メニュー

Expand
ページを評価:

TaskRouter.js: バージョンと変更履歴

1.21.0 (August 3, 2020)

<script src="https://sdk.twilio.com/js/taskrouter/releases/1.21.0/taskrouter.min.js" integrity="sha384-5fq+0qjayReAreRyHy38VpD3Gr9R2OYIzonwIkoGI4M9dhfKW6RWeRnZjfwSrpN8" crossorigin="anonymous"></script>
  • Fixed an issue where token.expired was fired even after the token was updated
  • Fixed an issue where an old token was used during a reconnect which caused reconnect failure

Authentication (April 24, 2020)

TaskRouter.js now supports authentication using Secondary Auth Tokens when generating the TaskRouter capability token.

1.20.0 (April 23, 2019)

<script src="https://sdk.twilio.com/js/taskrouter/releases/1.20.0/taskrouter.min.js" integrity="sha384-n+W3iUCPkW2u64HjqHqOaSFKB6k4BIYw4Fy8BuxDNkrWcCvd9fwnyZKwYjkxqphy" crossorigin="anonymous"></script>
  • In compatible browsers, the use of synchronous XHR during the unload event (only applicable if the disconnectActivitySid is being used) has been replaced with the Beacon API. It is strongly recommended that you upgrade to this version if Worker's are using Google Chrome.

1.19.0 (February 28, 2019)

<script src="https://sdk.twilio.com/js/taskrouter/releases/1.19.0/taskrouter.min.js" integrity="sha384-YjmOtBdli8sf0rLhCVserO+JI2ZsJ0NXvAKwaoLu0ezIYH0MnA9rqL2yKR3aChxZ" crossorigin="anonymous"></script>
  • Added region parameter to constructors for Workspace, Worker, and TaskQueue clients
  • Added maxRetries parameter to constructors for Workspace, Worker, and TaskQueue clients
  • Improved log for request timeouts to say "Retries exhausted after X attempts" instead of "Internal Server Error"
  • Fixed issue with generated API URL when region parameter was passed to a Client constructors

1.14.0 (December 19, 2018)

<script src="https://sdk.twilio.com/js/taskrouter/releases/1.14.0/taskrouter.min.js" integrity="sha384-gxqU8nZJ+HzVvnopXFiwn1UlPmNDSUvIqT3L4B+k/Rje+8G61pj2PK2l+9Nr2nut" crossorigin="anonymous"></script>
  • Fixed an issue where task completion reason in completeTask() was not honored

1.13.0 (April 16, 2018)

<script src="https://sdk.twilio.com/js/taskrouter/releases/1.13.0/taskrouter.min.js" integrity="sha384-tfkd1dJqPvkhNiIRb4XTmRPO8s9uNZGaEn7B7ybGLYTFaA4sZm1zHFBfSVu6Im37" crossorigin="anonymous"></script>
  • Fixed an issue that could prevent the disconnected event from surfacing

1.12.0 (January 22, 2018)

<script src="https://sdk.twilio.com/js/taskrouter/releases/1.12.0/taskrouter.min.js" integrity="sha384-Kswk2VCTWgsYHEP+cnrTI9yZmwYblwUFBBCYVSSUhB1yeMYlwPf2gtVbfndCgmqD" crossorigin="anonymous"></script>
  • SDKの初期化時に、まれにFirefoxが警告をスローする事象が修正されました。

1.11.0 (September 28, 2017)

<script src="https://sdk.twilio.com/js/taskrouter/releases/1.11.0/taskrouter.min.js" integrity="sha384-PKKsE3FioyP2BeDez28ZRPAd3u2OLrwZ0l5X74o9zGodlK3qBwhuDrjDHLXuaHl6" crossorigin="anonymous"></script>
  • 新しい累積およびリアルタイムの統計エンドポイントをサポートしました

1.10.1 (2017年9月25)

<script src="https://sdk.twilio.com/js/taskrouter/releases/1.10.1/taskrouter.min.js" integrity="sha384-Zh0k9I9ZBJUCUhvZR/6InoU7HJxFlUfqh5c8f/CskbMHkIMJPgaQhZ4Lcs5XS31Q" crossorigin="anonymous"></script>
  • options パラメーターを使用「しない」場合にカンファレンス指示パラメーターが適用されない問題を修正しました

1.10.0 (September 1, 2017)

<script src="https://sdk.twilio.com/js/taskrouter/releases/1.10.0/taskrouter.min.js" integrity="sha384-UR90rWsEAxuR/3ZBZbj+TOk9fVk5F9Ic8npnElJyENWDV6qNq5o4URsY/BZDRmeu" crossorigin="anonymous"></script>
  • すべてのカンファレンス指示パラメーターを使用できるようになりました

1.9.4 (2017年6月15日)

