Level up your Twilio API skills in TwilioQuest, an educational game for Mac, Windows, and Linux. Download Now

メニュー

Expand
Rate this page:

Thanks for rating this page!

We are always striving to improve our documentation quality, and your feedback is valuable to us. How could this documentation serve you better?

Twilio Verify Phone Verification Python Django Quickstart

Version 2 of the Verify API is now available! V2 has an improved developer experience and new features. Some of the features of the V2 API include:

You are currently viewing Version 1. V1 of the API will be maintained for the time being, but any new features and development will be on Version 2. We encourage you to do any new development with API V2. Check out the Python Verify V2 Quickstart for more information.

電話番号検証は、登録フローにおいてユーザーが所持していると主張しているデバイスが本当に彼らの所有物であるかどうかを検証する、重要かつ信頼性の高いステップです。 Twilio Verifyをアプリケーションに追加して新規アカウントを検証すると、電話番号の不正な登録を劇的に減少させ、将来のユーザーの電話番号はすでに悪意ある第三者によって登録されている、といったトラブルから保護することができます。

This quickstart guides you through creating a Python, Django app that requires a Phone Verification step to create an account. Two channels of Phone Verification are demoed: SMS and Voice.

デモアプリケーションにTwilio Verifyを追加して、悪者どもを寄せ付けないようにする準備はできましたか?

Twilioアカウントにサインインまたは作成する

無料のTwilioトライアルにサインアップするか、すでにお持ちのTwilioアカウントにサインインしてください。

新規Account Securityアプリケーションを作成する

Once logged in, visit the Verify Console. Click on the red 'Create New Aplication' (or big red plus ('+') if you already created one) to create a new Verify application then name it something memorable.

verify create application

次にTwilioは、設定ページにリダイレクトします:

verify reveal keys

目玉アイコンをクリックして、Production APIキーを表示させ、安全な場所にコピーしておきます。 下記のアプリケーションのセットアップのステップで、このAPIキーを使用します。

検証アプリケーションをクローンおよびセットアップする

Start by cloning our Django repository. Enter the directory and use `pip` to install all of our dependencies:

pip install -r requirements.txt
  1. 次のファイルを開きます .env.example
  2. Change ACCOUNT_SECURITY_API_KEY to the API Key from the above step
  3. ここで、ファイルを.envという名前で保存します
        
        
        
        
        Enter the API Key from the Verify console and optionally change the port.

        アプリケーションAPIキーを入力する

        Enter the API Key from the Verify console and optionally change the port.

        Run the app migrations to get everything up to date:

        ./manage.py migrate
        

        これで必要な設定は以上です。

        さぁ、下記のコマンドでアプリケーションを実行しましょう:

        ./manage.py runserver
        

        APIキーが正しく入力されていれば、アプリケーションが起動している旨のメッセージが表示されます。

        Use the Django Twilio Verify Demo

        Keeping your phone at your side, visit the Phone Verification page of the demo at http://localhost:8000/verification/

        Country Code(国コード)およびPhone Number(電話番号)を入力し、「SMS」または「CALL」(音声通話)どちらのチャンネルに検証をリクエストするか選択します。 最後に、青い「Request Verification(検証をリクエスト)」ボタンをクリックして待ちます。

        SMSまたは音声通話による電話番号検証

        検証トークンを読み上げる音声通話がかかってくるか、トークンの記載されたSMSが受信されます。 音声通話をリクエストしていた場合、追加のセキュリティー機構として、(電話機のプッシュボタンで番号使用する)やり取りが発生する場合があります。

              
              
              
              

              いずれの方法でも、パスコードがリクエストされます。 トークンを検証入力フォームに入力し、「Verify Phone(電話番号を検証)」をクリックします。

              電話番号検証入力ボックス

                    
                    
                    
                    

                    これで、デモアプリケーションはTwilioの電話番号検証で保護されました! ログアウトして他のチャンネルもお試しいただけます。

                    関連トピック

                    Your demo app is now keeping fraudulent users from registering with your business and polluting your database. Next, check out all of the variables and options available to you in the Phone Verification API Reference. Also, to protect your customers in an ongoing manner (with this same codebase) try the Python Django Authy Two-Factor Authentication Quickstart.

                    After that, visit the Docs for more Account Security demos and tutorials and web applications using all of Twilio's products.

                    Rate this page:

                    ヘルプが必要ですか?

                    誰しもが一度は考える「コーディングって難しい」。そんな時は、お問い合わせフォームから質問してください。 または、Stack Overflow でTwilioタグのついた情報から欲しいものを探してみましょう。