メニュー

Rate this page:

Thanks for rating this page!

We are always striving to improve our documentation quality, and your feedback is valuable to us. How could this documentation serve you better?

Make Outbound Phone Calls with Delphi

In this guide, we'll show you how to use Programmable Voice to make outbound phone calls from your Delphi applications. All you'll need is a voice-capable Twilio phone number, your account credentials, and five minutes to have a boatload of fun at your keyboard.

The code snippets in this guide were written and tested using Delphi 10.2.3. You can view the complete sample project on GitHub.

はじめましょう!

音声通話に対応したTwilio電話番号を購入する

Twilioコンソールでは、通話の発信に対応した利用可能な電話番号を検索、購入できます。 この電話番号は、発信通話を開始する際に発信者番号 (From) として使用します。

音声通話の利用可能な電話番号の検索

Twilioアカウントの認証情報を取得する

First, you'll need to get your Twilio account credentials. They consist of your AccountSid and your Auth Token. They can be found on the home page of the console.

Twilioアカウントの認証情報の取得

通話を発信する

Now we're ready to make an outbound phone call using the provided TTwilioClient.

TTwilioClient is a sample class that encapsulates the HTTP calls that need to be made to the Twilio REST API. Feel free to extend it or rework it for your needs.

        
        
        
        

        通話を発信する際に特筆すべき、いくつかの重要なパラメーターがあります。

        • "From" - 事前にアカウントに追加した、音声通話が利用可能なTwilio電話番号
        • "To" - 通話の相手先の電話番号
        • "Url" - A URL that returns TwiML with instructions on what should happen when the other party picks up the phone

        TwiMLとは何か

        TwiMLは、Twilioマークアップ言語 (Twilio Markup Language) の略で、SMSや音声通話アプリケーションの構築を手助けするためにTwilioによって定義された特殊なタグを使用する単なるXMLドキュメントといえます。 百聞は一見にしかず、実際のTwiMLをご覧いただきましょう。

        <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
        <Response>
            <Say>Thanks for calling!</Say>
        </Response>
        

        すべてのTwiMLドキュメントはルートの<Response>要素と、その中に含まれるひとつ以上の動詞からなります。 動詞とは、電話をかけてきた人にあいさつする<Say>や、受信メッセージへの返信としてSMSを送信する<Message>といったような、Twilioにおこなってほしいアクションのことです。 TwiMLで実行できることがあまねく網羅されたリファレンスについては、TwiML APIリファレンスを参照してください。

              
              
              
              
              このXMLドキュメントは<Say>や<Play>といったTwiMLタグを使って、エンドユーザーにメッセージを読み上げたり、MP3ファイルを再生したりします。

              発信通話に使用されるTwiML

              このXMLドキュメントは<Say>や<Play>といったTwiMLタグを使って、エンドユーザーにメッセージを読み上げたり、MP3ファイルを再生したりします。

              もちろん、通話を発信するために使用するTwiMLはこの例のような静的なファイルである必要はありません。 ご自身のサーバー側コードでTwiMLを動的に生成し、通話の発信に使用することもできます。 TwiMLを生成するASP.NETサーバーのサンプルを参照するには、着信通話ガイドをご確認ください。

              楽しいプログラミングを!

              David Prothero Jose Oliveros Ricky Robinett Rob Spectre Andrew Baker Jarod Reyes Kevin Whinnery Maylon Pedroso Kat King
              Rate this page:

              ヘルプが必要ですか?

              We all do sometimes; code is hard. Get help now from our support team, or lean on the wisdom of the crowd browsing the Twilio tag on Stack Overflow.