iOS SDK

TwilioのProgrammable Voice SDKには、ブラウザーベースのWebアプリケーションおよびネイティブのモバイル・アプリケーション用のクライアント側のSDKが含まれています。

The SDKs are released according to semantic versioning, so you should always note both the major and minor versions of the SDKs to maintain API compatibility with your code. For versions 1.0 and higher, minor versions will not break existing integrations, but during a beta period, minor version increments in the 0.x range represent breaking API changes. Patch level releases - 0.0.x - represent non-breaking changes during a beta.

システム要件

Twilio Programmable Voice SDKは、iOS 8.1以上でサポートされます。

以下のデバイスおよびデバイスファミリーをサポートしています。

  • iPhone 4s以降
  • iPod touch 第5世代以降
  • iPad 第4世代以降

クイックスタート・デモAppはXcode 8およびiOS 10用にビルドされており、Cocoapods 1.0以降が必要です。

インストール

The iOS Voice framework can be installed using Carthage, Cocoapods or manually, as you prefer.

Carthage

You can add Programmable Voice for iOS by adding the following line to your Cartfile:

github "twilio/twilio-voice-ios"

Then run carthage bootstrap (or carthage update if you are updating your SDKs)

On your application targets’ “General” settings tab, in the “Linked Frameworks and Libraries” section, drag and drop each framework you want to use from the Carthage/Build folder on disk.

On your application targets’ “Build Phases” settings tab, click the “+” icon and choose “New Run Script Phase”. Create a Run Script in which you specify your shell (ex: /bin/sh), add the following contents to the script area below the shell:

/usr/local/bin/carthage copy-frameworks

Add the paths to the frameworks you want to use under “Input Files”, e.g.:

$(SRCROOT)/Carthage/Build/iOS/TwilioVoice.framework

Cocoapods

依存関係をCocoapodsで管理している場合、Voiceフレームワークのインストールは簡単です。 Podfile に次の行を追加するだけです。

source 'https://github.com/cocoapods/specs'

target 'TARGET_NAME' do
  use_frameworks!

  pod 'TwilioVoice', '~> 2.0'
end

そして、pod install --verbose を実行してプロジェクトに依存関係をインストールします。

手動インストール

Voiceは既存のプロジェクトにドラッグ&ドロップ可能なダイナミックiOSフレームワークとして配布されています。

Once you've downloaded and unpacked the framework, navigate to your Xcode project's General settings page. Drag and drop TwilioVoice.framework onto the Embedded Binaries section. Ensure that "Copy items if needed" is checked and press Finish. This will add TwilioVoice.framework to both the Embedded Binaries and Linked Frameworks and Libraries sections. You'll also need to add -ObjC to the Other Linker Flags in your app project settings.

Appを App Storeで配信する前に、埋め込み済みフレームワークからシミュレーターのバイナリーを取り除くことが必要です。 (Xcodeプロジェクト)ターゲットのBuild Phases画面に移動し、新規の "Run Script Phase" を作成します。 下記コマンドを、スクリプトのテキスト・フィールドにペーストします。

/bin/bash "${BUILT_PRODUCTS_DIR}/${FRAMEWORKS_FOLDER_PATH}/TwilioVoice.framework/remove_archs"

これらのコンポーネントの協調の仕方についてのイメージを掴むには、入門ガイドからスタートすることをお勧めします。 クイックスタートAppはCocoapodsで依存関係を管理するようセットアップされますが、上記で触れたように手動でフレームワークをインストールすることも可能です。

Static Library

Voice is also available as a static library.

Once you've downloaded the static library, drag and drop the libTwilioVoice.a and the include folder into your Xcode project. This will add static library to the Linked Frameworks and Libraries section.

There are a few more things you'll have to add to make the library build with your app:

  • Add -ObjC to the Other Linker Flags
  • Add these frameworks to the Linked Frameworks and Libraries section: SystemConfiguration, AudioToolbox, AVFoundation, CoreTelephony, PushKit and CallKit.

ヘルプが必要ですか?

誰しもが一度は考える「コーディングって難しい」。そんな時は、お問い合わせフォームから質問してください。 または、Stack Overflow でTwilioタグのついた情報から欲しいものを探してみましょう。