<script src="https://sdk.twilio.com/js/taskrouter/releases/1.9.4/taskrouter.min.js" integrity="sha384-/EL65rm/V1vI9m5kP+PYjtDi8eybyALFW8nj7qamJtwB3HZEcdQO/57SmoWEuL7p" crossorigin="anonymous"></script>
  • TaskQueueJs SDKのWorkspaceで期限切れのトークンの更新を修正しました

1.9.3 (2017年2月7日)

<script src="https://sdk.twilio.com/js/taskrouter/releases/1.9.3/taskrouter.min.js" integrity="sha384-8wkW1LcUG+UewuqsN40e43m0NMk7an3L6wGWJNcNpGGlViHsmjy6JcxLSjbDV40h" crossorigin="anonymous"></script>
  • ready EventにおけるWorkerのDatesを修正
  • 60秒間接続が失われたときに disconnected Eventを発行します。
  • ライセンス情報を追加

1.9.0 (January 26, 2017)

<script src="https://sdk.twilio.com/js/taskrouter/releases/1.9.0/taskrouter.min.js" integrity="sha384-XGl1eGbQVDmtirk83TW4iT8MLGAG2FBIsrQz7Oj4zEqn/3X78ktKgaCk9yKXw9O5" crossorigin="anonymous"></script>
  • Dequeue インスタンスに適用される DequeueStatusCallbackEvent パラメーターを許可

1.8.1 (2017年1月3日)

<script src="https://sdk.twilio.com/js/taskrouter/releases/1.8.1/taskrouter.min.js" integrity="sha384-aI0PwBoU5XnVDYoxnZJxjxzMIeh3rAj3c9e7NblAVqoPCe6V9cFpZreu1Nmfy9CW" crossorigin="anonymous"></script>
  • Workerの DateCreated 、 DateUpdated 、 DateLastStatusUpdated が不正となる問題が修正されました。

1.8.0 (November 16, 2016)

<script src="https://sdk.twilio.com/js/taskrouter/releases/1.8.0/taskrouter.min.js" integrity="sha384-LElME4k0P55oZvgCEIPhtvQH4dYO2obm/TWduZhrRZZe4/lOHEsTWTb7JR5+DI7p" crossorigin="anonymous"></script>
  • task.addons がプロパティーとして公開
  • Reservationの呼び出しをリダイレクトする reservation.redirect が公開されました。

1.7.1 (2016年9月15日)

<script src="https://sdk.twilio.com/js/taskrouter/releases/1.7.1/taskrouter.min.js" integrity="sha384-EBh9mgex1Lvb6PS2+T0n3jz81VrYKOureRce7eGPvrnetyjVBnTxuSOj/quI5cO4" crossorigin="anonymous"></script>
  • reservation.task オブジェクトが入力されるよう、Workerの fetchReservations が修正されました。

1.7.0 (August 15, 2016)

<script src="https://sdk.twilio.com/js/taskrouter/releases/1.7.0/taskrouter.min.js" integrity="sha384-U1JKeBS3Py0b8Wle5Ut68W60jbWITcXnn/RJceExWtNH7XgicbNRKi6n91sc1+nI" crossorigin="anonymous"></script>
  • Websocketが接続されるときの connected Eventを追加
  • Websocketが接続されるときの disconnected Eventを追加
  • disconnected Eventが推奨されるため、 offline Eventが廃止予定になりました。
  • Workerに対して、Taskを完了できるようになりました。
  • Workerに対して、Taskを更新できるようになりました。
  • 同一のWorkerに対して既存のソケット接続を閉じられるようになりました。

1.6.0 (July 14, 2016)

<script src="https://sdk.twilio.com/js/taskrouter/releases/1.6.0/taskrouter.min.js" integrity="sha384-VLf7tkM/R2JsQzE2LzOyJIZBdtJJfUOo4pC0qxCR7kPhXcsBJQGNarHaJ2DMk6ql" crossorigin="anonymous"></script>
  • 初期化時にトークンが提供されないと、例外をスローします。
  • マルチタスクのWorkerに対して capacity.update Eventが追加されました。
  • マルチタスクのWorkerの割り当てられたChannelのフェッチのサポートが追加されました。

1.5.0 (June 16, 2016)

<script src="https://sdk.twilio.com/js/taskrouter/releases/1.5.0/taskrouter.min.js" integrity="sha384-Cnv+6nmXeawf7ZrB68f0qk90r70Y1FB/RxbeP21o5dbKXIg+X7erndEZ5GoXhDEG" crossorigin="anonymous"></script>
  • Websocketエラーを処理するエラー・Eventが公開されました。
  • Websocketがオフライン処理を行う offline Eventが公開されました
  • Workerが初期化される際の不具合が修正されました。 Workerに対して保留中のReservationがある場合はWorkerの接続Activityへの更新を行わないようにしてください。

1.4.0 (March 28, 2016)

