TaskRouter.js:タスクルーターをブラウザーベースのアプリケーションに統合する

TaskRouter.js を使ってタスクをウェブベースのアプリケーションにルーティングする方法をチュートリアルで確認できます。タスクルータークイックスタートをご覧ください。

次のドキュメントは JS SDK の最新バージョンを対象にしています。変更ログについては、こちらをクリックしてください。

TaskRouter's JS library allows you interact with the entire TaskRouter REST API by a simple JS API. TaskRouter supports the initialization of three types of objects:

Workers use a Websocket connection to TaskRouter to receive realtime notifications of Worker Reservations and Task details. Upon receiving a notification for a reservation, a Worker can accept or reject the reservation. In addition, a Worker can dequeue a given call that was enqueued using the Enqueue TwiML verb. Workers can be used to build a contact center agent desktop application, add Worker presence to your CRM system, leverage TaskRouter for internal support desk applications, and much more.

ワークスペース & タスクキューを使うことで、統計の管理パネルを構築し、ワーカー、タスク、タスクキューを表示できます。

Since the entire REST API is exposed with the JS SDK, any of these entities can modify their properties or their subresource properties. For example, worker can modify their current activity, attributes, and friendly name. A workspace can fetch a given task queue and update its TargetWorkers. A workspace can also fetch its statistics or for a given task queue.

タスクルータークイックスタートを利用したり、TaskRouter JS Worker API ドキュメントで確認しながら、ワーカーで TaskRouter.js を使ってみてください。

ヘルプが必要ですか?

誰しもが一度は考える「コーディングって難しい」。そんな時は、お問い合わせフォームから質問してください。 または、Stack Overflow でTwilioタグのついた情報から欲しいものを探してみましょう。