Level up your Twilio API skills in TwilioQuest, an educational game for Mac, Windows, and Linux. Download Now

メニュー

Expand
Rate this page:

Thanks for rating this page!

We are always striving to improve our documentation quality, and your feedback is valuable to us. How could this documentation serve you better?

Configuring Android Push Notifications with GCM

このガイドでは、Twilio Notify を使用して Android プッシュクレデンシャルを取得するために必要なすべてのステップについて説明します。最終的に、Android アプリに通知を送信する際に使用できる Twilio クレデンシャルを取得します。はじめましょう!

Step 1:設定ファイルを作成する

GCM サービスは、Android アプリで 'google-services.json' という名前のファイルを探して検出します。Google は、このファイルを生成する使いやすいウェブインターフェイスをここで提供しています。

最後まで実行してアプリクレデンシャルを入力したら、生成したファイルをデスクトップにダウンロードできます。最終ページに表示される API キーを保存します。これは後で使用します。

いまダウンロードした 'google-services.json' をAndroid Studio プロジェクトの 'app/' ディレクトリーにコピーします。

Step 2 - Set up your project's dependencies

クイックスタートアプリケーションを使用する場合は、このステップをスキップできます。


We have already preconfigured the quickstart app so you can just skip ahead to creating your credential.

Android Studio は、Gradle を使用して、'google-services.json' ファイルからクレデンシャルを解析します。アプリには、プロジェクトレベルとアプリレベルの 2 つの build.gradle ファイルがあります。

プロジェクトレベルの build.gradle ファイルに次の行を追加します。

classpath 'com.google.gms:google-services:1.5.0-beta2'

アプリレベルの build.gradle ファイルに次の行を追加します。

apply plugin: 'com.google.gms.google-services'

You'll need to import the Google Play Services SDK for your client to be able to communicate with GCM. Add the following line to the dependencies section of the app-level build.gradle

compile "com.google.android.gms:play-services:8.3.0"

ステップ 3:アプリケーションマニフェストを編集する

クイックスタートアプリケーションを使用する場合は、このステップをスキップできます。


We have already preconfigured the quickstart app so you can just skip ahead to creating your credential.

アプリケーションマニフェストファイルには、Android アプリのコードを実行する前に、パーミッションや依存関係バージョンなどの重要な情報を定義します。アプリと GCM の通信を設定するために、数行を追加する必要があります。

Add the C2D_MESSAGE permission to prevent other Android apps from registering and receiving your messages.

<permission android:name="<your-package-name>.permission.C2D_MESSAGE"
        android:protectionLevel="signature" />
<uses-permission android:name="<your-package-name>.permission.C2D_MESSAGE" />

次に、GCM から送信されるメッセージを処理する GcmReceiver を、適切なパーミッションを有効にして追加します。

<receiver
    android:name="com.google.android.gms.gcm.GcmReceiver"
    android:exported="true"
    android:permission="com.google.android.c2dm.permission.SEND" >
    <intent-filter>
        <action android:name="com.google.android.c2dm.intent.RECEIVE" />
        <category android:name="com.example.gcm" />
    </intent-filter>
</receiver>

メッセージング関連イベントを処理する GcmListenerService を追加する必要もあります。

<service
    android:name="com.example.MyGcmListenerService"
    android:exported="false" >
    <intent-filter>
        <action android:name="com.google.android.c2dm.intent.RECEIVE" />
    </intent-filter>
</service>

それが終わったら、InstanceIDListenerService を拡張して、登録トークンを処理するサービスを作成します。

<service
    android:name="com.example.MyInstanceIDListenerService"
    android:exported="false">
    <intent-filter>
        <action android:name="com.google.android.gms.iid.InstanceID" />
    </intent-filter>
</service>

WAKE_LOCK パーミッションを追加して、プロセッサーがメッセージ受信時にスリープしないようにします。

<uses-permission android:name="android.permission.WAKE_LOCK" />

最後に、GCM が正常に機能するように、SDK バージョンが 8 以降に設定されていることを確認します。

<uses-sdk android:minSdkVersion="8" android:targetSdkVersion="17"/>

ステップ 4:API キーを Twilio にアップロードする

アプリがプッシュ通知を受信するように設定したので、クレデンシャルリソースを作成して GCM API キーをアップロードしましょう。API キーを使用してクレデンシャル SID を生成する方法については、このページをご覧ください。

From the drop-down, choose GCM and paste in the key.

ステップ 5:特定の API キーを使用するように Twilio サービスを設定する

これにより、1 つのアカウントで複数のアプリケーションを構築できます。これらのアプリケーションを分離するには、アプリケーションのすべてのデータと設定を保持する Service インスタンスを作成する必要があります。

Specifically, you need to configure your Service instance to use the Credential that contains your GCM API key. You can do that using cURL and this resource.

次に進みましょう ! この後のステップについては、Android クイックスタートをご覧ください。

Rate this page:

ヘルプが必要ですか?

誰しもが一度は考える「コーディングって難しい」。そんな時は、お問い合わせフォームから質問してください。 または、Stack Overflow でTwilioタグのついた情報から欲しいものを探してみましょう。