メニュー

Rate this page:

Thanks for rating this page!

We are always striving to improve our documentation quality, and your feedback is valuable to us. How could this documentation serve you better?

TaskRouter.js: バージョンと変更履歴

1.14 (December 19, 2018)

  • Fixed an issue where task completion reason in completeTask() was not honored

1.13 (April 16, 2018)

  • Fixed an issue that could prevent the disconnected event from surfacing

1.12 (2018年1月22日)

  • SDKの初期化時に、まれにFirefoxが警告をスローする事象が修正されました。

1.11 (2017年9月28)

  • 新しい累積およびリアルタイムの統計エンドポイントをサポートしました

1.10.1 (2017年9月25)

  • options パラメーターを使用「しない」場合にカンファレンス指示パラメーターが適用されない問題を修正しました

1.10 (2017年9月1)

  • すべてのカンファレンス指示パラメーターを使用できるようになりました

1.9.4 (2017年6月15日)

  • TaskQueueJs SDKのWorkspaceで期限切れのトークンの更新を修正しました

1.9.3 (2017年2月7日)

  • ready EventにおけるWorkerのDatesを修正
  • 60秒間接続が失われたときに disconnected Eventを発行します。
  • ライセンス情報を追加

1.9 (2017年1月26日)

  • Dequeue インスタンスに適用される DequeueStatusCallbackEvent パラメーターを許可

1.8.1 (2017年1月3日)

  • Workerの DateCreated 、 DateUpdated 、 DateLastStatusUpdated が不正となる問題が修正されました。

1.8 (2016年11月16日)

  • task.addons がプロパティーとして公開
  • Reservationの呼び出しをリダイレクトする reservation.redirect が公開されました。

1.7.1 (2016年9月15日)

  • reservation.task オブジェクトが入力されるよう、Workerの fetchReservations が修正されました。

1.7 (2016年8月15日)

  • Websocketが接続されるときの connected Eventを追加
  • Websocketが接続されるときの disconnected Eventを追加
  • disconnected Eventが推奨されるため、 offline Eventが廃止予定になりました。
  • Workerに対して、Taskを完了できるようになりました。
  • Workerに対して、Taskを更新できるようになりました。
  • 同一のWorkerに対して既存のソケット接続を閉じられるようになりました。

1.6 (2016年7月14日)

  • 初期化時にトークンが提供されないと、例外をスローします。
  • マルチタスクのWorkerに対して capacity.update Eventが追加されました。
  • マルチタスクのWorkerの割り当てられたChannelのフェッチのサポートが追加されました。

1.5 (2016年6月16日)

  • Websocketエラーを処理するエラー・Eventが公開されました。
  • Websocketがオフライン処理を行う offline Eventが公開されました
  • Workerが初期化される際の不具合が修正されました。 Workerに対して保留中のReservationがある場合はWorkerの接続Activityへの更新を行わないようにしてください。

1.4 (2016 年 3 月 28 日)

  • Workerが初期化されると、接続および接続解除時(オンラインおよびオフライン)に実施するWorkerのActivityを指定できます。これは、JS SDKによって自動的に処理されます。

1.3 (2016 年 3 月 22 日)

  • reservation.dequeue() DequeueRecord、DequeueTimeout、DequeueStatusCallbackUrl、DequeueTo をサポートするようになりました。

以前のバージョンからのロールオーバー

1.2 (2016 年 1 月 25 日)

  • Workerの保留中のReservationは、JS SDK のロード時に取得され、reservation.created Eventをトリガーします。
  • CallTo および CallRecord パラメーターは、reservation.call() 関数のために追加されました。
  • JS SDK は、WebSocket が終了すると、再接続しようとします。
  • 開発者は、値(デフォルトは on)を指定することにより、JS SDK のコンソールメッセージをオフにできます。
  • 開発者は、アプリケーションで 500 個のエラーを正しく処理できるようになりました。

以前のバージョンからのロールオーバー

  • 最新のヘルパーライブラリをダウンロードして、保留中のReservationを取得する権限を持つことをWorkerのJWTに既定で許可します。
  • reservation.call を使用している場合は、補完関数の前に、パラメーターを 2 つ追加してください。

1.1.3 (2015 年 12 月 14 日)

  • reservation.canceled Taskが削除されたときにReservationオブジェクトを送信し、ReservationSidを提供するために、Eventが元に戻されました。

1.1.2 (2015 年 10 月 9 日)

  • reservation.canceled Taskが削除されたときに、クライアントサイドエラーを制限するために、Reservationオブジェクトではなく、Taskオブジェクトに対してEventが変更されました。

1.1.1 (2015 年 8 月 11 日)

初版 1.1.1 リリース。

  • Workspaceのすべてのエンティティーを取得および更新するためのサポートを追加
  • Enqueue TwiML 動詞と統合するためにReservation命令(Accept / Reject / Dequeue / Call)のサポートを追加

1.0(2015 年 2 月 18 日)

初版 1.0 リリース。

  • WorkerがReservationおよびWorker Activity Eventを受け取るためのサポートを追加
Rate this page:

ヘルプが必要ですか?

We all do sometimes; code is hard. Get help now from our support team, or lean on the wisdom of the crowd browsing the Twilio tag on Stack Overflow.