メニュー

Expand
Rate this page:

Thanks for rating this page!

We are always striving to improve our documentation quality, and your feedback is valuable to us. How could this documentation serve you better?

Copilotベストプラクティス

概要

Twilio Copilotはもっとも一般的なSMSの問題を自動的に解決します。 必要なのはConsole上のコンフィギュレーション、またはAPIを使用して設定することだけです。 Copilotは自動的に適切な送信元番号を選び出し、常に変化を続けるキャリアー仕様に基づいてメッセージが配信されるようメッセージを適合させます。

Copilotは複雑な部分の多くを受け持ちますが、いくつか留意すべきベストプラクティスがあります。

Messaging Service経由ですべてのSMSを送信する

The first Copilot best practice is... use Copilot! When sending SMS you can set the From parameter to a specific number or you can simply omit it and set the Messaging Service Sid. You need to use a messaging service to take advantage of Copilot features like Sticky Sender, Scaler, Geomatch, Shortcode Reroute, and Smart Encoding. We recommend always using a messaging service because it will give you access to these capabilities, along with any new ones we ship, without having to write any additional code.

お役立ちリンク集:

ConsoleでMessaging Serviceを作成および管理する

API経由でMessaging Serviceを作成および管理する

必要になる電話番号の数を計算する

電話番号は、メッセージの送信においてもっとも一般的に使用されます。 Copilotはメッセージの送信時、Messaging Serviceから自動的に考えうるベストな電話番号を使用します。 このことは、想定されるすべてのメッセージ配信を処理するために十分な電話番号の追加が必要になるということです。

国によっては、電話番号の使用が制限されることがあります。 たとえば、米国およびカナダでは1日に同じ電話番号であまりに多くのメッセージを送信すると、メッセージがキャリアーによってフィルタリングされる恐れがあります。 アプリケーションから人間へのメッセージ配信、販促用のトラフィック、非常に大量のメッセージ配信においては、ショートコード(日本国内未対応)が米国およびカナダのキャリアー制限を回避するのに適した方法となります。

電話番号(すなわちロングコード)の使用をご検討の場合は、いくつか考慮すべき点があります:

1. どの程度の宛先にメッセージを配信したいのか?

米国では一般的に、1日につき200の個別の受信者ごとに1ロングコードの番号を追加されることを推奨します(ロングコードが人間から人間への配信を想定しているため)。 たとえば、あなたの会社のSMSサポート番号が通例1日につき1,000人とメッセージのやり取りをする場合、Messaging Serviceに5つの電話番号を追加すると良いでしょう。

2. どのくらい速くメッセージを送信したいのか?

1つの電話番号からどのくらいのペースでメッセージの送信が行えるかは、国によって異なります。 米国内では、およそ秒間1メッセージです。 日本を含む米国外では、およそ秒間10メッセージになります。 Twilioでは高可用な分散キューを構築しているため、この制限に関しては気にかける必要はありません。 アプリケーションは任意の速度でAPIリクエストを送信できます。 Twilioはあなたのメッセージをキュー(待ち行列)に入れ、適切なペースで随時送信します。 これにより、あなたのアプリケーションは法制度に準拠しますが、メッセージ配信に遅れが生じる可能性はあります。

Messaging Serviceへ電話番号を追加すると、配信ペースをアップさせることができます。 たとえば、5つの米国の電話番号それぞれが毎秒およそ1メッセージを送信する場合、毎秒約5メッセージを送信できます。 ロングコードの番号には特に明記されたスループットがないため、これらは概算になります。 明記されたスループットが必要な場合、秒間100メッセージからの送信が可能なショートコード(日本国内未対応)のご使用を検討してください。

Message Queue Insightsを使用すると、電話番号を追加するタイミングを決めるのに役立ちます。

ガイドラインは国によって異なります。 メッセージ送信先の特定の国のガイドラインについては、Twilioの国際SMS使用ガイドラインを確認してください。

グローバルなメッセージ配信では国内電話番号の使用を考慮する

一部の国では、地域に馴染み深い電話番号を使用すると、開封率と返信率を向上させることができます。 SMSを送信したい国ごとの国内電話番号を、Messaging Serviceに追加することも考慮に入れてください。 サポートされている場合は、Copilotは自動的にショートコードおよびアルファニューメリック送信番号を優先させます。 サポートされない場合は、Copilotは国内電話番号を優先させます。 適したショートコード、およびアルファニューメリック更新番号、あるいは国内番号見つからない場合、Copilotは米国のロングコードより送信を行います。

お役立ちリンク集:

アルファニューメリック送信番号のトランザクションサポート

どのキャリアーがTwilioでのショートコードをサポートしますか?

Messaging Serviceを使用して400個未満の電話番号を追加する

The maximum number of phone numbers per messaging service is 400. If you need to add more than 400 numbers, consider getting a short code. A single short code can send messages at rates starting at 100 messages per second and can go higher. Short codes have the added advantage of carrier pre-approval. This means they can send much higher volume per day without being subject to filtering in the same way that long code phone numbers are.

ロングコードを追加して、ショートコード(日本国内未対応)使用時においても配信率を改善する

Short codes are broadly supported in the US, Canada, and the UK, but some smaller carriers may not support short code messages. To achieve the highest levels of deliverability you should add a few long codes to your messaging service. In the US and Canada, Copilot Reroute will send from a phone number when a short code is not supported.

ショートコードは国内のトラフィックのみに使用できます(たとえば、カナダのショートコードはカナダ国内のSMS送信にのみ使用できます。 ショートコードの使用に加えて、国際的にメッセージの送信をご検討の場合、ロングコード電話番号を追加されることをお勧めします。

サポートされている国々において、一方通行のメッセージ配信に英数字の送信者IDの追加を検討する

アルファニューメリック送信者番号はブランド化された一方通行のメッセージを150以上の国々で送信できます。 CopilotはメッセージのFromパラメーターを、アルファ送信者番号の対応状況の如何に応じて、自動的にアルファニューメリック送信者番号、または電話番号のいずれかに設定します。 Messaging Serviceでアルファニューメリック送信者番号が使用できるようになる前に、アカウントのSMS設定にてこれをオンにすることが必要です。

アルファニューメリック送信者番号は返信を受信できないことに留意してください。 ユースケースが主に一方通行の場合であっても、ユーザーが返信できるよう、電話番号の使用を(あるファニューメリックの)代わりに使用した方がよいかもしれません。 送信者番号の使用方法については、国によって異なるレギュレーションがあります。 フランスのような一部の国では、いかなるA2P(アプリケーションから人間に送信されるメッセージ = Application to Person)トラフィックはアルファニューメリックで送信することが必要です。 インドのようなまた別の国では、アルファニューメリックの使用には事前登録が必要です。

SMSを送信したい各国については、Twilioの国際SMS使用ガイドライン、およびアルファニューメリック送信者番号の国際サポートの一覧を参照してください。

Rate this page:

ヘルプが必要ですか?

誰しもが一度は考える「コーディングって難しい」。そんな時は、お問い合わせフォームから質問してください。 または、Stack Overflow でTwilioタグのついた情報から欲しいものを探してみましょう。