メニュー

Rate this page:

Thanks for rating this page!

We are always striving to improve our documentation quality, and your feedback is valuable to us. How could this documentation serve you better?

Python で通話Add-onを使用する

In this guide we’ll cover how to combine Twilio Add-ons with Programmable Voice to use data from Twilio's partners in your Python web application. The sample code in this guide will use the Twilio Python SDK and the Flask web framework. Let's get started!

Add-onとは何か

Twilio Add-onは、Twilioアプリケーションと組み合わせて使用できる統合済みのサードパーティーによるサービスです。 Add-onはTwilioのパートナーから得られる追加データを加味することで、アプリケーションがTwilioから受信する応答を拡張します。

        
        
        
        
        これは、アプリケーションが受信するWhitePages Pro Add-on使用時の一部です。

        Whitepages Pro Add-onからのサンプルデータ

        これは、アプリケーションが受信するWhitePages Pro Add-on使用時の一部です。

        Whitepages Pro Caller Identification Add-onの使用例をご紹介します。 TwilioコンソールでこのAdd-onを有効にすると、Twilioは電話の着信時にアプリケーションへのリクエストに対してこのデータを含めます。

        Whitepages Pro Caller Identification Add-onは名前や住所などといった、より詳細な発信者情報をアプリケーションに提供します(ご注意: 日本国内の電話番号の発信者情報の取得には対応しておりません)。 しかし、それはほんの1アドオンに過ぎません。 - IBM WatsonやWolfram Alphaなど多数のTwilioパートナーから提供されているアドオンが利用できます。

        利用可能なAdd-onの全リストについては、Add-onカタログを参照してください。

        TwilioコンソールでAdd-onを有効にする

        Add-onの使用に当たってまずご確認いただく場所は、Twilioコンソールになります。 コンソールにログイン後、Marketplaceセクション内のAdd-onページに移動してください。

        アドオンカタログ

        続いて、有効にしたいAdd-onを選択肢、「インストール」ボタンをクリックします。 この例では、Whitepages Pro Caller Identification Add-onを選択します。

        Add-onのインストール

        ひとたびインストールが完了したなら、"Incoming Voice Call" にチェックが入っていることを確認し、「保存」をクリックします。 これでTwilio電話番号への着信時に、このAdd-onを使用するようTwilioに指示できます。

        これで、Pythonアプリケーション上からAdd-onからの追加情報を使用する準備が整いました。

        アプリケーション上でAdd-onのデータを使用する

        Twilioは、すべてのAdd-onの情報をアプリケーションへのリクエスト上の "AddOns"フィールドに含めます。

              
              
              
              
              Whitepages Pro Caller ID Add-onを使用して、発信者にその人の名前と住所を読み上げる

              着信通話への応答にWhitepages Pro Add-onを使用する

              Whitepages Pro Caller ID Add-onを使用して、発信者にその人の名前と住所を読み上げる

              このFlaskアプリケーションは上記で設定したWhitepages Pro Caller ID add-onからのデータを使用して、発信者にその人の名前と住んでいると思われる都市名を読み上げます。

              個々のAdd-onにおけるデータ構造の詳細については、カタログ内のこれらAdd-onのページをご確認ください。

              これで一丁あがり! アプリケーションに電話をかけてみて、Add-onが実際に動作している様子を確認してみましょう。 PythonでTwilioでの通話着信を行うのが初めての場合は、ガイド中の関連トピックを参照してください。

              関連トピック

              We focused on the Whitepages add-on in this guide, but you can just as easily use any of the add-ons available in the catalog in your Twilio Console.

              Add-onの仕組みについてさらに理解を深めたい、さらにはご自身でAdd-onを提供したい場合は、「Add-on APIリファレンス・ドキュメンテーション」をご参照ください。

              Andrew Baker Ricky Robinett Rob Spectre Kevin Whinnery David Prothero
              Rate this page:

              ヘルプが必要ですか?

              We all do sometimes; code is hard. Get help now from our support team, or lean on the wisdom of the crowd browsing the Twilio tag on Stack Overflow.