メニュー

Rate this page:

Thanks for rating this page!

We are always striving to improve our documentation quality, and your feedback is valuable to us. How could this documentation serve you better?

IVR: C#、ASP.NET MVCを使用したフォンツリー

ET Phone Home: IVR C# Example

This ASP.NET MVC sample application is modeled after a typical call center experience with an IVR, but with more Reese's Pieces.

エイリアンが地球に不時着した場合、所定の電話番号に電話して、どうしたら地球から安全に脱出できるか指示を受けるか、または故郷の惑星に直接電話をかけることができますこのチュートリアルでは、これを行うための主要なコードを示します。

このサンプルアプリを自分で実行するには、コードをダウンロードし、GitHub の指示に従ってください

Read how Livestream and others built IVR with Twilio. Also, find sample code for many web languages and frameworks on our IVR application page.

ここをクリックしてチュートリアルをはじめましょう!

通話に応答する

電話ツリーを始めるには、着信を受けたときに HTTP リクエストをウェブアプリケーションに送信するように、いずれかの Twilio 番号を設定しておく必要があります。

いずれかの番号をクリックして、アプリをポイントするように Voice URL を設定します。コードでは、経路は /ivr/welcome になります。

IVRのWebhook構成

If you don't already have a server configured to use as your webhook, ngrok is a great tool for testing webhooks locally.

構成済みのTwilio番号で、Twilioのリクエストに応答する準備が整います。

TwilioにTwiMLを伴って応答する

TwiML で Twilio リクエストに応答する

Twilio電話番号に通話が着信した際、このコントローラーにHTTPリクエストを送信するよう構成されました。 アプリケーションはTwiMLを伴って応答し、Twilioにメッセージに対する返信としてどのようなことを行うか伝えます。

In this case we tell Twilio to Gather the input from the caller and we Say a welcome message.

        
        
        
        
        IVRPhoneTree.Web/Controllers/IVRController.cs

        TwiMLで応答して発信者からの選択を収集する

        IVRPhoneTree.Web/Controllers/IVRController.cs

        After reading the text to the caller and retrieving their input, Twilio will send this input to our application.

        See where to send the caller's input

        発信者の入力を送信する場所

        gatheraction パラメーターは値として絶対 URL または相対 URL を取ります(このケースでは、/menu/show 経路)。

        When the caller has finished entering digits, Twilio will make a GET or POST request to this URL including a Digits parameter with the number our caller chose.

        このリクエストの発行後、Twilio はレスポンスで受信した TwiML を使って現在の通話を続行します。発信者が数値を入力しない限り、<Gather> 後に発生する TwiML 動詞は到達不可になります。

              
              
              
              
              IVRPhoneTree.Web/Controllers/IVRController.cs

              発信者の入力を意図したルートに送信する

              IVRPhoneTree.Web/Controllers/IVRController.cs

              Now that we have told Twilio where to send the caller's input, we can look at how to process that input.

              Process the caller's selection

              メインメニュー:発信者の選択を処理する

              この経路は、発信者の入力の処理を扱います。

              If our caller chooses 1 for directions, we use the helper method ReturnInstructions to respond with TwiML that will Say directions to our caller's extraction point.

              If the caller chooses 2 to call their home planet, we need to gather more input from them. We'll cover this in the next step.

              発信者がそれ以外のものを入力した場合は、メインメニューへの TwiML Redirect で応答します。

                    
                    
                    
                    
                    IVRPhoneTree.Web/Controllers/MenuController.cs

                    Main menu and return instructions

                    IVRPhoneTree.Web/Controllers/MenuController.cs

                    That was only the main menu and the first option. If the caller chooses 2, we will take them to The Planet Directory in order to collect more input.

                    発信者から追加の入力を得る

                    惑星電話番号ディレクトリー:発信者からさらに入力を収集する

                    If our callers choose to call their home planet we will give them the planet directory. This is akin to a typical "company directory" feature of most IVRs.

                    In our TwiML response we again use a Gather verb to receive our caller's input. This time, the action verb points to the planets route, which will switch our response based on what the caller chooses.

                          
                          
                          
                          
                          IVRPhoneTree.Web/Controllers/MenuController.cs

                          再度、発信者に選択肢をいくつか提示して、Twilioに発信者の選択を収集するよう指示します。

                          See how we use the caller's input to call another number

                          惑星電話番号ディレクトリー:発信者を別の番号に接続する

                          In this route, we grab the caller's selection off the request and store it in a variable called userOption. We then use a Dial verb with the appropriate phone number to connect our caller to their home planet.

                          現在の番号はハードコード化されていますが、データベースやファイルから読み取ることもできます。

                                
                                
                                
                                
                                IVRPhoneTree.Web/Controllers/PhoneExchangeController.cs

                                発信者の入力に基づいて別の番号に接続する

                                IVRPhoneTree.Web/Controllers/PhoneExchangeController.cs

                                これで終わりです。お客様を楽しませ、対応する IVR 電話ツリーを実装できました。

                                関連トピック

                                次はどこでしょうか?

                                Twilio を使う C# 開発者であれば、他のチュートリアルもお楽しみください。

                                自動アンケート

                                音声通話または SMS テキストメッセージを介して調査を実施し、ユーザーから構造化データを迅速に収集します。ASP.NET MVC で独自の調査を作成する方法を学びます。

                                通話のトラッキング

                                ウェブトラフィックをボタンのクリック 1 つで、電話のトラフィックに変換します。

                                これは役に立ちましたか?

                                Thanks for checking out this tutorial! If you have any feedback to share with us, we'd love to hear it. Connect with us on Twitter and let us know what you build!

                                Agustin Camino David Prothero Kat King Justin Pirie Hector Ortega Andrew Baker Paul Kamp
                                Rate this page:

                                ヘルプが必要ですか?

                                We all do sometimes; code is hard. Get help now from our support team, or lean on the wisdom of the crowd browsing the Twilio tag on Stack Overflow.