 状態である通話を切断しようとした際に、call:didFailWithError: コールバックにおいて callDidDisconnect: ではなく一般エラーが受信される不具合が修正されました。
  • [CLIENT-3820] 通話が TVOCallStateConnecting 状態の場合に [TVOCall disconnect] を呼び出すと TVOCall が接続されたままになる不具合が修正されました。

既知の問題

  • inject_credentials.sh 開発スクリプトでフレームワークバンドルが意図せず含まれ、アプリケーションのiTunes Connectへのアップロード時にコード署名の問題が発生します。 現在修正に取り組んでおり、直近のベータにて修正がリリースされる予定です。 (voice-quickstart-swift #72)

2.0.0-beta16 (2017年9月21日)

改善点

  • API の変更:
    • startAudioDevice および stopAudioDevicestartAudio および stopAudio になりました。 provider:didActivateAudioSession: または provider:didDeactivateAudioSession: コールバックでこれらのCallKitインテグレーションのメソッドを使用してください。
    • CallKitインテグレーション用の audioSessionDeactivated メソッドが削除され、この機能は stopAudio メソッドに統合されました。
    • [TwilioVoice handleNotification:delegate:] メソッドの delegate パラメーターがnon-nullになりました。 無効な delegate を伴う呼び出しは例外がスローされます。
  • SDKが動的フレームワークに加えて、ヘッダーを含む静的ライブラリーとしてパッケージされるようになりました。

バグ修正

  • [CLIENT-4045] SDKが通話品質データに対してJSONシリアル化を実行しようとした際のクラッシュが修正されました。
  • [CLIENT-3728] TwilioVoiceTVOCallInvite、および TVOCallinit メソッドは unavailable として明示的にマークされ、呼び出した場合に例外をスローするようになりました。
  • [CLIENT-3726] NSDictionaryではない、また空の payload 引数で [TwilioVoice handleNotification:delegate:] が呼ばれた際にクラッシュする不具合が修正されました。

2.0.0-beta15(2017年8月31日)

  • Programmable Voice iOS SDK 2.0.0-beta15 [tar], [docs]

バグ修正

  • [CLIENT-3695] 通話品質メトリックスを生成するクラス内での内部リテイン循環が解消されました。
  • [CLIENT-3885] アクティブな通話とInviteが0に達したときにSIPクライアントの内部リソースが解放されない不具合が修正されました。
  • アクティブな TVOCallTVOCallInvite が拒否されると、通話におけるリモート側からの切断イベントが受診されない不具合が修正されました。
  • [CLIENT-3941] ネットワーク接続が利用できないため最初の発信通話に失敗すると、後続の通話も失敗する不具合が修正されました。

2.0.0-beta14 (2017年8月15日)

  • Programmable Voice iOS SDK 2.0.0-beta14 [tar], [docs]

改善点

  • [CLIENT-3850] SDKが同時に複数の通話を保持できるようになりました。

バグ修正

  • [CLIENT-3853] 登録操作におけるエラー処理が向上しました。
  • [CLIENT-3884] 登録コールバックがメインスレッドで発動するようになりました。
  • [CLIENT-3954] 通話を切断するために TVOCall.disconnect() を呼び出すと発生するクラッシュが修正されました。

2.0.0-beta13 (2017年7月20日)

  • Programmable Voice iOS SDK 2.0.0-beta13 [tar], [docs]

改善点

  • 登録に使用されていた依存関係を削除することで、SDKのサイズが削減されました。

バグ修正

  • [CLIENT-3674, 3772] 登録後に発生したメモリ衝突のクラッシュが解消されました。
  • [CLIENT-3713] SDKの読み込み時に静的ブーストスレッドが作成されなくなりました。 登録後に作成されたPocoスレッドプールが存在しなくなりました。
  • [CLIENT-3706] 登録じに発生する BoringSSL 内のメモリリークが解消されました。
  • [CLIENT-3814] アクティブな通話の切断時、シグナリング接続をクローズします。

2.0.0-beta12 (2017年7月11日)

  • Programmable Voice iOS SDK 2.0.0-beta12 [tar], [docs]

改善点

  • API の変更:
    • TVOCallInviteStateCancelledTVOCallInviteStateCanceled になりました。
    • TVONotificationDelegate のメソッド callInviteCancelled:callInviteCanceled: になりました。
    • TVOCall.callSidTVOCall.sid になりました。

バグ修正

  • [CLIENT-3786] 後続の通話でオーディオが失われるバグが修正されました。
  • [CLIENT-3684] ネットワークのない状態で通話のInviteを拒否しようとすると発生するクラッシュが修正されました。
  • [CLIENT-3554] TVOCall.disconnect() の呼び出し直後に通話を発信すると失敗する不具合が修正されました。

2.0.0-beta11 (2017年6月21日)

  • Programmable Voice iOS SDK 2.0.0-beta11 [tar], [docs]

改善点

  • API の変更:
    • 新規メソッド audioSessionDeactivatedTwilioVoiceCallKitIntegration カテゴリーに追加されました。 後続の通話を受ける前にCallKitからの provider:didDeactivateAudioSession: コールバックを受信する際、通話のオーディオが機能することを確実にするためこのメソッドを使用してください。

