Level up your Twilio API skills in TwilioQuest, an educational game for Mac, Windows, and Linux. Download Now

メニュー

Expand
Rate this page:

Thanks for rating this page!

We are always striving to improve our documentation quality, and your feedback is valuable to us. How could this documentation serve you better?

iOSクイックスタート

このガイドでは、Syncについて学びながら構築できるサンプル・アプリケーションを通じて、開発に素早く慣れることができることを目的としています。 名案でしょう? それでは、さっそく始めましょう !

目次

アカウント情報の収集

まず必要なのは、Twilioアカウントから必要なすべての情報を取ってくることです。 Sync用のバックエンドをセットアップするには、アカウントからの4つの値が必要になります。

構成値 概要
サービスインスタンスSID A service instance where all the data for our application is stored and scoped. Generate one using the console Sync Services tool.
Account SID Your primary Twilio account identifier - find this on the main page of the Twilio console.
API Key Used to sign tokens. Generate one using the console API Keys tool.
API Secret Used to sign tokens, together with the corresponding API Key.

スターターアプリケーションのダウンロード、構成、および実行

適切なサーバー側言語用のダウンロードパッケージを選択します。あなたが基本的にフロントエンドの開発者であり、特に希望するものがない場合は、おそらく Python、Node.js、または Ruby を使用すると、一番早く使い始めることができます。

上記で設定した 4 つの値を使用して、各スターターアプリケーションをその README の手順に従って構成し、マシン上で実行します。

Explore the starter iOS app

To get going quickly, there is a starter iOS app. Download it now:

Mobile App の設定と起動

If you'd like to run the application in the simulator, you're all set and ready to play! To run on the device, you'll need to have the server on your machine reachable from the device - either using ngrok to forward traffic to your machine or hosting it somewhere accessible.

楽しいのはここからです。スターターアプリケーションのホームページを参照すると、次のようなページが表示されます。

Twilio Sync iOS Quickstart

You have been assigned a random user identity and opened a Sync document called "sync.game". If you open this app on another device or you can play against the server running locally on your machine in a browser window or tab, you should be able to play an X or O on the board and see the game board replicate across the other client.

スターターアプリケーションの HTML と CSS はそれほど面白いものではありませんが、このアプリケーションを 実行する JavaScript コードでは、いくつかの非常に重要な処理が行われています。

  1. Ajax 経由でサーバーから AccessToken をフェッチします。
  2. Sync JavaScript SDKを初期化します
  3. "sync.game"という名前のSyncドキュメントを開きます。
  4. UIイベントを処理して、ドキュメントを更新するか、他のユーザーが内容を変更した際にドキュメントを再読み込みします

The iOS application demonstrates:

  1. Fetching an AccessToken from the server via HTTP
  2. Initializing the Sync iOS SDK
  3. "sync.game"という名前のSyncドキュメントを開きます。
  4. UIイベントを処理して、ドキュメントを更新するか、他のユーザーが内容を変更した際にドキュメントを再読み込みします

ユーザーの管理方法については、ユーザー識別子ガイドで触れており、Syncオブジェクト概要にてSyncオブジェクトで可能なことをすべて網羅しています。

ヘルプ

もう少しお手伝いが必要ですか?twilio_support@kddi-web.com までお知らせいただければ、迅速に対応させていただきます。 Syncを使った構築をお楽しみください。 そしてどんなものを構築されているのかぜひ教えてください!

次: 識別子とアクセストークン »

Rate this page:

ヘルプが必要ですか?

誰しもが一度は考える「コーディングって難しい」。そんな時は、お問い合わせフォームから質問してください。 または、Stack Overflow でTwilioタグのついた情報から欲しいものを探してみましょう。