メニュー

Rate this page:

Thanks for rating this page!

We are always striving to improve our documentation quality, and your feedback is valuable to us. How could this documentation serve you better?

Android クイックスタート:サーバーをセットアップする

プレースホルダー TwiML アプリケーションを設定する

Twilio Console内のTwiML Appsにアクセスし、「TwiML Appを作成する」をクリックします。 アプリケーションの「わかりやすい名前 (Friendly Name) 」欄に「Mobile Quickstart」と入力し、「保存」をクリックします。 まだVoiceおよびMessaging URLについては気にしなくても大丈夫です。 後ほど入力します。

アプリケーションが保存されたら、ApplicationSid(「APa4983020a0b29fb5db1b1dc68e322fbe」のような長い文字列)をメモしてください。以降のステップでこれが必要になります。

バックエンドアプリケーションサーバーをセットアップする

次は、2 つの機能を果たすように、サーバーをデプロイします。

  1. Android アプリケーションにケイパビリティートークンを提供します。
  2. TwiML を提供します。これは、クライアントが発信通話を確立しようとすると、Twilio に何を実行すべきかを指示します。

アプリケーションのクイックツアー

クイックスタートチュートリアルのサーバーアプリケーションのコードは、以前のステップでダウンロードしたモバイルクイックスタートリポジトリー内にあります。server.py を開いて、中を見てみてください。アプリは一般的な Flask フレームワークを使い、3 つのエンドポイントを公開します。

  • '/' Twilio に単に「Twilio へようこそ」と繰り返すように指示する TwiML を生成します。これを使用して、すべてが正しく接続されていることを確認します。
  • '/call' 電話ネットワークと Android アプリケーションとの間で通話をルーティングできるようにする TwiML を生成します。
  • '/token' Android アプリケーションにケイパビリティートークンを返します。

サーバーのデプロイ

このアプリケーションをパブリックインターネットを介してアクセスできるようにする必要があります。それはなぜでしょうか? Twilio のサーバー(電話ネットワークに接続)は、Twilio 通話の処理方法に関する指示を取得するため、サーバーにアクセスする必要があるからです。これは、Twilio 対応アプリケーションの標準要件です。これを実現するには、以下のいずれかの方法を使うか、希望する別の手法を使用することができます。

オプション1:Heroku を使う

アプリケーションをデプロイする最も簡単な方法の 1 つは Heroku を使用するものです。これを実行する方法は以下のとおりです。

  1. Github の Twilio Mobile QuickStart リポジトリーを開き、「README」ページの中ほどにある紫色の「Deploy to Heroku」ボタンをクリックします。Heroku アカウントがない場合は、セットアップのプロセスが促されます。
  2. Heroku にサインインすると、クイックスタートアプリケーションをデプロイして Config Variables を指定するためのフォームが開きます。
  3. Twilio アカウント SID および Twilio Auth Token をそれぞれ ACCOUNT_SID 値および AUTH_TOKEN 値として入力します。これらは、Twilio アカウントポータルのランディングページにあります(「Show API Credentials」をクリック)。
  4. 上記で作成した TwiML アプリ SID を APP_SID の値として入力します。
  5. Twilio で検証した発信者 ID を「CALLER_ID」フィールドに入力します。新しい発信者 ID はここで検証できます。または、購入した任意のTwilio 電話番号を使用することもできます。
  6. 「Deploy for Free」をクリックして、アプリケーションの起動を終了します。
  7. Heroku が完了したら、次のタブを開いて、TwiML アプリの設定画面に戻ります。アプリケーションの Voice Request URL として Heroku アプリケーションの基本の URL を入力して、変更内容を保存します。

    リクエスト URL:https://bosco-baracus-1201.herokuapp.com/

オプション 2:ngrok を使ってローカルに実行する

この方法では、python を使用してローカルマシンで Flask を実行し、ngrok を使って、パブリックアドレス可能な「安全なトンネル」を作成します。

  1. server.py を開き、 Twilio アカウントの値に合わせて ACCOUNT_SID および AUTH_TOKEN を変更します。
  2. 上記で作成したアプリ SID に合わせて、APP_SID を変更します。
  3. Twilio アカウントで検証した発信者 ID に CALLER_ID を変更します。新しい発信者 ID はここで検証できます。または、購入した任意のTwilio 電話番号を使用することもできます。
  4. コマンドラインで Server/ ディレクトリから pip install -r requirements.txt を実行して、必要な python 依存関係をすべてインストールします。
  5. ngrok をダウンロードし、インストールします。
  6. python server.py を実行して、サーバーを起動します。
  7. ngrok http 5000 を実行して、インターネットからサーバーへトンネルを開きます。
  8. TwiML アプリの設定画面に戻ります。アプリケーションの Voice Request URL として ngrok の基本の URL を入力して、変更内容を保存します。

    リクエスト URL:https://d75ca7cc.ngrok.io/

サーバーのテスト

サーバーが正常にデプロイされたことを確認するために、Web ブラウザーを開き、URL view-source:{your heroku app or ngrok address}/ を参照します。すべて問題がなければ、以下のような XML が表示されます。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
  <Response>
    <Say>Welcome to Twilio</Say>
  </Response>

これは、Android アプリケーションから通話を発信した場合に、通知を再生するシンプルな TwiML アプリケーションです。

サーバーサイドの依存関係がセットアップできたので、Android アプリを始めましょう。Android エミュレーターまたはお使いのデバイスで下記の例をテストできます。

次のセクション : 発信通話をかける »

Rate this page:

ヘルプが必要ですか?

We all do sometimes; code is hard. Get help now from our support team, or lean on the wisdom of the crowd browsing the Twilio tag on Stack Overflow.