Twilio Messaging API

TwilioのMessaging APIを使用すると、SMSおよびMMSメッセージの送信と受信配信ステータス関連づけられたメディア、そして大規模かつグローバルにメッセージを管理するCopilotなどの役立つツールといったメタデーターのクエリーを容易に行えます。

ベースURL

このドキュメントで参照されるベースURLは次の通りです。

https://api.twilio.com/2010-04-01

TwilioのREST APIはHTTPS経由で提供されます。 データのプライバシーを確保するため、暗号化されていないHTTPはサポートされません。

Messaging APIの認証

REST APIへのHTTPリクエストはHTTP Basic認証により保護されます。 Twilioが認証を処理する方法を確認するには、セキュリティードキュメントを参照してください。 HTTP基本認証にはアカウントSIDをユーザー名として、そして認証トークンをパスワードとして使用します。

curl -G https://api.twilio.com/2010-04-01/Accounts \
    -u '[YOUR ACCOUNT SID]:[YOUR AUTH TOKEN]'

アカウントSidと認証トークンは、Console上でご確認いただけます。

ConsoleからTwilioのクレデンシャルを取得する

認証およびTwilio REST APIとのやり取りについては、 APIへのリクエスト 、およびTwilioのレスポンスのドキュメントを参照してください。

TwilioのMessaging APIを使用した開発

皆さんのWebアプリケーションへのSMSおよびMMS機能の追加方法を学習できるクイックスタートをお読みいただき、Twilio Messaging APIの各種機能をご確認ください。 TwilioのRESTリソースの活用方法を学ぶ:

ヘルパーライブラリー

アプリケーションへのSMSおよびMMSを使用したメッセージの送受信の統合に際してAPIを直接使用することもできますが、6種類の一般的なWebプログラミング言語については、ヘルパーライブラリーのサポートが用意されています。 これらの言語のどれかをお使いの場合、通常ヘルパーライブラリーの使用が製品を使い始めるための最短ルートとなります。

ヘルプが必要ですか?

誰しもが一度は考える「コーディングって難しい」。そんな時は、お問い合わせフォームから質問してください。 または、Stack Overflow でTwilioタグのついた情報から欲しいものを探してみましょう。