Level up your Twilio API skills in TwilioQuest, an educational game for Mac, Windows, and Linux. Download Now

メニュー

Expand
Rate this page:

Thanks for rating this page!

We are always striving to improve our documentation quality, and your feedback is valuable to us. How could this documentation serve you better?

通話のキューへの追加

概要

このガイドでは、Twilio のキュー機能を使用して、単純な通話キューイングシステムを作成する方法について説明します。着信通話は、順番にキューに入ります。その後は、キューの最初の通話を別の通話に簡単に接続できます。着信通話を受信し、キューに入れて、ライブエージェントをキューの最初の通話に接続する方法を示す詳細なサンプルコードを次に示します。

このデモでは、2 つの Twilio 電話番号を使用します。したがって、このコードを実際に試す場合は、2 つの電話番号を購入する必要があります。音声設定の詳細なヘルプについては、Getting Started ガイドをご覧ください。

発信者をキューに入れる

1 番目の番号が呼び出されると、Twilio は、キューに発信者を入れるように、サーバーにリクエストを送信します。

        
        
        
        

        最初に、TwiML 応答を作成します。この応答は、Enqueue 動詞を使用して新しいキューを作成し、発信者をそこに入れます。

        自分のアプリケーションから TwiML を提供する方法の詳細については、webhook ガイドをご覧ください。使用可能なすべての TwiML 機能については、TwiML ドキュメントをご覧ください。

        エージェントをキューに接続する

        2 番目の番号が呼び出されると、Twilio は、キューにエージェントを接続するように、サーバーにリクエストを送信します。

              
              
              
              

              名前を指定してキューダイヤルすると、キューの 1 番目の発信者に接続します。

              次の発信者に自動的に接続する

              エージェントまたは発信者が電話を切ると、デフォルトでは通話は終了しますが、引き続き次の発信者に自動的に接続したい場合がよくあります。

                    
                    
                    
                    

                    空の <Redirect> 動詞は、発信者を TwiML の先頭にリダイレクトします。TwiML は、キューの次の人にダイヤルして接続します。最後の仕上げとして、<Say> 動詞を追加して、エージェントに別の発信者に接続されていることを通知します。

                    高度なワークフロー

                    TwilioのTaskRouterを使用して、次のような、非常に高度なコールセンターワークフローを実装できます。

                    • キューの次の発信者に空いているエージェントを割り当てる
                    • 料金別サポートプランを提供し、プレミアム利用者はキューをスキップできるようにする
                    • ビジネスロジックに基づいて、特定の発信者を特定のチームにルーティングする

                    このガイドは、Twilio のキューを使い始めるために役立つように作成されていますが、さらにキューの機能について詳しく知りたいことがあれば、メールでご連絡ください。

                    Rate this page:

                    ヘルプが必要ですか?

                    誰しもが一度は考える「コーディングって難しい」。そんな時は、お問い合わせフォームから質問してください。 または、Stack Overflow でTwilioタグのついた情報から欲しいものを探してみましょう。