メニュー

Rate this page:

Thanks for rating this page!

We are always striving to improve our documentation quality, and your feedback is valuable to us. How could this documentation serve you better?

Rubyで通話を発信する

このガイドでは、RubyアプリケーションでプログラマブルVoiceを使って通話を発信する方法についてご紹介します。 やり方はいたって簡単 - 必要なものはTwilio Rubyヘルパー・ライブラリー、音声通話に対応したTwilio電話番号、アカウントの認証情報、あとは5分間キーボードと戯れるお楽しみタイムだけです。 さぁ、はじめましょう!

音声通話に対応したTwilio電話番号を購入する

Twilioコンソールでは、通話の発信に対応した利用可能な電話番号を検索、購入できます。 この電話番号は、発信通話を開始する際に発信者番号 (From) として使用します。

音声通話の利用可能な電話番号の検索

TwiMLとは何か

TwiMLは、Twilioマークアップ言語 (Twilio Markup Language) の略で、SMSや音声通話アプリケーションの構築を手助けするためにTwilioによって定義された特殊なタグを使用する単なるXMLドキュメントといえます。 百聞は一見にしかず、実際のTwiMLをご覧いただきましょう。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<Response>
    <Say>Thanks for calling!</Say>
</Response>

すべてのTwiMLドキュメントはルートの<Response>要素と、その中に含まれるひとつ以上の動詞からなります。 動詞とは、電話をかけてきた人にあいさつする<Say>や、受信メッセージへの返信としてSMSを送信する<Message>といったような、Twilioにおこなってほしいアクションのことです。 TwiMLで実行できることがあまねく網羅されたリファレンスについては、TwiML APIリファレンスを参照してください。

通話の発信

さて、Twilio Ruby Gemを使って通話を発信する準備ができました。

        
        
        
        

        通話を発信する際に特筆すべき、いくつかの重要なパラメーターがあります。

        • "From" - 事前にアカウントに追加した、音声通話が利用可能なTwilio電話番号
        • "To" - 通話の相手先の電話番号
        • "Url" - A URL that returns TwiML with instructions on what should happen when the other party picks up the phone

        TwiMLとは何か

        TwiMLは、Twilioマークアップ言語 (Twilio Markup Language) の略で、SMSや音声通話アプリケーションの構築を手助けするためにTwilioによって定義された特殊なタグを使用する単なるXMLドキュメントといえます。 百聞は一見にしかず、実際のTwiMLをご覧いただきましょう。

        <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
        <Response>
            <Say>Thanks for calling!</Say>
        </Response>
        

        すべてのTwiMLドキュメントはルートの<Response>要素と、その中に含まれるひとつ以上の動詞からなります。 動詞とは、電話をかけてきた人にあいさつする<Say>や、受信メッセージへの返信としてSMSを送信する<Message>といったような、Twilioにおこなってほしいアクションのことです。 TwiMLで実行できることがあまねく網羅されたリファレンスについては、TwiML APIリファレンスを参照してください。

              
              
              
              
              このXMLドキュメントは<Say>や<Play>といったTwiMLタグを使って、エンドユーザーにメッセージを読み上げたり、MP3ファイルを再生したりします。

              発信通話に使用されるTwiML

              このXMLドキュメントは<Say>や<Play>といったTwiMLタグを使って、エンドユーザーにメッセージを読み上げたり、MP3ファイルを再生したりします。

              もちろん、通話を発信するために使用するTwiMLはこの例のような静的なファイルである必要はありません。 ご自身のサーバー側コードでTwiMLを動的に生成し、通話の発信に使用することもできます。 TwiMLを生成するRubyのコード例を参照するには、 着信通話ガイドをご確認ください

              関連トピック

              素晴らしい成果です! たった数行のRubyコードで、あなたは通話を発信しました。 RubyでプログラマブルVoiceを使用する場合、下記のガイドも同様にご活用いただけるでしょう。

              楽しいプログラミングを!

              Agustin Camino Ricky Robinett Rob Spectre David Prothero Andrew Baker Jarod Reyes Kevin Whinnery Maylon Pedroso
              Rate this page:

              ヘルプが必要ですか?

              We all do sometimes; code is hard. Get help now from our support team, or lean on the wisdom of the crowd browsing the Twilio tag on Stack Overflow.