TwiML™ Voice: <Hangup>

<Hangup> 動詞は通話を終了します。 TwiML レスポンスの最初の動詞として使用しても、Twilio への着信と課金を止めることは できません 。 着信を拒否し課金されないようにするには、必ず <Reject>動詞 を使用してください。

動詞の属性

<Hangup> 動詞には属性はありません。

ネスティングルール

<Hangup>の中には、動詞をネストできません。また、すべての動詞の中に <Hangup> をネストできません。

サンプル

例 1

この例では、通話に応答しすぐに通話を終了するよう Twilio に指示しています。

コードサンプルを読み込んでいます...
Language
SDKバージョン:
  • 5.x
SDKバージョン:
  • 7.x
SDKバージョン:
  • 3.x
SDKバージョン:
  • 5.x
SDKバージョン:
  • 6.x
SDKバージョン:
  • 5.x
形式:
  • TwiML
const VoiceResponse = require('twilio').twiml.VoiceResponse;

const response = new VoiceResponse();
response.hangup();

console.log(response.toString());
using Twilio.TwiML;
using System;


class Example
{
    static void Main()
    {
        var response = new VoiceResponse();
        response.Hangup();

        Console.WriteLine(response.ToString());;
    }
}
<?php
require_once './vendor/autoload.php';
use Twilio\Twiml;

$response = new Twiml();
$response->hangup();

echo $response;
require 'twilio-ruby'

response = Twilio::TwiML::VoiceResponse.new
response.hangup

puts response
from twilio.twiml.voice_response import Hangup, VoiceResponse

response = VoiceResponse()
response.hangup()

print(response)
import com.twilio.twiml.voice.Hangup;
import com.twilio.twiml.VoiceResponse;
import com.twilio.twiml.TwiMLException;


public class Example {
    public static void main(String[] args) {
        Hangup hangup = new Hangup.Builder().build();
        VoiceResponse response = new VoiceResponse.Builder().hangup(hangup)
            .build();

        try {
            System.out.println(response.toXml());
        } catch (TwiMLException e) {
            e.printStackTrace();
        }
    }
}
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<Response>
    <Hangup/>
</Response>
通話を切断する

ヒントとテクニック

  • <Gather><Record><Dial>、または <Sms>` の action URL への Twilio のリクエストを受信した時に、<Hangup> 動詞を含むレスポンスを返却して、現在の通話を終了できます。

ヘルプが必要ですか?

誰しもが一度は考える「コーディングって難しい」。そんな時は、お問い合わせフォームから質問してください。 または、Stack Overflow でTwilioタグのついた情報から欲しいものを探してみましょう。

コードサンプルを読み込んでいます...
SDKバージョン:
  • 5.x
SDKバージョン:
  • 7.x
SDKバージョン:
  • 3.x
SDKバージョン:
  • 5.x
SDKバージョン:
  • 6.x
SDKバージョン:
  • 5.x
形式:
  • TwiML
const VoiceResponse = require('twilio').twiml.VoiceResponse;

const response = new VoiceResponse();
response.hangup();

console.log(response.toString());
using Twilio.TwiML;
using System;


class Example
{
    static void Main()
    {
        var response = new VoiceResponse();
        response.Hangup();

        Console.WriteLine(response.ToString());;
    }
}
<?php
require_once './vendor/autoload.php';
use Twilio\Twiml;

$response = new Twiml();
$response->hangup();

echo $response;
require 'twilio-ruby'

response = Twilio::TwiML::VoiceResponse.new
response.hangup

puts response
from twilio.twiml.voice_response import Hangup, VoiceResponse

response = VoiceResponse()
response.hangup()

print(response)
import com.twilio.twiml.voice.Hangup;
import com.twilio.twiml.VoiceResponse;
import com.twilio.twiml.TwiMLException;


public class Example {
    public static void main(String[] args) {
        Hangup hangup = new Hangup.Builder().build();
        VoiceResponse response = new VoiceResponse.Builder().hangup(hangup)
            .build();

        try {
            System.out.println(response.toXml());
        } catch (TwiMLException e) {
            e.printStackTrace();
        }
    }
}
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<Response>
    <Hangup/>
</Response>