MPLS 入門

Twilio Interconnect MPLSはMPLS-VPN接続をTwilioプラットフォームで使用可能にします。MPLS-VPN 接続を作成するには、ユーザー、MPLS-VPN プロバイダー、および Twilio がそれぞれのネットワークコンポーネントを設定する必要があります。

MPLS

コンポーネント

  • Access to MPLS-VPN Service. Twilio に接続するには、Twilio でサポートされる MPLS-VPN サービスへの物理接続が必要です。 現時点では、Verizon Private IP がサポートされています。さらに多くのプロバイダーが近々オンラインになる予定です。 MPLS-VPN サービスへのアクセス権がない場合は、通信ニーズに十分対応できる回線容量を持つデータセンターに対するサービスを入手する必要があります。

  • IP Routes. Your border devices (e.g. IP-PBX, SIP-PRI IAD, Session Border Controller, NAT gateway, etc.) will need to be assigned IPv4 addresses that are a part of one or more CIDR blocks that your MPLS-VPN provider will announce to Twilio (your “IP Routes”). Note that your IP routes have to be globally unique ("public IPs")- as opposed to RFC 1918 address ranges - to avoid conflicts with other networks that Twilio platform is peered with. In other words, your IP routes have to be outside of the following ranges:

            10.0.0.0 - 10.255.255.255

            172.16.0.0 - 172.31.255.255

            192.168.0.0 - 192.168.255.255

  • Firewall. TwilioのIPルートをファイアーウォールのアクセス・コントロール・リストに追加し、ユーザーとTwilioのプラットフォーム要素が互いにやり取りできるようにする必要があります。

Twilio コンポーネント

  • IP Routes. Twilio Interconnect経由でアクセスされるすべてのサービスは、TwilioのIPルートから発信されます。 これらは、MPLS-VPN サービスで BGP を通じてアナウンスされます。 TwilioのIPルートとポートをファイアーウォール上でホワイトリストに追加しておくことを推奨します。

         SIPのルートとポート

         クライアントのルーターとポート

  • Twilio Interconnect Connection. Twilio は、ユーザーが選択した Twilio インターコネクトのロケーションで接続用の帯域幅をプロビジョニングします。下記の接続の帯域幅とロケーションのオプションを参照してください。高可用性実現のため、 少なくとも 2 つの 地理的に冗長な Twilio インターコネクトのロケーションに接続することを強くお勧めします。たとえば、バージニア州アッシュバーンの 100Mbps 接続とカリフォルニア州サンノゼの 100Mbps 接続を選択し、米国の東西の海岸で Twilio への冗長接続を作成できます。

      帯域幅

         - 10Mbps 接続

         - 100Mbps 接続

         - 500Mbps接続(ロンドンおよびシンガポールで利用可能)

         - 1Gbps 接続

      所在地

         - 米国バージニア州アッシュバーン

         - 米国カリフォルニア州サンノゼ

         英国ロンドン

         シンガポール

プロバイダーのコンポーネント

  • MPLS-VPN Service. 顧客の複数のサイト間に仮想プライベートネットワークを作成できるプロバイダーによって管理される、帯域保証とその他の品質メトリクスを備えたマルチテナント物理インフラストラクチャー(Verizon Private IP MPLS-VPN など)。 MPLS-VPN サービスを使用しているとき、ユーザーのサイトと Twilio 間のデータフローは、その他の MPLS-VPN サービスユーザーには見えません。 このトラフィックアイソレーションは、レイヤー 3 仮想ルーティングおよび転送(VRF)を使用して、通常は実現されます。 レイヤー 3 VRF MPLS-VPN サービスを(レイヤー 2 仮想リース回線とは反対に) Twilio に接続する必要があります。
  • Extranet Service. エクストラネットサービスでは、セキュリティで保護されたエクストラネット接続を作成することにより、Twilio に接続できます。 エクストラネットのサービスを準備するには、お客様およびTwilioはMPLS-VPNサービスプロバイダーとの既存のサービス合意に加えて、個別のエクストラネット合意を結ぶことが必要です。

Twilio インターコネクト接続の作成に必要なもの

必要なもの 理由 方法
MPLS-VPNサービスへのアクセス プライベートネットワーク経由で Twilio に接続するため 既存の MPLS-VPN サービスを使用するか、Twilio でサポートされているプロバイダーから新しいサービスを入手します。現時点では、Verizon Enterprise Solutions の Verizon Private IP がサポートされています。さらに多くのプロバイダーが近々オンラインになる予定です。
接続帯域幅とロケーション要件 Twilio でニーズに適した帯域幅をプロビジョニングできるようにするため 帯域幅を見積もり、最大同時通話数を必要なスループット(Mbps)に変換します。多くの顧客にとって、次の比率が役立ちました。1Mbps の帯域幅は、ほぼ 10 件の G.711 コーデック同時通話に相当します。
締結すべきMPLSエクストラネット合意 安全なエクストラネット接続を作成することにより、Twilioへの接続を許可するため Twilio インターコネクトのプロビジョニング時に、エクストラネット契約のコピーが Twilio から提供されます。
ユーザーのIPルート ネットワークからのトラフィックを Twilio が許可できるようにするため Twilioオンボーディング・コンタクトと境界デバイス用のIPルートを共有します
TwilioのIPルート Twilio からネットワークへのトラフィックを許可するため ネットワーク管理者にTwilioのルート/ポートからのトラフィックを許可するよう問い合わせます。

Twilio へのプライベート接続の設定

ステップ 1:MPLS-VPN プロバイダーのエクストラネット契約に署名する

プロバイダーのエクストラネット契約のコピーと契約書に入力する方法についての手順を Twilio のオンボードコンタクトから受け取ります。

ステップ 2:IP ルートを MPLS-VPN にアドバタイズする

お客様の境界デバイス用のルートはTwilioにMPLS-VPNサービスにおいてBGPを通じてアナウンスされる必要があります。

ステップ 3:帯域幅とロケーションの要件を Twilio に知らせる

Twilio オンボードコンタクトに、使用する接続の帯域幅とロケーションの要件を知らせます。

次のステップ

Twilio インターコネクトを使用してトランクを設定

または

Twilio Interconnectリージョンを使用して、クライアント・ソフトデバイスを構成します

ヘルプが必要ですか?

誰しもが一度は考える「コーディングって難しい」。そんな時は、お問い合わせフォームから質問してください。 または、Stack Overflow でTwilioタグのついた情報から欲しいものを探してみましょう。