メニュー

Rate this page:

Thanks for rating this page!

We are always striving to improve our documentation quality, and your feedback is valuable to us. How could this documentation serve you better?

Messaging ServicesとCopilot

Sending high volumes of messages in the US and globally can get very complex. You may find that it's helpful to organize your account and message logs into separate Messaging Services.

Messaging Service and Copilot messaging features can be managed and configured both via our REST API as well as directly through the Console.

With each Messaging Service you add through the console, you'll start by configuring both the Inbound Request and Status Callback URLs. You'll also need to associate one or more phone numbers or short codes to the service to send messages. Twilio Copilot features are available to add more messaging capabilities to your application.

Send a message with Copilot

If you use a messaging service to send messages, your request to Twilio will look very similar to sending an SMS with the API. However, instead of including a From phone number, you'll include a MessagingServiceSid. Twilio will then choose one of the phone numbers in your Messaging Service based on your service's configuration.

Loading Code Sample...
      
      
      
      

      When sending a message with a messaging service, Twilio will immediately set the message's status to 'accepted'. Then Twilio will determine the optimal From phone number from your service. Any delivery errors will be sent asynchronously to your StatusCallbackURL.

      Copilotの機能

      さて、Copilotでどんなことが行えるのでしょうか。 機能についてご紹介しましょう。

      固定送信者番号

      固定送信者名を使用すると、ユーザーのアプリケーションが特定の送信者にメッセージを送信する場合、毎回必ず同じFrom電話番号を使用するようになります。 これにより、アプリケーションはエンドユーザーにとって見分けの付きやすい単一の電話番号を使用してメッセージを送信できるようになります。

      固定送信者名が有効になると、TwilioはToおよびFromの電話番号の対応づけを維持するようになります。 この対応づけは、Serviceから特定の受信者に最初にメッセージが送信された後に作成されます。 それ以降にServiceからその受信者に送信されるメッセージについては、同じFrom番号が使用されることになります。

      固定送信者番号をオフにすると、過去に蓄積された電話番号の対応づけは参照されなくなります。 しかしその後、固定送信者名を再度オンにすると以前に作成された対応づけが再び参照されるようになります。

      When a Twilio phone number is removed from your Messaging Service, all Sticky Sender mappings associated to the removed Twilio number are deleted. To remove a single mapping from the service instance contact support with the messaging service SID and the required recipient.

      英数字の送信者ID

      Alphanumeric Sender IDs are used for branded one-way messaging. Instead of using an E.164 formatted Twilio phone number for the "From" value, you can use a custom string like your own business' branding. Alphanumeric Sender IDs may be used at no additional cost when sending an SMS to countries that support this feature.

      Support for sending messages from an alphanumeric sender ID depends on your destination (‘To’) phone number and is not available everywhere. Please see this article for the full list of countries that support this feature.

      If you enable an Alphanumeric Sender ID on a Twilio Messaging Service, Twilio will select the Alphanumeric Sender ID automatically when you send a message to a supported country.

      Note that if you have SMS-capable numbers from that country in your Messaging Service pool, Twilio will use those instead.

      To set up an Alphanumeric Sender ID on a Messaging Service, go to your Messaging Services in the Twilio console. Select the service you wish to add an Alpha Sender ID to, then go to 'Copilot Features' section and add your new ID. Twilio will verify it for you and add it to your service:

      Set up an Alphanumeric Sender ID for your messaging service

      To learn more about Alphanumeric Sender IDs, see the support article on getting started with Alphanumeric Sender ID.

      スケーラー

      スケーラーはMessaging Service内の全電話番号にわたって送信メッセージを分散させ、より大量のメッセージの処理を可能にします。 Messaging Serviceからのメッセージ送信時、現在メッセージの送信に使用されていない電話番号の中からFrom番号が選択されます。

      固定送信者番号がオンになっている場合、Copilotはまず既存の固定送信者番号のマッピングを優先し、それからもっともマッピング数の少ないMessaging Serviceから次に利用可能な電話番号を選択します。

      Geomatch

      GeomatchはMessaging Service内のTwilio電話番号を、宛先の電話番号の国および地域コードに合うよう選択します。

      国コードGeomatch

      グローバルにメッセージを送信する際、国によるGeomatchは、現在の宛先の電話番号と一致するようMessaging ServiceからTwilio電話番号を自動的に選択します。 Service内に宛先と国が一致するTwilio電話番号が含まれていない場合、メッセージの配信にはTwilioは他の電話番号の選択前にSMS対応の米国電話番号の使用を試みます。 Serviceにメッセージを配信できる電話番号がない場合、メッセージ送信は失敗します。

      Geomatchを使用するには、受信者の国と一致する電話番号をMessaging Serviceに追加します。

      新規の地理的な国の電話番号がMessaging Serviceに追加される場合、Twilioは自動的にそれを選択、From番号の国が受信者の電話番号と一致できるよう、既存の固定送信者番号マッピングの再割り当てを行います。