バグ修正

  • [CLIENT-3686] AVAudioSessionInterruptionNotification 通知の受信時にアプリケーションが TVOCall.disconnect() を呼び出すと、後続の通話でオーディオが失われる不具合が修正されました。
  • [CLIENT-3717] DTMF番号が正常に送信されない不具合が修正されました。

2.0.0 ベータ10 (2017年6月5日)

  • Programmable Voice iOS SDK 2.0.0-ベータ10[tar], [docs]

バグ修正

  • [CLIENT-3647] SDKがSIPのエラーコードと説明の解析を試みた際のクラッシュを修正しました。
  • [CLIENT-3679] NSURLSession の使用の改善によって、メモリーリークを改善しました。
  • [CLIENT-3672] TwilioVoiceClient.h が必須ではなくなり、フリームワークのヘッダーから削除されました。
  • [CLIENT-3626] TVOCallInvite および TVOCalldebugDescription メソッドに uuid が追加されました。

2.0.0-ベータ9 (2017年5月11日)

  • Programmable Voice iOS SDK 2.0.0-ベータ9[tar], [docs]

バグ修正

  • [CLIENT-3611] TVOCall.sendDigits が呼ばれる際、ローカル再生のDTMFトーンを追加しました。
  • [CLIENT-3617] TVOCall.disconnect が呼ばれる直後、メディアセッションを破棄するようになりました。 これは通話後のより迅速なオーディオの解体を意図したものです。
  • [CLIENT-3634] 無効なアクセストークンによる通話の失敗に関する精細なエラーコードおよび説明を追加しました。

2.0.0-beta8 (2017年4月12日)

  • Programmable Voice iOS SDK 2.0.0-ベータ8 [tar], [docs]

改善点

  • API の変更:
    • VoiceClient クラスは、TwilioVoice という名前に変更されました。
    • フレームワークの名称が TwilioVoice.framework になりました。 Podfile とコードを更新して、正しくSDKをインポートしてください。

バグ修正

  • [CLIENT-3528] CallKitでオーディオが昨日しないバグが修正されました。

2.0.0-beta7 (2017年3月17日)

バグ修正

  • [CLIENT-3441] ネットワークのハンドオーバー後にオーディオが再開しない不具合が修正されました。
  • [CLIENT-3495] CallKitの着信通話切断時、 TVOCallInvite オブジェクト、および TVOCall オブジェクトの一貫性のないUUIDが問題を引き起こす不具合が修正されました。
  • [CLIENT-3513] アクティブな通話中に第三者からのcall-inviteを拒否した後、SDKが切断されなくなる不具合が修正されました。

2.0.0-ベータ6 (2017年2月16日)

  • Programmable Voice iOS SDK 2.0.0-ベータ6 [tar], [docs]

改善点

  • 新しいオブジェクトモデルが導入されました:
  • TVOutgoingCallTVOIncomingCallを単一のクラスTVOCallとそのデリゲートTVOCallDelegateに統合しました。
  • 着信通話に応答または拒否できるTVOCallInviteクラスが導入されました。
  • セキュアリアルタイムプロトコル(SRTP=Secure Realtime Protocol)が有効になりました。 シグナリングとメディアチャネル双方が暗号化されるようになりました。

バグ修正

  • [CLIENT-3435] TVORTCMonitor.insertSample() でのクラッシュが修正されました。
  • [CLIENT-3134] セルラーデータ接続がオフの状態でWi-Fiネットワーク上でSDKが動作しない不具合を修正しました。
  • [CLIENT-3409] VoIPプッシュ登録が失敗したときに返される追加の有用なメッセージが追加されました。

既知の問題

  • ネットワークの切り替え時に通話のオーディオが失われます。

2.0.0-ベータ5 (2016年11月30日)

改善点

  • Appがフォアグラウンドになる度に実行されるネットワークの到達性確認と関連する調整が追加されました。
  • ネットワーク接続が利用できない間に通話の発着信を試みた場合、outgoingCall:didFailWithError: または incomingCall:didFailWithError: コールバックがそれぞれ発生するようになりました。
  • すでに現在確立された通話がある場合に通話の発着信を試みた場合、outgoingCall:didFailWithError: または incomingCall:didFailWithError: コールバックがそれぞれ発生するようになりました。
  • Appの申請にBitcodeがサポートされるようになりました。

バグ修正

  • [CLIENT-3125] CallKitサポートにおいて、最初の1回のCallKit通話のみでオーディオが機能する不具合が修正されました。
  • [CLIENT-3245] iOS 9デバイス上でローカルマイクがオンにならない不具合が修正されました。

既知の問題

  • iOS 10.2 beta2. CallKit使用時、iOS 10.2 ベータ2において2番目以降の着信通話の受諾に失敗する場合があリマス。
  • ネットワーク切り替え。 通話の進行中にあるWi-FIネットワークから他のWi-Fiネットワークへの切り替えが発生し、かつLTEネットワークが利用できない場合、オーディオ接続が切断され、再確立されることはありません。

