Programmable Voice SDK

Twilio Programmable Voice SDKを使用すると、Webおよびネイティブのモバイル・アプリケーションへのVoice-over-IP (VoIP) 通話機能の追加を素早く簡単に行えるようになります。

Android で始める

iOS で始める

認証と権限付与

Programmable Voice SDKでは、音声アプリケーションにおいて開発者のアプリケーション・サーバーがクライアントのアクセスを許可するための新しい認証と権限付与の仕組みを使用しています。 これはアプリケーションに、Twilioクラウド上の開発者のアカウントでクライアント・アプリケーションの認証セッションを管理するアクセス・トークンを提供することで行われます。 アクセス・トークンはTwilioクライアントの旧バージョンで使用されていたケイパビリティ・トークンとは異なるものです。 ケイパビリティ・トークンは、Programmable Voice SDKでは動作しません。 アクセストークンは旧ケイパビリティ・トークン同様のJWTトークンですが、最新のTwilio SDK全体に渡って使用される、新しくより柔軟性に富んだ形式を使用しています。

管理コンソール

Programmable Voice用の開発者ツールと構成オプションは、Programmable Voiceダッシュボードからご利用いただけます。 コンソールを使用してTwiML Appsの作成、プッシュ・クレデンシャルの更新、ログの閲覧などを行うことができます。

お問い合わせ

ベータのため、プログラマブルビデオのご意見・フィードバックがございましたら右記のリンクからお知らせくださいませ。お待ちいたしております。http://twilio.kddi-web.com/support/

ヘルプが必要ですか?

誰しもが一度は考える「コーディングって難しい」。そんな時は、お問い合わせフォームから質問してください。 または、Stack Overflow でTwilioタグのついた情報から欲しいものを探してみましょう。