      エリアコードGeomatch

      米国およびカナダにメッセージを送信する場合、エリアコードGeomatchは受信者の番号とエリアコードが一致する、または近似するローカル電話番号を選択します。

      近似する、または一致するエリアコードが使用できない場合、CopilotはMessaging Serviceから別のUSまたはカナダ番号を選択します。地域の近似性は電話番号の選択において考慮されません。

      この機能は米国およびカナダ以外では使用できません。

      ロングコード(通常の電話番号)にフォールバックする

      ロングコードへのフォールバックは、ショートコードで送信されたメッセージの配信に失敗した場合は、ロングコードの電話番号を使用してメッセージの再送を試みます。

      Messaging Serviceを使用してメッセージを送信する際、Copilotはショートコードでのメッセージ配信を優先させます。 宛先がショートコードを受信できないためにメッセージが未達 ('undelivered') となった場合、CopilotはMessaging Service内のロングコード電話番号を使用してメッセージ送信を再度試します。

      すべての未達 ('undelivered') メッセージがロングコード電話番号を使用して再送されるわけではない点にご注意ください。 ロングコードを使用した配信もまた、配信が保証されるものではありません。

      この場合はショートコードメッセージに加えてロングコード電話番号による2番目のメッセージ送信試行、双方について課金されます。

      この機能はエンドユーザーがお客様からのSMSメッセージの受信をオプトインしている場合のみ有効にすべきです。 すべてのキャリアーのコンプライアンス、および業界慣例に従ってください。

      ショートコードリルート(日本国内未対応)

      Messaging Serviceにショートコードが含まれる場合、Twilioはショートコードによるメッセージ配信を常に優先します。 キャリアーがショートコードをサポートしない場合、Twilioは自動的にMessaging Serviceのロングコードでメッセージを配信します。

      Please note, shortcode reroute does not attempt to redeliver your message over a long code due to a Failed or Undelivered delivery status.

      スマートエンコード

      英文のSMSを作成しているとき、スマートクォート ( 〞)、ロングダッシュ (—)、あるいはUnicodeの空白文字が意図せず紛れ込んでしまい、125文字に収まるよう注意深く作成したはずのメッセージが分割され、2セグメント分課金されてしまうことがあります。

      SMSメッセージにUnicode文字が使用される場合、UCS2でエンコードされることが必要です。 UCS2文字はエンコードに16ビットを使用しますが、メッセージにはUnicode文字を含むため、メッセージのセグメント化に関しては160文字ごとではなく70文字ごとに行われます。

      Copilotのスマートエンコードは、こういった紛れ込みやすいUnicode文字を検出し、同様のGSMエンコードによる文字に置き換えるのに役立ちます。 これによってメッセージは160文字で分割されることが保証され、2通のメッセージを送ってしまうことを防ぐのに役立ちます。

      Messages that include emoji or language based characters such as kanji are not transliterated with Smart Encoding. Please reference this list for the Unicode characters Smart Encoding will replace.

      有効期間

      有効期限 (Validity Period) は、Messaging Serviceから送出されたメッセージがTwilioのプラットフォームに残っている期間を秒で表します。 構成された秒数を超過した場合、Twilioはメッセージ送信を失敗として扱い、ステータスコールバックURLにWebhookを送信してアプリケーションに知らせます。

      Validity Periodは1から14,440秒(最大4時間)までの間で設定できます。

      TwilioのValidity Periodは、メッセージがTwilioのプラットフォーム内にとどまっている間のみ適用され、メッセージがキャリアーのネットワークに送出された後は、依然としてキャリアーによってキューイングされる可能性があります。

      MMSコンバーター

      MMS Converter will automatically deliver your MMS message as an SMS text message with a shortened URL linking to your image when the carrier is not supported to receive Twilio MMS Messages. The shortened URL link (http://m.twil.io/ followed by seven unique characters) is appended to the end of the message body and will remain active for 365 days.

      SMS送信と同様の請求が行われます。短縮されたURLが原因で160文字を超えた場合、メッセージは分割され通常のSMSと同様、通数分課金されます。

      MMS Converter sends links to media via SMS where the receiving carrier does not support MMS. This will not enable you to send media if your 'From' phone number lacks MMS capabilities.

      You can check the capabilities of numbers in the console or query the Available Phone Numbers resource to search for Twilio numbers that are MMS enabled.

      Copilotによるインテリジェントな番号選択

      スティッキーセンダーが有効な場合、下記のロジックにしたがってメッセージが送信されます。

      Dynamically select a phone number with Twilio's Copilot

      ヘルプが必要ですか?

      We all do sometimes; code is hard. Get help now from our support team, or lean on the wisdom of the crowd browsing the Twilio tag on Stack Overflow.

      Loading Code Sample...