2.0.0-beta4 (2016年10月20日)

改善点

  • CallKitのサポートが追加されました:
    • SDKにCallKitイベントを通知するには、下記のメソッドを使用します:
      • configureAudioSession - このメソッドを使用してCallKitフレームワークがオーディオセッションをアクティブにする前に、希望する構成で AVAudioSession をセットアップします
      • startAudioDevice - このメソッドを使用してCallKitのオーディオアクティベーションコールバックの受信時にオーディオI/Oユニットを開始するようSDKに知らせます CXProviderDelegate
      • stopAudioDevice - CallKitのコールバックをリセット、またはアクティベート解除を受信した際にオーディオI/Oユニットを停止するようSDKにシグナリングする際にこのメソッドを使用します CXProviderDelegate
    • TVOIncomingCallTVOOutgoingCalluuidプロパティーを使用して、CallKit内の通話を参照します。
  • CallKit機能の使用をデモするための、Objective-CおよびSwiftで書かれた2つの新しいクイックスタートAppを追加しました。
  • 既存の通話の進行中に新規の着信通話を処理するため、クイックスタートアプリケーションにサンプルコードを追加します。
  • NSObjectversion メソッドとの衝突を避けるため、 VoiceClientversion メソッドはインスタンスメソッドになりました。
  • TVOOutgoingCallの取りうる状態を変更しました。 接続中、接続済、および切断の状態のみがご利用いただけます。
  • TVOIncomingCallDelegateおよびTVOOutgoingCallDelegateのコールバックIsConnectingが削除されました。 TVOOutgoingCallの作成およびTVOIncomingCallの存在は通話が接続中であることを示唆しています。

バグ修正

  • [CLIENT-3069] ログレベルの設定後にlogLevelメソッドが正しい値を返さない事象が修正されました。
  • [CLIENT-3110] アクティブな通話中にオーディオの割り込み(PSTN通話、Siri)が行われると発生するクラッシュを修正しました。

既知の問題

  • ネットワーク切り替え。 通話の進行中にあるWi-FIネットワークから他のWi-Fiネットワークへの切り替えが発生し、かつLTEネットワークが利用できない場合、オーディオ接続が切断され、再確立されることはありません。

2.0.0-beta3 (2016年10月11日)

  • Programmable Voice iOS SDK 2.0.0-ベータ3[tar], [docs]

改善点

  • App Storeへの公開時の問題を避けるため、使用しないアーキテクチャーの削除スクリプトを更新しました。 プロジェクトに手動でTwilioVoiceClient.Frameworkを含めている場合、App Storeへの公開前に埋め込み済みフレームワークからシミュレーターバイナリーを削除することが必要です。 (Xcodeプロジェクト)ターゲットのBuild Phases画面に移動し、新規の "Run Script Phase" を作成します。 下記コマンドを、スクリプトのテキストフィールドにペーストします。
/bin/bash "${BUILT_PRODUCTS_DIR}/${FRAMEWORKS_FOLDER_PATH}/TwilioVoiceClient.framework/remove_archs"
  • TVOIncomingCall クラスから accountSid プロパティーが削除されました
  • TVOIncomingCall クラスに TVOIncomingCallStateCancelled ステートが追加されました
  • register:deviceToken:completionregisterWithAccessToken:deviceToken:completionに名称変更し、C言語の予約キーワードregisterと衝突しないようにしました。
  • unregister:deviceToken:completionunregisterWithAccessToken:deviceToken:completionに名称変更し、C言語の予約キーワードregisterと衝突しないようにしました。
  • SSL実装をBoringSSLライブラリーに切り替えました。
  • すべての解決済みのインターネットアドレスへの接続を試みて、最初に接続が成功したネットワークインターフェイスの使用をサポートするIPv6用の付加ロジックを追加しました。

バグ修正

  • 全デリゲートコールバックはメインキューに配信されるようになりました。
  • 通話を拒否した際、SDKがオーディオデバイスを開始しなくなりました
  • ネットワークアクセスのない状態でSDKを起動後、ネットワークアクセスを復旧させると発生するクラッシュを修正しました

既知の問題

  • ネットワーク切り替え。 通話の進行中にあるWi-FIネットワークから他のWi-Fiネットワークへの切り替えが発生し、かつLTEネットワークが利用できない場合、オーディオ接続が切断され、再確立されることはありません。

2.0.0-beta2 (2016年9月27日)

バグ修正

  • iOS 10でIPv6のみのネットワークがサポートされます

2.0.0-beta1(2016年9月16日)

  • Programmable Voice iOS SDK 2.0.0-ベータ1[tar], [docs]

改善点

  • iOS 10のサポート
  • 着信通話のシグナリングにApple VoIP Servicesプッシュ通知を使用します。
  • 認証および権限付与に、Twilioアカウント・トークンを使用します

バグ修正

  • 該当なし

既知の問題

  • 該当なし

ヘルプが必要ですか?

We all do sometimes; code is hard. Get help now from our support team, or lean on the wisdom of the crowd browsing the Twilio tag on Stack Overflow.