<script src="https://sdk.twilio.com/js/taskrouter/releases/1.4.0/taskrouter.min.js" integrity="sha384-0n+i5HpKZpsxQQZnUJC7i1Qe2yGNmrslL1qw+trQ+j0w9jLlq38h6VwqSClzpZpI" crossorigin="anonymous"></script>
  • Workerが初期化されると、接続および接続解除時(オンラインおよびオフライン)に実施するWorkerのActivityを指定できます。これは、JS SDKによって自動的に処理されます。

1.3.0 (March 22, 2016)

<script src="https://sdk.twilio.com/js/taskrouter/releases/1.3.0/taskrouter.min.js" integrity="sha384-eaSBJgLWhajnZOI/1dHJWuro+UG+EWqqw7RHyGqDqw1hAeGW5qvjvL8NOKGv5Qwm" crossorigin="anonymous"></script>
  • reservation.dequeue() DequeueRecord、DequeueTimeout、DequeueStatusCallbackUrl、DequeueTo をサポートするようになりました。

以前のバージョンからのロールオーバー

1.2.0 (January 25, 2016)

<script src="https://sdk.twilio.com/js/taskrouter/releases/1.2.0/taskrouter.min.js" integrity="sha384-ey8MYjKAIvWW4l7+883VWDLIWMCKpTn8pdaTHZ8yiD6U0mInGiCqGxBZQqnESSRv" crossorigin="anonymous"></script>
  • Workerの保留中のReservationは、JS SDK のロード時に取得され、reservation.created Eventをトリガーします。
  • CallTo および CallRecord パラメーターは、reservation.call() 関数のために追加されました。
  • JS SDK は、WebSocket が終了すると、再接続しようとします。
  • 開発者は、値(デフォルトは on)を指定することにより、JS SDK のコンソールメッセージをオフにできます。
  • 開発者は、アプリケーションで 500 個のエラーを正しく処理できるようになりました。

以前のバージョンからのロールオーバー

  • 最新のヘルパーライブラリをダウンロードして、保留中のReservationを取得する権限を持つことをWorkerのJWTに既定で許可します。
  • reservation.call を使用している場合は、補完関数の前に、パラメーターを 2 つ追加してください。

1.1.3 (2015 年 12 月 14 日)

<script src="https://sdk.twilio.com/js/taskrouter/releases/1.1.3/taskrouter.min.js" integrity="sha384-ciuuQLazWluN50i9aM9V1QY1RcOu1Z0r4xQgXhGNw+vzSXhVXkQ3+JwEweMcOrkp" crossorigin="anonymous"></script>
  • reservation.canceled Taskが削除されたときにReservationオブジェクトを送信し、ReservationSidを提供するために、Eventが元に戻されました。

1.1.2 (2015 年 10 月 9 日)

<script src="https://sdk.twilio.com/js/taskrouter/releases/1.1.2/taskrouter.min.js" integrity="sha384-GM9gGOjk1XhQ90GP2eRI9u8+q7I/Ac8lB3R8wqDp7/9Vhy05fQZbeS6/AvzrKt64" crossorigin="anonymous"></script>
  • reservation.canceled Taskが削除されたときに、クライアントサイドエラーを制限するために、Reservationオブジェクトではなく、Taskオブジェクトに対してEventが変更されました。

1.1.1 (2015 年 8 月 11 日)

<script src="https://sdk.twilio.com/js/taskrouter/releases/1.1.1/taskrouter.min.js" integrity="sha384-mU48r0WttXLmY9NTqVSXjYCRHDbFau7R2+h7ALWjD7+8+Y15teYoSs+ZQ7M9F+hH" crossorigin="anonymous"></script>
  • Workspaceのすべてのエンティティーを取得および更新するためのサポートを追加
  • Enqueue TwiML 動詞と統合するためにReservation命令(Accept / Reject / Dequeue / Call)のサポートを追加

1.0.0 (Feb 18, 2015)

初版 1.0 リリース。

  • WorkerがReservationおよびWorker Activity Eventを受け取るためのサポートを追加
ページを評価:

ヘルプが必要ですか?

誰しもが一度は考える「コーディングって難しい」。そんな時は、お問い合わせフォームから質問してください。 または、Stack Overflow でTwilioタグのついた情報から欲しいものを探してみましょう。

        
        
        

        フィードバックくださりありがとうございます!

        We are always striving to improve our documentation quality, and your feedback is valuable to us. How could this documentation serve you better?

        Sending your feedback...
        🎉 Thank you for your feedback!
        Something went wrong. Please try again.

        Thanks for your feedback!

        Refer us and get $10 in 3 simple steps!

        ステップ1

        Get link

        Get a free personal referral link here

        ステップ2:

        Give $10

        Your user signs up and upgrade using link

        ステップ3

        Get $10

        1,250 free SMSes
        OR 1,000 free voice mins
        OR 12,000 chats
        OR more